ザ・スクエア 思いやりの聖域の作品情報・感想・評価

ザ・スクエア 思いやりの聖域2017年製作の映画)

THE SQUARE

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:151分

3.5

あらすじ

「ザ・スクエア 思いやりの聖域」に投稿された感想・評価

ちひろ

ちひろの感想・評価

3.5
カンヌが好きそうな映画だなぁーという現代への問いかけや、見てる人に語りかけたりするシーンや皮肉が多い映画。個人的には好きだけど、おそらく大多数の人にとってはなんか哲学的でつまらないと感じそう。アマゾンの週末セールで百円だったから見たけど、普通には見なかったなぁ。
さす池

さす池の感想・評価

2.0
シュールかつ、風刺的。でもつまらない。
現代社会とそれを生きる我々のブレた善悪を痛烈に批判している作品なんだと思うし、メッセージ性は伝わる映画だと思うんだけどいかんせん面白さよりも1シーン1シーンの不快さ?つまらなさ?が勝ってしまった。
アーティスティックでもあるし、美しいなー景観…とも思いながらジッと見してたけど、あんまり心には残らなかったかな。
これは美術の皮を被ったナショナリティに関する映画。表現の自由が保証する「なんでも」はスローガンでしかなく、あらゆる作家のあらゆる作品が展示される美術館は存在しないように、あらゆる民を救済する公共事業もない。狙いは物乞いとアーティストと作品を並べて語ることにある
Zai

Zaiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いやー、今回も実にいやらしい。
本当にいやらしい。
各場面にくすぐりがありながら、
いろんな物に対しての皮肉がたっぷり。

アート、お金、権力(Power)、弱者に対する集団心理

あのチンパンジーが絵を描いてるとこなんか、皮肉以外の何ものでもないでしょ。

「助けて」

がキーワードな気がする。
駄目な男がかっこいいと観れるね。
WAKIO

WAKIOの感想・評価

3.0
申し訳ない。ちょっと難解でした。
タイトルで感動系かと思ったのに騙されたww
なんだろう、集中させない映画。
政治への風刺?思いやりの余裕が無い人達が思いやりをテーマにしてる現代アートを宣伝するって内容。
結局は何が伝えたかったんだろう、、、
さすがにこのテンポで150分はツラいw
ぴな

ぴなの感想・評価

2.5
全編に渡って皮肉たっぷりの作品。

フレンチアルプス~より癖が強くてモヤモヤ感も強い。
ザ・スクエアの展示そのものでもっと色々何か起こるのだと思っていた。
アートという言葉の持つ雰囲気、アートを語りたがる人たちがちょっと苦手なだけに、ますます飲み干しにくい飲み物を手にしたような感じ。

エリザベス・モス演じるアンはちょっと面倒くさいし、濡れ衣だと怒る少年も厄介。
しつこくギャンギャン絡む2人、その周りの映さないせいで、まるで自分が絡まれているかのような気持ちになる。
誰かが何かを話している時に、周りでちょっと気になる別の出来事も起きているけど、それを一切見せないやり方はうまいなぁと。

子どもたちの最後の眼差しはネガティブな印象を受けたんだけど、どうなんだろうな…。
全然意味がわからないなあと思いながらも観てしまった…話が通じない人とのやり取りは本当にイライラしたり気が滅入ったりしてしまい、それを面白いとは思えなくて困りました。個人的に風刺なら思い切り皮肉で笑える方が好みです。
きっとそういうところが評価されたんだろうなあとは思いますが、正直は?って思いましたしここ最近観た映画の中で一番は?ってなりました。
>|