女王陛下のお気に入りの作品情報・感想・評価

上映館(18館)

女王陛下のお気に入り2018年製作の映画)

The Favourite

上映日:2019年02月15日

製作国:

上映時間:120分

あらすじ

「女王陛下のお気に入り」に投稿された感想・評価

なぜか乗り気でない母と一緒に観に行きました。とにかくやばい、めちゃくちゃ面白い映画でした。






一番最後にうさぎ🐰好きの人に知らせたいことがあるのでそこだけネタバレ注意です。


誰がなんと言おうとモルバラ卿のサラがめちゃくちゃカッコいい。推し。あるシーンでは誰よりも細いウェストに繊細なドレスを引きずっているのに次のシーンでは男装して、そのまま宮廷を歩き回るこのジェンダーファック系キャラ大好き。しかもいい性格してるから平気で人を脅迫してなんでも思い通りにしちゃうし…好き。
衣装が本当にちゃんとしてて、それでも現代の布地も取り入れちゃってて最高だった。
それに会話。あんなに意地悪で、頭の回転が早くて、面白い会話があった映画ってあるんかなって思っちゃうくらい笑った🧐しかもそのほとんどが女性同士で交わされてるっていうのがやばい。政治ももちろん話題に出てきて、しかもそれを操ってるのは女性という……😇めちゃくちゃ面白かったです。いい映画。エンディングも気に入った。









うさぎについてなんですけど、メチャクチャ最後の方でうさぎが1匹だけ踏まれて悲鳴をあげるシーンがあります。それがCGなのか実写かどうかわたしは知らないのですが、気になる人は調べて、心の準備をしていってください。
甘木

甘木の感想・評価

4.1
ポンコツな女王様のために、二人の有能な女性が枕営業も辞さずに接待バトルを繰り広げる。上流男女がfuck、fuck言いまくり。話も面白いが、カメラワークも圧巻。アクション映画かよ。酔わないギリギリを見極めた変幻自在な高速トラッキングショットを多用するほか、ヘニョリの入る広角パン、シンメトリ、魚眼ショットを駆使して、壮麗でいびつな宮廷模様を表現。それゆえにカメラがピタリと止まる瞬間がなおさら怖い。
アン女王役の人すげえ演技うまい
服装がエモかった
耐えて、堪えて、
脅して、怯えて、誘って
耐えて。

〜〜〜

18世紀のイングランドの王室にて
女王と女官と侍女が権力と愛を求めて、
その他諸々が政治を求めて、
ぐちゃぐちゃする映画。

全編を通して、
めちゃくちゃ陰湿なのに、
空気感はカラッとしている、
なんとも不思議な空間。
そこに、
庶民の日常とのズレも感じました。

そしてなにより、もう、
すんごく皮肉的。
イギリス風とでもいうんでしょうか。
章ごとのタイトルも、
状況そのものまで
皮肉れそうな台詞ばかり。
どこで出てくるのか、
後半はもはやわくわくしていました(笑)

一音だけひたすら繰り返す劇中曲も
なかなか印象的でした。
意識しなきゃ忘れちゃうぐらいでしたが、
なんもともいえない王室の陰湿さ、
そして、それを耐え忍ぶ、
アビゲイルの精神が投影されているよう。

主役三役とも、
多くの顔を見せる演技がえげつないのですが、
アカデミー賞で主演女優賞を獲得した、
オリヴィア・コールマンが演ずる女王が圧倒的でしたね。
ただのわがままな幼稚さだけではなくて、
狂気さ、病みと欲望と苦痛。
狡猾さと残忍さ。
そして、最後のあの表情。
絶対存在の「王」の顔。
震えました。

女同士というよりかは、
女性のうちに秘められた
男性性と女性性が
惹かれあって突き放しあっているように
受けました。
特にサラは、男性性が強い。

未来に向けて抑えつけられた自我が、
立場という縦関係と
性という横関係で
三次元に激しく振られていく様は
なかなか重たかったですが、

バロック式の音楽やフォント
歪んだ広角レンズとズームのないアップで
そしてアイロニカルな台詞とストーリーで、
どこか軽快に楽しめました。
衣装もセットも、
細部までこだわり抜いていて、
そういうのも見ているだけでも結構いける!

あと、ぜひYouTubeで
主演のオリヴィアの
オスカー受賞スピーチ動画を
見ることをすごくお勧めします!!
めちゃくちゃ愛らしくて、
太陽なような人なんです!!
何度も見れちゃいます(笑)
中世の豪華なお城の中で繰り広げられる女同士の権力を巡るバトル。
美しかったけれどなんとも不穏な感じがあり、、
エマストーンだから観れたような気もする。
メインの演者さんみんなすごい迫力だった!
hanako

hanakoの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

女王の秘密、苦悩を共に抱える❝お気に入り❞。アビゲイルは野心が強く、地位も名誉も手に入れようとする。
自分に良かれと思っておこなった行動は、思っていたものとは違い、結局は誰も幸せになれない結末。
それぞれの人の表情が丁寧に映っており、カメラワークも美しいと感じた。
Shuu

Shuuの感想・評価

4.0
< 概要 >
『ロブスター』のヨルゴス・ランティモスが監督を務めた、18世紀初頭のイングランドを舞台にした宮廷ドラマ。病気がちな女王と幼馴染、新入りの召使いの思惑が絡み合う。ドラマ『ナイト・マネジャー』のオリヴィア・コールマンが主演を務める。『ナイロビの蜂』のレイチェル・ワイズ、『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン、『X-MEN』シリーズのニコラス・ホルトらが共演する。

< あらすじ >
18世紀初頭のイングランドの人々は、パイナップルを食べることとアヒルレースに夢中になっていた。体の弱いアン女王 (オリヴィア・コールマン) の身の回りの世話をする幼馴染のレディ・サラ (レイチェル・ワイズ) が、権力を掌握していた。ある日、宮中に新入りの召使いアビゲイル (エマ・ストーン) がやって来る。

< 感想 >
演出とカメラワークに加えてこの3人の女優と周りのキャストが本当に素晴らしかったなと思います。ユーモアのあるものというか、種類の違うユーモアさでしたね。とても黒い黒いユーモアが溢れていて、それが逆に新鮮で良かったなと思いました。正直、人間不信になりますよね。この三角関係に巻き込まれたくないなとか、女性って怖いなとか改めて感じますし、観ている人それぞれの好みによっては賛否が分かれても不思議ではないですね。ホラーでした。新鮮な感じのね。
ayakatsuki

ayakatsukiの感想・評価

4.1
ウェスのお洒落さとは違う、恐怖のハイスピードw

やはりこの監督は不穏な空気を描くのがとても上手。絶妙にずっと不安になる…笑
7kuri

7kuriの感想・評価

4.3
現 時 点

今 年 一 番

お 気 に 入 り
>|