ラブレスの作品情報・感想・評価

ラブレス2017年製作の映画)

Nelyubov/Loveless

上映日:2018年04月07日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

一流企業で働くボリスと美容院を経営するイニヤの夫婦。二人はそれぞれ、別にパートナーがおり、一刻も早く別れて新しい人生をスタートさせたいと思っている。問題は12歳の一人息子アレクセイのことだ。夫婦どちらも、新しい生活に息子を必要としていなかった。ある晩、二人は激しく罵り合い、お互いに息子を押し付け合い口論をする。翌朝、学校に出かけた息子はそのまま行方不明に。彼らは必死で息子を探すがーー

「ラブレス」に投稿された感想・評価

a2y6a

a2y6aの感想・評価

3.7
本当になんとも言えない鑑賞後の感じ。
それでも、身勝手な親たちは観た方がいいって思う。
子どもはアクセサリーじゃないし、
決して物ではないということを強く伝えていたかな。
親という存在がどんなものか、
もう一度よく考えるべき人間に見せたい。
こう

こうの感想・評価

4.5
流れる映像は視覚的にも内面的にも常に冷たく、こちらに負の感情しか抱かせない。

ロシアの寒く、重苦しい雰囲気が前面に押し出された映画。辛い。
慟哭のクライマックス!という謳い文句につられて、レイトショーで見に行った。
行方不明になったアレクセイ君。最後には見つかってくれるのか、裏には衝撃の事実が隠されているのか、両親はどうなってしまうのか、キャッチフレーズからしてそういうことを期待してしまうのだが、そんなことを期待して見ると裏切られる。納得のいかない展開、納得のいかないラスト。映画館を出てからも納得のいかなさについてずっと考えさせられてしまう映画。
常に強張った顔々、冷たい冬の風景、鼠色に映る室内•••

最後に母親がランニングマシーンで走りながら、画面の中からこちらをじっと睨みつけていて、
この映画は他人事ではない、と警鐘を打ち鳴らされた気持ちになりました。
心が冷える映画。だがこの冷え嫌いではない。

愛情を知らない人間は、結局愛の与え方も受け取り方も知らない。

イニヤとボリスは子にとっては身勝手極まりない最低両親だが、夫婦間だけを見ると身勝手とは決して言えない。

イニヤは母親としては心底最低だが、夫への不満は共感できてしまうところもあった。
事なかれ主義の無責任ボリスにも闇があるわけで、誰もそれに触れないのもどうかしている。

心にも風景にも晴れが一切ない映画。
モヤモヤと共に非常に心に残った。
KMD

KMDの感想・評価

3.7
まさにラブレス。息子の悲痛な顔と無音の叫び声は、久々に観るに耐え難いシーンだった。ただクズにも色々理由があって、家族や世界への無関心は、結局また孤独や虚無から抜け出せない連鎖を育てるだけ。
さわら

さわらの感想・評価

4.0
夫婦の愛の具象化された子ども、それが突如無くなり失われた物語。さまざまなことに思い悩み、逡巡しながら一人息子を探す様子はまさに愛を探し求める「私たち」そのものと言えよう。それでいて中盤以降、徐々に探すことに疲弊していくのはなんとも虚しい。
こんな愛なき時代の、唯一の救いはボランティア救助隊「リーザ・アラート」の存在であると、ズビャギンツェフは思っているのかとしれない。統率のとれたチームで、決して見返りを求めない。彼らほどの懐の大きな愛は、現代ロシアに存在しなのだ(含め私たち日本にも)。厳しすぎる愛の物語。

この映画を観た同時刻に、上階で婚活イベントが行われたという。なかなか皮肉の効いた映画館である。
ohana

ohanaの感想・評価

3.0
うーん、期待し過ぎてしまいました。
雰囲気通りにストーリーが進行して、ラストも落ちるべきところに終着したといった感じ。
このようなジャンルの話を、意外性が無かったの一言で斬ってしまうのはどうかと思いますが。
ドラマ性を求めて鑑賞すべきではなかった様です。
一切の予備知識が無く観たので、観終わったあと、「裁かれるは善人のみ」の監督さんと知って納得。ラストは期待してた通りだったので非常に満足できました。
aj

ajの感想・評価

4.9
子どもが欲しいという思いが全くなく、
「家を出たい」、「子どもができたから、責任とって結婚」という曖昧な気持ちで家族になって、全く、子どものことを考えず、嫌になったら、愛人作って、離婚して、お互いに子どもを押しつけあったりして、凄く無責任で腹が立った。
確かにやり過ぎの部分はあるが、親が子どもに対する愛情が欠けているのは今の社会でもあり、そういったことから起きる悲劇はひとごとではないと思った。
>|