ザ・スクエア 思いやりの聖域の作品情報・感想・評価

ザ・スクエア 思いやりの聖域2017年製作の映画)

THE SQUARE

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:151分

3.5

あらすじ

「ザ・スクエア 思いやりの聖域」に投稿された感想・評価

社会風刺映画

撮影がロングテイクで、奇妙で気まずくなるようなシーンが多かったです。照明やセットを上手く使うことでシーンによっては居心地の悪さを生み出してるなって思いました。

映画全体のキャラクターであったり、ストーリー展開であったり、会話内容であったり、シーンの1つ1つに世の中の風刺が込められていて、非常に興味深かったです。

人って結局自分のことしか考えてない。気分によって場合によって正義を振りかざしたり、感情に身を任せたり良い人になったり悪い人になったりする。

視覚的に訴えかけてくるタイプの映画でした。
奇妙で不思議だけど、同時にユーモアがあって面白い映画でした。

でもちょっと退屈です。時間をもう十分ぐらい短くできる気がしました。
コーバ

コーバの感想・評価

3.6
現代の時代の流れを描写しているそんな映画。少し考えて観る必要があるのと、みてて考えさせられる内容。
みのり

みのりの感想・評価

3.0
「ていねいな暮らし」の気持ち悪さが描かれていました。スノビズムへの風刺満開です。
現代美術館のキュレーターであり教養もお金もある主人公。物乞いにはお金を差し出す善意の持ち主である彼が、自分の立場が脅かされるとたちまち変容し、他人を脅迫する。この人間性を風刺するさまがおもしろかったです。

ただ、他にも「人が不快になる作品はアートになりうるか?」とか「思いやりとは?」みたいな問題を提起してくるわりには(猿人間まで投下してくる)、後半で全然回収されないので、消化不良感があったのは否めなかったです。
kanegon69

kanegon69の感想・評価

2.8
いやぁ、正直久しぶりにキツイ映画観てしまった。。
チーフ・キュレーターの傲慢さと、不運、悪循環が重なり、さらに深みにはまっていく様を描いているが、なんだろう、このところどころの理解不能なシーン、気味の悪さは、、Youtubeで拡散した映像の衝撃的で、言葉がない。確かに色々考えさせられる映画ではあるが、観たあとの心のざわざわが収まらない感じ。いやこれは製作者の意図なのだろうか。。とりあえず、疲れた。。
Ccorri

Ccorriの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

貧困問題。劇中に出てくるスクエアという作品のコンセプトと間逆の事をする主人公に苛立ちを覚える仕組み。
アーティストと美術館との目的の違い。
チンパンジーのパフォーマンス面白い。実際に同じことをやってもらいたい。
kingyohime

kingyohimeの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

店頭で見かけて面白そうなので借りた作品。
借りる前に上映時間が150分というのを見て一度は棚に返したものの、気になってレンタル。
結果、感想としては序盤辺りから退屈で他の事をしながら観た。
この内容でこの時間は長すぎる!
わざとそのように描いたのかもしれないけど、登場人物の行動が私の感覚とは違う事が多く、イライラしながら観た。

主人公は美術館のキュレーターの男性。
人気も地位もお金もある彼は「ザ・スクエア」という美術品を提案する。
それは、一見するとただの石畳を四角く区切った空間で、ある言葉が但し書きとして書かれている。
ある朝、彼はスリにお金とスマホを盗まれるも、GPS機能で犯人の居場所を特定。
犯人の住むアパート全戸に脅迫文を入れる。
その後、順風満帆だった彼の人生の歯車が狂い始めるー。

この映画を観て印象的だったのは群衆とホームレスの姿。
路上で生活する人がいても助けを求める人がいても基本、知らんぷりの様子がよく描かれている。
それなのに、誰かが声を上げて多くが注目したとたんに、彼らはそこに興味を向け対象を賞賛したり攻撃する。
それって、SNSの世界にも似ている。

この世界には、あらゆる所に「特定の場所」というのが存在する。
点字ブロック、歩行者天国、喫煙所、禁煙所・・・。
それらの場所ではそれに合った行動が求められる。
「ザ・スクエア」に書かれた説明書きとは、
「すべての人が平等の権利を持ち、公平に扱われる」というもの。
副題の思いやりの聖域。
世界のあらゆる場所がそうなら「特定の場所」なんて必要ないのに・・と思う。
bebemama

bebemamaの感想・評価

3.2
映画の舞台の美術館に展示してある、現代美術のような映画

ブラックコメディ、ホントにブラック

人物が意図的に見切れたり
鏡を使ったり、螺旋階段、
画面が幾何学的に切り取られてたり
と独特な画面
それに何というか独特の間

静寂と大音量

最後まで説明のないエピソードが、、、(あの彼女と同居しているのは、、、)

猿パフォーマンスの上流社会の人達の反応がいかにもで、普通だったらすぐに皆んな怒って出ていかない?

前半は正直退屈だった
終盤は結構面白く観られたけど

スエーデンってあんなに物乞いの人が多いの?っていうか、あれは架空の国かな?
男性が職場に赤ちゃん連れて来て仕事っていうのは単純にいいなと

とにかくこの映画は人の神経を逆なでする事ばっかり
主人公のクリスティアンが上辺ばっかりのいや奴
見て見ぬ振り

色々なエピソードに現代社会の問題が込められてるとは思うが、前作の「フレンチアルプスで起きたこと」の方が面白く楽しめた
2年前のパルムドール作品。インテリ層が好きそうな、知的なコメディドラマだと感じました。題材も現代美術だし、各エピソードも笑いと共に考えさせる内容も含んでいるので、アート好きで暮らしにゆとりがあり、社会的意識も高い方には面白い内容なんだと思います。残念ながら、個人的にはそこまでピンと来ませんでしたが。。
ゆぅま

ゆぅまの感想・評価

3.8
過去に鑑賞済み
すごく実験的・刺激的な映画かと思ったら大人し〜い作品だった。
北欧の映画といえば、ロッタちゃん、アンダーザウォーター、心と体と、とか数えられる位しか挙げられないけど、国民性なのか言語を単純に音として聴いたときの高低激しくない抑揚のせいなのか、英語・独語ほど子音もきつくなくて掴みどころがない。
普通すぎて退屈するかと思いきや、だから何?っていうよく分からないツッコミ不在の風刺エピソードの分からなさが、温度の低い刺激になったのか2時間見通せた。

製作と監督はスウェーデン人。主演はデンマーク人。これは何語? 舞台はどっち? と謎は残る。どっちみち移民の国になってる事は知ってたけど、あんなにカジュアルな乞食が街に溢れているとはショックだ。
北欧は自分が格好いいと気づいていないサイレントイケメンが沢山生息しているイメージ。身長180cmとか平均レベルらしい。主人公が赤眼鏡をとって、アン宅にいる時のヒゲの生え具合が100点。
>|