ラブレスの作品情報・感想・評価

ラブレス2017年製作の映画)

Nelyubov/Loveless

上映日:2018年04月07日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

一流企業で働くボリスと美容院を経営するイニヤの夫婦。二人はそれぞれ、別にパートナーがおり、一刻も早く別れて新しい人生をスタートさせたいと思っている。問題は12歳の一人息子アレクセイのことだ。夫婦どちらも、新しい生活に息子を必要としていなかった。ある晩、二人は激しく罵り合い、お互いに息子を押し付け合い口論をする。翌朝、学校に出かけた息子はそのまま行方不明に。彼らは必死で息子を探すがーー

「ラブレス」に投稿された感想・評価

a2y6a

a2y6aの感想・評価

3.7
本当になんとも言えない鑑賞後の感じ。
それでも、身勝手な親たちは観た方がいいって思う。
子どもはアクセサリーじゃないし、
決して物ではないということを強く伝えていたかな。
親という存在がどんなものか、
もう一度よく考えるべき人間に見せたい。
あの捜索ボランティアは作品の良心として描かれてたのか…。警察同様マニュアル化されてて、人間味うすっ!とか思いながら観てたのに。とんだ勘違い。(^^;;
観終わったあとしばらく放心状態になった。家族って一体?命って一体?
1週間ぐらい引きづるぐらい衝撃的な映画でした。

ロシアの冷たい空気がとても伝わってくる映像。まさにこの家族?そのものだと思った。父親も母親も自分の事しか考えていない。息子の思いは届かず最悪の展開へ。

ここまで自分の子供に無関心になれるのか?その神経が恐ろしいし、何故コイツら子供作ったんだ?と終始怒りしか湧いてこなかった。

決定的だったのはラスト。
最近でも子供を虐待して殺してしまった事件とかを見てるとこういう奴らがリアルに存在している事に恐怖した。

子供が行方不明になり、ボランティアの人たちが捜索するシーンが多くあるが、どれも間をたっぷりとったカットで観客の不安を煽る。しかし、そんな観客の不安を他所に、生活を続ける両親に呆れるばかりだった。

今、観るべき映画だと思います。
みこ氏

みこ氏の感想・評価

3.0
救いようのない話だけど、主人公である夫婦は救われなきゃいけない人たちではなかったのでまぁ苦しみ続けるしかないだろう

あと、見ている間中しゃべってるおばさん2人組がいて、最後の山場でもしゃべっていたから「うるさい!」って叱ったらやっと黙った
もっと早く叱るべきだった
なんとも居心地の悪い映画でした。離婚を機会に、子供の養育をお互いに押し付け合い、その結果、子供が家出。子供の捜索と並行して、お互いの責任のなすり付け合いや浮気現場が絡み、身勝手さが助長される。余りにも子供が可哀想だ。
まだ書けないや
TK

TKの感想・評価

3.9
記録
2018-094 84本目
ゆー

ゆーの感想・評価

3.5
胸が痛い映画でした…いくら新しいパートナーができたとしても子供を押し付け合うなんて😭子供がいなくなった後の両親のわざとらしい心配もシラーとしてしまった!日本でもある子供がらみの事件もこんな感じなんだろうな…
y

yの感想・評価

3.4
冷たさ、不穏さ。
これまたさ、『聖なる鹿殺し』みたいに、音からくる不安感が凄かった。あの映画ほどじゃないけど。

避難指示アラームに何度も起こされた昨日、流石に眠くて途中意識が遠のいた。
それでもセカンドまで逃すわけには行かなんだ…

嫌いじゃない。でも、ちょっと何か、惜しかった。
不安さより、冷たさ。
取り返しは、つかない。
両親が泣くシーン、冷たい目で見てしまうのは監督の思惑通りなのかな。
>|