ザ・スクエア 思いやりの聖域の作品情報・感想・評価

ザ・スクエア 思いやりの聖域2017年製作の映画)

THE SQUARE

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:151分

3.5

あらすじ

「ザ・スクエア 思いやりの聖域」に投稿された感想・評価

lee

leeの感想・評価

3.0
深いそして気味悪くて今まで見たことない感じ最後も後味悪い
そう感じさせるのがテーマなのよね
モンキーマン気味悪くて、ほんとに怖いし彼は殺されたの?あの子供はどうなったの?階段で、落とされたの?追い出されただけ?引っ越したのはなんで?ゴリラがおうちにいるのもなんのツッコミもなし?
最後の階段はスクエアの外なのか中なのか
しおり

しおりの感想・評価

3.0
視点は面白いし脚本も丁寧に練られていて評価できるけれど問題提起の仕方が安直かつ手を広げすぎなように思う。
観客を不快にさせることが目的なのであればハネケを見習ってほしい。

群集心理、サイレント・マジョリティ、キッチュな現代アートなどなど色々社会に対するメッセージは伝わってくるのだが主人公をはじめ登場人物が全員全く知的な行動を取ってくれないために映画全体がくどくて嘲笑的になりきれていない。

階段を上から映すシーンはスクエアを意識・強調したいのだろうけど、何回もやりすぎて芸がない。
他にも監督のこれ面白いだろ?という囁き声が囁きじゃなくてもはややかましいので作品に集中できなかったのが残念。
現代美術館のキュレーターを務める主人公。ある日彼は親切心からした事でスリにあう。盗まれた物を取り返したい一心でしたことから彼の人生は狂い始める。って話

ビックリする程楽しめなかった。"思いやりと信頼"をテーマにして、見て見ぬ振りだったり、エゴだったり、差別だったり、現代人の悪い所を痛烈に批判してるのは伝わった。それを2時間半色んなシチュエーションで描いているんだけど、どれもつまらないし長いし間接的で面倒くさい。風刺の効いた映画を色々と考察するのが好きな人には大好物の映画だと思います。自分は子供でも分かるような単純な面白さを求めるタイプなので、この映画の良さは全く伝わりませんでした。
おちち

おちちの感想・評価

2.0
評判ほど面白いとは思わなかった。主人公の葛藤を通して、現代人の欺瞞と不安を描きたかったのだろうと思うのだが、その描き方があからさますぎでは?YouTubeの炎上とかモンキーマンとの絡みとか色々工夫は分かるのだけど、シーンひとつひとつから監督の自意識が匂ってくるというか。あまりにも演出が直接的過ぎる気がした。「ほらこういうの皆さんあるでしょう?」という監督の薄ら笑いが透けて見えるようで、あまりのれなかった。いまこの瞬間の批評性は獲得してると思うが、ずっと残る作品だとは思わない。まあ映画に何を求めるかという話なのかもしれないが。
鑑賞記録
良さが全く理解出来なかった。ひたすら観てる者をイライラと不安にさせる作り。
きっと現代アートなんだろうけど、やっぱ難しい
全編を通して不快になる演出を細かく入れている。何で不快になるのか考えながら見ると面白い
人間の他者への不寛容、まさにこれ。不寛容は攻撃そのもの、攻撃又はその予感を感じさせて不安になる

その演出を入れすぎて一つ一つのシーンは面白いが、全体ストーリーは冗長。もっとコンパクトにできなかったのかなー
ミヒャエルハネケの意志を継ぐかのごとく、人間の醜悪な姿をこれ以上なくストレスフルに描き出す。10本に1本くらいはこういう意地悪な映画を摂取すると非常に健康的な人生を過ごせると思う。美術館のキュレーターであるクリスティアンは、正方形の空間の中では誰しもが思いやりと平等を持つという現代アート「ザ・スクエア」の準備に追われる中、財布と携帯を盗まれてしまう。それを取り返すためにアパート全ての部屋に脅迫状を送ったことから、彼の身には不幸が降りかかる…
この映画の特徴は徹底した"俯瞰"の視点である。クリスティアンの辿る不条理な運命を、彼に親しみを込めて寄り添う事は全くせずに、半ば嘲笑の視点を持って淡々と見せていく。その中で、思わず唸ってしまう様な劇的な演出をもしっかりと入れてくる。この辺りの手腕はヨルゴスランディモスを非常に連想するというか、現代ヨーロッパ映画のトレンドなのかもしれない。基本的に人と人が会話するシーンをこれ以上なくイライラする様に撮っているこの映画を象徴するのは、使用済みコンドームを誰が処理するかでモメる超どうでも良い会話てわざわざ長めの尺を取る場面や、その後の美術館での会話シーン。不愉快さと居心地の悪さという点で言えば最悪で最高なのはやはりサルのパフォーマンスを行うシーンだろう。あの場面の最悪さは筆舌に尽くしがたいし、余りにも最低なので一周回って笑ってしまう。ラスト、あの少年を巡るエピソードの帰結も全く救いがない。人は知らず知らずの内に他人を傷つけているのだという物語は、「オールドボーイ」を連想したし、人種、移民への偏見を思わず露呈させてしまう"普通の人"の物語を、世間からは福祉国家で住みたいと思われているであろうスウェーデンという国でやってのけるという最高の皮肉には、心が抉られると同時に清々しくもある。この感情がドライブしていく感覚こそ、優れた映画でのみ味わえるものである。その点で、カンヌでパルムドールを取ったのも実にらしい映画であった。
タイトルをメタファーとして捉えつつ、劇中でそんな意味を成す四角形のモノは何かと考えたが分からず終い。
スクエアは人の手が作り出した作品そのものであり、その中にしか思いやりは存在しえないという事か。自然界の中からは見出せない概念なのか…
間違いなくモンキーマンに思いやりは無いね 笑
>|