女王陛下のお気に入りの作品情報・感想・評価

上映館(19館)

女王陛下のお気に入り2018年製作の映画)

The Favourite

上映日:2019年02月15日

製作国:

上映時間:120分

あらすじ

「女王陛下のお気に入り」に投稿された感想・評価

今年度アカデミー賞ノミネート作品。めっちゃ笑える。お洒落なブラックコメディ。汚い言葉やシーンもけっこう出てくるけど、女たちの上品さがカバーしてる、すごい。おブスな女王様最初はかわいいなあって思ってたけど最後は悲しい…。え、え、え、まさかこれで終わり!?という終わり方……。結局みんな可哀想…。
エマストーンの豊臣秀吉なみの下克上劇、テンポよく進んでいってたのしい。演出やカメラカットもおもしろかった。主演、お三方の演技は予想通り素晴らしかった。特に、エマの作り笑いやアンとサラの秘密を知ってしまった時の表情などなど、最高でした。
Cecilia

Ceciliaの感想・評価

-
見終わった後すごく混沌とした気持ちになる映画です。皆各々のストーリーがあり、どう転がっても結局誰も救われないのでは...と途中で虚しくなりました。精神年齢が赤子から成人までと振り幅が大きい女王様を演じたオリビアコールスマンは主演女優賞も納得の演技の上手さ。衣装、装飾も手が込んでいて、だだっ広いお屋敷に閉塞感と寒さを感じさせるカメラワークもすごい。
けれど私には少し難しかったかな〜。
相性悪いヨルゴス・ランティモス監督作品だけに嫌な予感はしていたが、案の定ずっと睡魔と戦うハメに。カッ飛んでるのは嫌い中じゃないが、不快と静寂が主ではさすがに。。。お気に入りレイチェル・ワイズとエマ・ストーンでもダメだったねー。
フランスと戦争下にあるイングランドの、女王とその寵を得んとする女達の話。
映像、衣装、女優、俳優の質が高かった。
この映画を観ての感想を一言にまとめると、ゴージャス賞。
暗闇と明かり、映像の濃淡がとにかく印象的で綺麗だった。
この時代の女達は政治にもあまり関わらず、成り上がろうと思ったら誰かの寵を得たりするしかなかったのかもしれない。没落した家の娘アビゲイルが慈悲深い美しい顔をして、したたかに欲しいものを得ていく様はなかなか。
なんでこんなに孤独なの?ってくらい女王が孤独だった。サラにせよアビゲイルにせよ、自分の欲にまず忠実。歯にきぬ着せず接し相手を支配下に置こうとするサラと柔らかく包み込み肯定してくれるようにみえるアビゲイル。この2人の関わりにもまれたり共に過ごすことで、女王が女王らしくなってってよかった。
人間の内面の気持ち悪さが画面に写し出されてうああ~っとなった。この時代の人たち本当に怖い、病んでいる。
ammi

ammiの感想・評価

3.8
女優陣の演技が迫真。女王の醜さや、女達が陰謀に陰謀を重ねて次第に堕ちていく姿が耐え難いけれど、瞬きを忘れるくらいに観入ってしまった。繊細に作り込まれた美しいシーンの数々に息を呑む。

豊富に描かれる男女の性的なシーン、権力に伴う孤独や争い、戦略によって意図も簡単に左右される戦争の決定、金。俗世の醜い世界を凝縮したような王宮世界。作中に出てきたうさぎは、繁殖能力が高いため、性の寓意として17〜18世紀のイギリスでは小説などに登場することもあるし、または、孤独で死んでしまうという説から、女王の孤独のモチーフでもあるのか。。?と推測。

何はともあれ、愛など全く通用しない、権力という名の泥に塗れた虚しい上流社会の風刺が痛烈な映画だった。
iceblue

iceblueの感想・評価

4.0
弦をつまびくような単音が延々と響くあの居心地の悪さ。奇妙なダンスや白と黒のバリエーションで魅せる衣装の現代性。洗練と下世話の間を行ったり来たりするパワーゲームの毒気。あっ、森の中でレスリング?もしてたっけ…(唖然)。
よくある宮廷モノをこんなにも変則的なアレンジで描いたところが斬新。
      
乗馬スタイルに眼帯風黒レースのレイチェル・ワイズが素敵。大好きな女優さんです。
エマ・ストーンは上品さより卑しさが勝っている。何より複雑で孤独な女王を演じたオリビア・コールマンがすべてさらっていく存在感。
どんなにあがいてもウサギと同じ、囚われの人生という哀しみ…

映像に見応えがあって楽しめました。
201903立川
序盤はすごい面白かった。
後半はちょっと勢いが落ちた。
きりん

きりんの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

上級階級の闇がクレイジーでヤバいけど、そのヤバさが面白くて結構好きな映画でした。

主人公が最初階級が落ちても良心を持った人なんかと思ったら、まさかのなかなかのずる賢さの毒のあるキャラ。
でも、下克上心のある好きなキャラですね。

最後の女王の足さすりながら、足を頭に乗っけられて踏み台にされるってかなりの屈辱で後味悪かったかな。
でも、それに対してのイラつきもいい演技してましたね。
Shirai

Shiraiの感想・評価

3.0
こんな宮殿には住みたくない。色々と伝えたい作品なのは分かるが、特に響かなかった
>|