女王陛下のお気に入りの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

女王陛下のお気に入り2018年製作の映画)

The Favourite

上映日:2019年02月15日

製作国:

上映時間:120分

あらすじ

「女王陛下のお気に入り」に投稿された感想・評価

じっとりとした湿気が充満している作品であった。歴史を動かすほどの大きなストーリーでもあり、非常にプライベートな小作品でもある、多角的な感触の物語。メインキャストの3人は皆素晴らしく(レイチェルワイズの歪んだ高潔さ!)、監督はいつもの持ち味であるグロテスクに美しい非日常感に加えて、今までには排除されていたかの様な泥くさいヒューマニズムをも手に入れた。またも次回作が楽しみな存在。
ゾンビ

ゾンビの感想・評価

3.6
女は怖い。だからなるべく素直に、本当に人のために良い人になろう。それが自分のためになる。啀み合いなんてろくな結果にならない。

世界観が好きだった。
堅実な役者の演技がナイスな、ザ・英国の時代劇。倦怠期に恋人が若い女に走ったような話。楽しい出来事は何一つないけど皮肉がきいた硬質な空気が良い。宮殿も衣装も豪華でお腹いっぱい。
今までエマストーンの、心が無いような目を見るとイラッとしてたんだけど、この作品の彼女は好きだ。誰でもいい旬な美女が微笑んでりゃいい恋愛ものじゃない、こういう野心のある知能犯専門でやってほしい!
mat9215

mat9215の感想・評価

2.5
ヨルゴス・ランティモスの映画は、前半が快調でも後半にダレてくる。人の悪さも、ルイス・ブニュエルには及ばない。根が生真面目なのだろう。
きょか

きょかの感想・評価

4.0
好き。皮肉な感じも特に。イギリス建築も素敵。
soto

sotoの感想・評価

4.0
中毒性がすごい。
恋愛における葛藤、駆け引き、妬みだとか人間の奥底に潜む正と負の面が、常に垣間見えてめちゃくちゃ面白い。
そういう人間性の表現とキャラクターの造形が観てて楽しすぎた。
主演3人の演技も美術も撮影も傑出してる。
saku

sakuの感想・評価

4.0
試合に勝って勝負に負けた、と言ったところか。印象的な終わり方であった。

エマ・ストーンとレイチェル・ワイズの演技に惹き込まれる。あっという間の2時間であった。勝つためには手段を選ばず、女同士の争いがエグいw
Ayane

Ayaneの感想・評価

4.0
力を持つことの汚さと生き抜く美しさ
tasasaki

tasasakiの感想・評価

4.0
みんな吐きすぎ。
紺

紺の感想・評価

-
綺麗で汚い
>|