ラブレスの作品情報・感想・評価

ラブレス2017年製作の映画)

Nelyubov/Loveless

上映日:2018年04月07日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

一流企業で働くボリスと美容院を経営するイニヤの夫婦。二人はそれぞれ、別にパートナーがおり、一刻も早く別れて新しい人生をスタートさせたいと思っている。問題は12歳の一人息子アレクセイのことだ。夫婦どちらも、新しい生活に息子を必要としていなかった。ある晩、二人は激しく罵り合い、お互いに息子を押し付け合い口論をする。翌朝、学校に出かけた息子はそのまま行方不明に。彼らは必死で息子を探すがーー

「ラブレス」に投稿された感想・評価

一言でいえば、ロシアらしい。これがロシアなのかという作品。映像はグレーを主体に寒色で統一されており、ガラス越しに映る風景が印象的な美しいものなのに、脚本は恐ろしく体温を感じない親子と社会がテーマ。人生をやり直したい男と女、父と母になれなかった哀れなカップルの話なのだけど、これって子供を持つ家庭人にはどう映るのだろうと思った。作品の完成度としてはかなり高い。監督の表現したいことも解りやすい。しかし…これが、ロシアなのだろうか…。
男は女々しく女はいつも逞しい。
一切の予備知識が無く観たので、観終わったあと、「裁かれるは善人のみ」の監督さんと知って納得。ラストは期待してた通りだったので非常に満足できました。
aj

ajの感想・評価

4.9
子どもが欲しいという思いが全くなく、
「家を出たい」、「子どもができたから、責任とって結婚」という曖昧な気持ちで家族になって、全く、子どものことを考えず、嫌になったら、愛人作って、離婚して、お互いに子どもを押しつけあったりして、凄く無責任で腹が立った。
確かにやり過ぎの部分はあるが、親が子どもに対する愛情が欠けているのは今の社会でもあり、そういったことから起きる悲劇はひとごとではないと思った。
ナグ

ナグの感想・評価

3.5
スマフォをいじり倒して、部屋をドスドスと音を立てて歩く。そしてヒステリー。
一番苦手なタイプの女性。

夫婦それぞれがエゴを貫いて環境のせいにしたところで、自分自身が変わらないと同じ事の繰り返しで幸せなんてやってこない。
ロシアの土地柄もあってか、息子の寂しさが身に染みた😭
離婚間近のゲス夫婦がともに息子(12才)を引き取ろうとしない。養育を押し付け合い罵り合ううち、ついに息子が消えた。神隠しのように。

産みたくなかったの。生まれてこなければよかったのよ…

息子が消えて好都合なのか、それぞれが不倫相手と肉を貪る。とても精力的にまぐわう。子供は自殺なのか、事件に巻き込まれたのか、ゲス夫婦にとってはどうでもいいことなのだ。

終始、画質は暗く、寒い、そして陰鬱な空気感。見渡しても、この作品に晴れ間などない。アレクセイは何処へ?モヤモヤした後、おフランス的な決着の付け方に脱力する。
maaaatam

maaaatamの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

離婚する夫婦、望まれず生まれた息子。
この家庭に愛はない。
子どもが失踪しても気付かず、いなくなったら必死に探すがこれも表面上の捜索。本当に心配しているのか、、

音のない静かなシーンと急にびくっとするような音響、不協和音が不快(良くも悪くも)

きっと観る人が観ればいい作品なんだろうけど自分には合わなかったかな、、
ekikawa

ekikawaの感想・評価

3.0
ロシアのトレーナーを着て、ランニングマシンで…って説明するのも恥ずかしい比喩表現だよ
Mito

Mitoの感想・評価

4.1
仕事終わりのめちゃめちゃ眠い時に見ました。一睡もしなかったしずっとドキドキしていました。
JinRock

JinRockの感想・評価

3.0
2018年76本目
>|