とえ

母という名の女のとえのレビュー・感想・評価

母という名の女(2017年製作の映画)
4.0
女の恐ろしさにグイグイと引き込まれてしまう面白さだった

昨年のカンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞

17歳の少女バレリアは、妊娠中でもうすぐ出産という時期を迎え、姉のクララと同居している
クララは、バレリアとは仲の悪い母アブリルを家に呼び寄せる

アブリルが予想外に優しくしてくれたため、バレリアはアブリルを受け入れ、無事に生まれた娘カレンの世話をアブリルに任せる
初めは、それでうまくいっていた彼女たちの関係だが、やがて母が思わぬ行動に出る…

その母の恐るべき行動をサスペンスタッチで描き、その不可解な行動に思わず見入ってしまった

そこで考える
なぜ、母はそんな理解しがたい行動をしたのかと

その根元には、前夫との関係があるのではと思った
前夫とは、バレリアの父であり、バレリアには、憎っくき前夫の血が流れている
その憎しみのはけ口がバレリアに向いたとしたら、アブリルの行動が理解できる

けれど、そのままでは終わらないところにこの映画の良さがある

そこにあるのは希望だ

アブリルと父の関係を観て育ったバレリアは、アブリルとは違う母と娘の関係を築こうとしている
そんな彼女を思わず応援したくなってしまう映画だった