ザ・スクエア 思いやりの聖域の作品情報・感想・評価・動画配信

ザ・スクエア 思いやりの聖域2017年製作の映画)

THE SQUARE

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:151分

3.5

あらすじ

「ザ・スクエア 思いやりの聖域」に投稿された感想・評価

ヒロ

ヒロの感想・評価

3.7
人間の煩悩が、現代アートの企画展を控えた学芸員の周囲で渦巻く。

その企画展のテーマが「思いやりの聖域」なのが皮肉だ。

しかし、芸術は感じるものだから、この映画の感想は書きづらい。

好きか嫌いかで言えば、嫌いではなかった。
まあ「表現の不自由展」を思い出さずにはいられないな。「聖域」であるスクエアの周縁が執拗に纏わりついてきてもどかしい。チック患者、米国人記者の女、猿男、アパートの少年、ストーリーに絡む人物はみんなしつこい。プライドだけ高い主人公も思いやりの聖域の周縁に生きる者か。無関心、集団暴力、ネット炎上もみな周縁の者たち。笑えるけど不愉快。

映画の画面自体をスクエアと見れば、このスクリーンはその周縁にぼやけてよく分からない人物やどこかで鳴り響く正体不明の音で溢れている。
にゃん

にゃんの感想・評価

3.9
誰かの恣意的な行動が誰かに影響する。生きてれば必ず誰かに迷惑をかけるわけで、その後どう行動するか、が問われているなと見て思った。

子供は親のことよく見てる。子供だけじゃない周りの人も、あなたが誰かを見るのと同じようにあなたを見ている
atto

attoの感想・評価

3.2
きっと映画としての完成度は高い。
がしかし、museumを舞台とした作品を期待していたらそれはお門違い。

一番テンション上がったのはオープニングの音楽。おそらくFedde le grand 様のmixだったんじゃないかな。(エンドロール未確認だから何とも言えずですが)

作品の完成度としては高い。

ただ、寝る前に見る映画にするならば良い夢は見れない。
K

Kの感想・評価

2.0
難しくて苛立たせる。
現代美術館のキュレーターを務めるクリスティアン。彼は次なる展覧会の目玉として思いやりをテーマにした"ザ・スクエア"を発表する。そんな矢先、街中でスリにあったクリスティアンは、GPSで犯人の住むアパートを特定し、全部屋に脅迫状を投函して犯人を見つけようとする。無事に盗まれたものは返ってくるが、この日を境に彼の人生は大きく変わってゆく。

傍観者に突き刺さる特大ブーメラン

スウェーデンの映画監督、リューベン・オストルンドが手掛けたブラック・コメディ。第70回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール受賞のほか、多くの映画祭で高い評価を得た。

かなり好みの作品でした。
ほんと意地悪な映画。

もしも街中で助けを求める声がしたら。
もしも物乞いに声を掛けられたら。
もしもトークショーで奇声を発する観客がいたら。
あなたなら手を差し伸べますか?

そんな気まずい状況で露呈される人間の深層にある不寛容さ、不誠実さ、差別意識が次々と描かれる本作。2時間半の大作でしたが、僕はもっと頂戴って気分で観てました。"傍観者"をテーマにしたシュールなショートコントを立て続けに観てる感じ。
登場人物たちは皆悪い人間ではないのがまたなんとも居心地悪い。全く他人事ではない。

物語の主人公、クリスティアンも芸術における表現の自由を追求し、スクエアの持つ信頼と思いやりという理想を偽りなく信じる男。そんな真っ当な人間ですら無意識に、無自覚に面倒事を避けていく。安心・安全な聖域の中から出たくない。そんな矛盾に満ちた人間臭さが堪らなく愛おしい。

特に印象的だったのは清掃員がやらかした作品を内密に修正しようとしたところ。あれが一番リアル。
あとモンキーマンはもう息を呑んだ。1人が動けば連鎖していくあの感じ。トップバッターには誰もなりたくない。あれだ。お焼香と同じだ。前の人のを見てからなら安心。

"もしも君のバッグが ここにあったら
それはアートか?"

自分の聖域の中で1つの異物が混じっていたとしたら、果たしてそれを受け入れられる人間はどれほどいるのだろうか。

"利己的だった"

全てがそうとは限らないのだろうけど、思いやりや親切って、一種の"性癖"に近いものだと思うんです。
人に優しい自分。感謝される自分。そんな自分の快楽のために存在するものだと。
そして、思いやりなんて本来はそれで十分なんです。過保護は自分でチキンサンドの玉ねぎも抜けないような甘えんぼを量産するだけです。

最後に思い出したのは、トリアー監督が『ハウス・ジャック・ビルト』でブチ破った芸術や倫理の壁。聖域の中にしかいないクリスティアンや僕には到底突破できないだろうな。
YY

YYの感想・評価

3.7
スッとくる不快感。

ハンパをする主人公が人間らしい。
監督の思惑通りいや~な気持ちになりました。
ちょっと難しすぎた〜〜、、!!!(;_;)
>|