女王陛下のお気に入りの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

上映館(4館)

女王陛下のお気に入り2018年製作の映画)

The Favourite

上映日:2019年02月15日

製作国:

上映時間:120分

3.8

あらすじ

「女王陛下のお気に入り」に投稿された感想・評価

LAGUNA

LAGUNAの感想・評価

4.2
劇場鑑賞No.6

アカデミー賞の前までに鑑賞したいと思ってました。
これは、面白かった‼️
この監督だから、正直 不安だったんだけど😂
「籠のなかの乙女」…正直 意味不明
「ロブスター」…まぁわかるけどついてくのに精一杯^^;
「聖なる鹿殺し」…不気味でへんな世界観だけどなかなか面白くみれた。

という感じで、どんどん見やすくなった気がする。
見始めてすぐ、思ったのは、あれ?BGMがある…今までと雰囲気が違う?

宮廷ものだけど、アン女王のおつきの女官サラ、最初は召し使いだったアビゲイルの二人が女王の寵愛を得ようと どろどろの愛憎劇をくりひろげる。
アビゲイルは、優しい子かと思ったら、もともとその座を狙って猫を被ってたか、どんどん腹黒さがでてきて、二人の攻防が加速。
それを、この監督が描くんだから、ちょっと変。

主演の女王より、レイチェル・ワイズとエマ・ストーンのW主演みたいな感じだった。
主演女優賞、助演女優賞に2人
3人ノミネート。
ゆうり

ゆうりの感想・評価

3.0
女王が醜くて……女優さんって凄いなと
yuka

yukaの感想・評価

3.4
魚眼レンズのようなカメラワークが斬新。

第何章、みたいに区切られてて、そのタイトルが誰かしらのセリフになってる演出は結構好き。

まわりが操ってるように見えても、結局は女王陛下最強説。

これが史実だなんて…またひとつ映画でお勉強させてもらいました。
地獄から戻った時のレイチェルワイズがかっこよかった
yunc

yuncの感想・評価

4.0
3人の美と迫力がすごすぎる。
嫉妬や憎悪、欲まみれのこのドロドロ感を一歩引いて観ていたのでとっても楽しめた。
S

Sの感想・評価

3.8
俺もエマ・ストーンに陰であくどい表情されながら介抱されたい...。そしてポスターの3人、全員が違う方向を見てるのがもう、そういうことだよね...。

18世紀初頭、フランスと戦争状態にあるイングランドの王国宮殿での話。
17人もの子供を失い、肉体精神共に壊れた女王。
その女王の心につけ入りその権力を専横する、強かな側近。
実の父に賭けの対象とされ、ドイツ人の愛妄となり零落した没落した貴族の娘。

これだけ魅力的な登場人物と設定があるのに、ほぼ実話というのがまた凄い。人間のドロドロした感情は300年以上前でも存在していて、それで国が傾く事もあるだなんて、人間は昔も今も、良くも悪くも本質的には変わってないのね。(※手じゃなく舌で×××するという理由で女王の側近と成り上がったとかビックリ。多少脚色はあるのかもだけど)

森の中で馬に乗った美男美女が出会うシーンは、ディズニーばりにめっちゃ画になるのになぜか滑稽に演出したり、人が死ぬかもって時に挿入されるのが太った醜い男の全裸のシーンとか、このセンスにもいちいち良い意味でぞわぞわする。

結局見終わって思ったのは、人間が欲望によって誤った道を進むと、誰も幸せになれないんだなぁという世知辛さ。あまり後味の良い話では無いけど、ドロドロした話が見たい時にはオススメの作品。俺自身そういうの好きなので、なかなか面白かったです。

身体を張った演技で見せるエマ・ストーンのエロさ妖艶さ、淡々としながらどこかミステリアスさを醸し出したレイチェル・ワイズの佇まい、そして何より、この作品でアカデミー賞主演女優賞に輝いたオリヴィア・コールマンの左目と右目で演技を変えるという狂気の熱演、必見です。
kie

kieの感想・評価

4.0
ストーリーのぽっかり空いた部分を想像するのが楽しいというか深くなる。

愚かで愛があり、良くも悪くも
とにかく人くさくて、好きな映画でした
roche21

roche21の感想・評価

3.0
観ました。史実に基づいたコメディー(?)。
kira

kiraの感想・評価

2.5
まさに、女同士の意地の悪い戦いでしたね。
>|