ラブレスの作品情報・感想・評価

ラブレス2017年製作の映画)

Nelyubov/Loveless

上映日:2018年04月07日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

一流企業で働くボリスと美容院を経営するイニヤの夫婦。二人はそれぞれ、別にパートナーがおり、一刻も早く別れて新しい人生をスタートさせたいと思っている。問題は12歳の一人息子アレクセイのことだ。夫婦どちらも、新しい生活に息子を必要としていなかった。ある晩、二人は激しく罵り合い、お互いに息子を押し付け合い口論をする。翌朝、学校に出かけた息子はそのまま行方不明に。彼らは必死で息子を探すがーー

「ラブレス」に投稿された感想・評価

a2y6a

a2y6aの感想・評価

3.7
本当になんとも言えない鑑賞後の感じ。
それでも、身勝手な親たちは観た方がいいって思う。
子どもはアクセサリーじゃないし、
決して物ではないということを強く伝えていたかな。
親という存在がどんなものか、
もう一度よく考えるべき人間に見せたい。
上旬

上旬の感想・評価

3.8
消えた男の子を探す物語かと思ってたけど、違った。もちろん探すには探すけどここで言いたいのは人々の「無関心」。誰一人として本当に心配し、積極的に探しだそうとはしない。人が一人いなくなっても誰も何も感じない。一番悲しむべき親でさえも。じわじわ良さがわかってくる作品。
ouch128

ouch128の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

2018.05.20

登場人物と自分達は紙一重の関係で本当に胃にくる。向こう側にいる可能性が十分にあり得る。

劇中唯一?ボランティア団体は正義を貫いている(=ラブレスではない)気がしていたのに、最後アレじゃあ報われない。これが世の常なのはやっぱり苦しい。
そんな中でも「愛とセルフィーに乾杯!」とか言わせる所が個人的には痺れた。
あと担任の先生と娘?のさっさと帰りたい感じもジワジワきた。
Miyata

Miyataの感想・評価

4.4
「人間の本性は利己的である」この映画はそれを腹立たしいほど見事に描ききってみせた。
蓋し、愛とは「日常」と「非日常」であり人は愚かにもその狭間を彷徨い歩く。そして、思いやりとは「イルカショー」にすぎないのかもしれない。果たしてこの物語に愛はあったのか。
J

Jの感想・評価

3.8
「今の家庭はもう終わった。そもそもこんな生活望んでなかったし、こんな生活さっさとおさらばして新しい家庭を築きたい!」
そう言わんばかりの夫婦の互いの薄情さは僕らに多大なストレスを撒き散らしてくれます。
そんな二人に押し付けられ合ってる声を聞いて扉の陰で声を上げて泣くこともできないアレクくん。

貴様らそこに愛はあるのか、と問いたいです。まぁないんでしょうけど。まさにラブレス。
ラスト3分で、見る人にため息をつかせます。


ビル、荒野、病院、愛人宅、とても冷たく色あせた色調の映像が殆どで、本作の作風を際立たせていますか、悲しいかなどの映像も美しさを感じました。

作中、暗示する様なアイコンが所々に出てきて無駄のない演出を楽しむことができます。
yoeco

yoecoの感想・評価

2.9
これからも幸せに憧れつづけるだけで幸せにはなれない人たち。手に入る幸せは、最上じゃないよ、とSNSが言ってくる。

5年が経つと行方不明者もウクライナ事情への世論も摩耗した情報になってしまう
Yu

Yuの感想・評価

3.9

冒頭、雪景色の林と、逆像でそれが映り込む小川の映像がとても印象的だった。
静寂の中で水面に映った虚像が表現しているもの。それは、外面は幸せそうに見える家庭の“偽りの姿”を描いてたのだろうか。
愛のある世界と見せかけの世界、少し長めのその風景シーンは、2、3羽の鴨がゆっくりと泳いできて、水面に波紋が広がり、場面転換する。

息子が失踪した後で親身になってくれるのは、警察ではなく、行方不明者を探すボランティア団体。テキパキと段取り良く動く彼らは信頼感溢れるスペシャリスト。
名は違えど実際に存在している非営利団体で、年間6000人以上も行方不明者が出るロシアで、ほぼ9割を生存者として発見しているとのこと。監督は彼らの存在を知って今作の着想を固めたそうだ。

“家族”というものを作りながら自分の幸せしか考えない親たち。
こんなはずじゃなかったと、自由の足枷になるものを毛嫌いするが、彼らの求める新しい生活は側からリア充に見えるだけの妄想にしか過ぎない。
手に入れてしまえばそれはいつもの日常となり、結局、こんなはずじゃなかったと繰り返すだけ。
父親は赤ちゃんを柵の中に閉じ込め、母親は前に進みたいのに進まないランニングマシンで無表情で走っていた。

血の繋がった親の目にすら、映らない子供たち。
自分勝手な親に愛されることなく育った未来の大人は、どうやって明るい世界を作っていくのだろうか。
.
.
余談だが、
冒頭シーンの美しい小川は、その次の場面からはドブ川みたいな色に変わってた。
息子が投げ上げた紐は、救いを求めた蜘蛛の糸だったのかも。
kazata

kazataの感想・評価

5.0
『父、帰る』監督がやってくれました!(名前が難しすぎて何度聞いても覚えられません!)

無駄の無い脚本に的確な演出。もう、ため息が出るほど美しくて終始見事でした。(最終日に駆け込んで観ましたが、見逃してたら絶望レベルの大傑作&衝撃作でした)(今後観る映画のスコアが辛くなったとしたら本作のせいです)

例えば冒頭の風景カット。
単なるオープニングクレジット用のイメージカット?にしては長くない?寂しくて美しいのはわかるけど……とか思ってましたが、終わってみれば全然無駄カットじゃなかった!川を泳ぐ鳥が1羽出てきて、それが次のカットでは3羽になってて……おいおいマジかよ!って鳥肌ものでした!(当然このあと無駄なカットなんて皆無の純度100%!)(強いて言うとボカシが余計!)

ドアの明け閉めとか、
マンションのリフォーム(解体)とか、
森とか、廃墟とか、
昨今のロシア情勢とかセックスとか宗教とか……
演出はシンプル、物語もシンプル、だけど深い!そして美しい!

ここまで研ぎ澄まされた映画は、ここ数年で断トツかもしれません!
"物語"を"画と音"で描ききった……まさに"映画"でした!!
みゆき

みゆきの感想・評価

2.5
「ラブレス」が徹底されてるといっていいのか。いかんせん、テンポが遅く感じられ、眠くなってしまった…。
最初の20分くらい寝てしまった。んーなんかパッとしない映画かな、、、自分の好みじゃない映画ってことかもしれない🎬
>|