ザ・スクエア 思いやりの聖域の作品情報・感想・評価

ザ・スクエア 思いやりの聖域2017年製作の映画)

THE SQUARE

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:151分

3.5

あらすじ

「ザ・スクエア 思いやりの聖域」に投稿された感想・評価

HeroM

HeroMの感想・評価

3.8
ノイズのような「助けて」、赤いメガネ、四角形の階段、執拗な物乞い、公私の対比。
力及ばず、文脈で理解することは難しかった。

不快感や違和感など心理に訴えかけるところに目を向けたい。絶妙な歪みや、曖昧さが観客それぞれの思考を呼び起こす。そういったところにこの映画(展覧会)の趣旨があったように思う。

この映画は現代アートなのか。現代アートの展示と非展示、つまり展示物がなにを意味するのか、自身を投影して考えることを狙っているのか。
プライド、偏見、貧困、偽善という現代に山積する命題に、主人公は終始思考停止しているようにも見える。自分の中にはただやり過ごすことへの不快感が残った。

他人事ではなく真に迫ってくるこの映画のエネルギーにただ俯いて黙り込む。

まあ要するに長くてよく分かんないんだな。
ikumatsu

ikumatsuの感想・評価

3.6
まとわりつく居心地の悪さ。

何度も何度も寝落ちしました。ただ、コマ切れの記憶を残しながらもう1度しっかりと観てみたら、これまたなんともおもしろい。

華やかな暮らしをする現代美術館のチーフキュレーター。表現の自由を掲げる立場で、どんな質問にも瞬時にそれらしい答えを返す。彼の身に起こること、その対応を見ていてもそれらしい対応にしか見えない。決して嫌味ではないし真っ当だとも思う。ちょっと頼りなくて可愛らしいとも思う。ただ、それでいいのだろうか?「顔が知られている」と自分で言うのであれば、もう少し思慮深くあってほしいものだ。

不意に出てしまった「権力はセクシーだと思わないのか」という言葉。これはアホくさいと思う反面、身に覚えがないかと言われると否定できない人も多いと思う。

無駄に叫ぶシーンやモンキーマンなど、耳を塞ぎたくなるようなシーンが多くあって疲れたが、この作品に散りばめられた不条理や終始感じるモヤモヤ感、わたしはけっこう好きでした。
長いし難解だけどテンポが良くて退屈しなかった。
特別悪いことをしていると思えないけど、どんどん深みにハマっていく主人公の姿は他人事じゃない気がしました。
思いやり、善意、表現の自由、そして貧困。いろいろ考えてしまいます。

人間ゴリラ?の登場シーン。
久しぶりにハラハラしました。
柴猫

柴猫の感想・評価

4.1
好みの映画が偏ってるせいもあるけど、『偽りなき者』をはじめ北欧の監督たちは、人の善意や信頼関係を絶対的なものとみなさない姿勢が徹底してる。

題名からしてこの映画もそれらを正面から扱うのかと思いきや、話は予想外の方向へ向かっていく。しかも終わってみればただ遠回りしただけのようにも感じる。だけど兎に角見せ方が上手い。
151分という長い時間の中で、これは一体何を見せられているんだと思ってしまうことが多々あるんだけど、センスが良いというか目が離せなかった。監督の前作『フレンチアルプスで起きたこと』が見てみたくなる程にはこの雰囲気にハマってしまう。

北欧映画や監督の善意や信頼への懐疑的な目線は、福祉思想への疲れとも思えて心配なんだけど、こうした善意の暴力性には遠く離れた国に住む自分でさえ共感してしまう部分もある。
ただ自分たちの国を憂うのではなく、それを持って世界に問いかける姿勢は格好いいよね。北欧映画は普遍だ。
マコ

マコの感想・評価

3.6
終始感じる不快感に、監督の痛烈な現代社会への批判が込められてると気付くのはレビュー読んでからだった。そのくらい何を伝えたいのか難しい深淵な映画だった…フランス映画の独特な間の長さとか、慣れないといけないなぁって感じ。もっと成熟した人間になります🥺
しおり

しおりの感想・評価

3.0
視点は面白いし脚本も丁寧に練られていて評価できるけれど問題提起の仕方が安直かつ手を広げすぎなように思う。
観客を不快にさせることが目的なのであればハネケを見習ってほしい。

群集心理、サイレント・マジョリティ、キッチュな現代アートなどなど色々社会に対するメッセージは伝わってくるのだが主人公をはじめ登場人物が全員全く知的な行動を取ってくれないために映画全体がくどくて嘲笑的になりきれていない。

階段を上から映すシーンはスクエアを意識・強調したいのだろうけど、何回もやりすぎて芸がない。
他にも監督のこれ面白いだろ?という囁き声が囁きじゃなくてもはややかましいので作品に集中できなかったのが残念。
現代美術館のキュレーターを務める主人公。ある日彼は親切心からした事でスリにあう。盗まれた物を取り返したい一心でしたことから彼の人生は狂い始める。って話

ビックリする程楽しめなかった。"思いやりと信頼"をテーマにして、見て見ぬ振りだったり、エゴだったり、差別だったり、現代人の悪い所を痛烈に批判してるのは伝わった。それを2時間半色んなシチュエーションで描いているんだけど、どれもつまらないし長いし間接的で面倒くさい。風刺の効いた映画を色々と考察するのが好きな人には大好物の映画だと思います。自分は子供でも分かるような単純な面白さを求めるタイプなので、この映画の良さは全く伝わりませんでした。
おちち

おちちの感想・評価

2.0
評判ほど面白いとは思わなかった。主人公の葛藤を通して、現代人の欺瞞と不安を描きたかったのだろうと思うのだが、その描き方があからさますぎでは?YouTubeの炎上とかモンキーマンとの絡みとか色々工夫は分かるのだけど、シーンひとつひとつから監督の自意識が匂ってくるというか。あまりにも演出が直接的過ぎる気がした。「ほらこういうの皆さんあるでしょう?」という監督の薄ら笑いが透けて見えるようで、あまりのれなかった。いまこの瞬間の批評性は獲得してると思うが、ずっと残る作品だとは思わない。まあ映画に何を求めるかという話なのかもしれないが。
鑑賞記録
良さが全く理解出来なかった。ひたすら観てる者をイライラと不安にさせる作り。
>|