リヴォルトの作品情報・感想・評価

リヴォルト2017年製作の映画)

Revolt

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:88分

2.7

あらすじ

男が目を覚ますと、そこは留置所らしき檻の中。外から聞こえてくるのは銃声と爆音。壁の隙間から外に目をやると、爆風の中、軍用機が何モノかの攻撃を受けて墜落しようとしていた。一体何が起きているのか?それ以前に、男は自分が何者なのかすら思い出せないことに気付く。隣の房にいた女が男に告げる「我々は侵略された」のだと。すると突然、武装した男たちが留置所に押し入ってくる。女に乱暴しようとしたそいつらを、男は圧…

男が目を覚ますと、そこは留置所らしき檻の中。外から聞こえてくるのは銃声と爆音。壁の隙間から外に目をやると、爆風の中、軍用機が何モノかの攻撃を受けて墜落しようとしていた。一体何が起きているのか?それ以前に、男は自分が何者なのかすら思い出せないことに気付く。隣の房にいた女が男に告げる「我々は侵略された」のだと。すると突然、武装した男たちが留置所に押し入ってくる。女に乱暴しようとしたそいつらを、男は圧倒的な武力を持って制圧する。どうやら男はアメリカ軍の兵士だったらしい。だが、檻の外に出た男の目に飛び込んできたのは、見たこともないロボットが、逃げ惑う人々を虐殺する光景だった。果たしてこの地球に何が起こっているのか?男は、医者だと名乗る女と共に決死の逃避行を開始するー。

「リヴォルト」に投稿された感想・評価

何も解決せず終わってしまった。
いいとこほとんどなしのSF小品。アイデアに独創性なく、眠たくなるばかり。全世界が侵略されてる感まるでなし。侵略ロボットはまあ個性的か。この手のものを低予算でやるのは厳しいね。主人公の魅力のなさは致命的だが、ベレニス・マルローは将来性ありか。‬
Ryuheihei

Ryuheiheiの感想・評価

3.0
とある戦場で気絶し、気が付くと留置所の檻の中にいる一人の男。どうやら彼は記憶をなくしていて、何やら全世界規模で大変なことが起きている、というところから始まるSFのようなパニック系のような不思議な話。
要するに謎の生物、なのかロボットなのかってな奴らに地球を侵略されてしまってる状態から始まるわけだけど、当然あとからいろいろわかってくるもんだと思いきや、そうでもないというのがこの映画。回収される伏線とされない伏線のバランスが、なんというか真逆。知りたいのはそこじゃないのになぁ、みたいな。物凄くむず痒い箇所があって、掻いてはくれるんだけど、全然お門違いな箇所ばっか掻いてくる、みたいな。てなわけでモヤモヤは100パーセント残ると思う。あまりオチやストーリーに重きを置かずに見るべきかなと。未知のロボットとの銃撃戦はかっこいいし、何が起きるんだろうのハラハラドキドキもある。『スカイライン 征服』という映画を思い出した、のは個人的な話。そして個人的に謎多きヒロインがいい感じ、まぁ本当に謎のまま終わってしまうわけだけど。もっと出番が欲しかった。
約90分と上映時間は短め。二本続けて映画を見るとして、それの一本目、言わば同時上映的な括りでこの映画を鑑賞すれば二本目に見る本命の映画をより一層楽しめるのではないか、という提案。俺はそうした。
チュン

チュンの感想・評価

3.0

ん?ん?んー?

な映画でした。
宇宙船に侵略されて、、て話。
POVでもないのに謎が多すぎる。
時間経過がよくわからない。いったいどのくらい寝てたの?
殴り倒せるならここまで支配されないだろう。ナディアは?
わけがわからないまま侵略されてという設定ならだんだん敵がわかってくるようにせんと消化不良。
アフリカ以外はアメリカ、アジアはどうなったんだ?
色々おもしろそうなのにもったいない。
おもしろくないわけじゃない。
何故Clipしていたのか覚えていませんが、せっかくなので観ました(笑)

イギリス、南アフリカ合作SFアクション☆
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を10分の1スケールにしたような作品でしたw

侵略してくるロボや、キャストも悪くはないのですが、面白いとも言えなくて惜しい(´Д`)


ストーリィは…

ケニアの警察で目覚めた男。
どうやら軍人らしいが記憶が無い。
隣にいた医者ナディアによると、全世界がロボに侵略されているようだ。
とりあえず、北西にあるアメリカ軍基地を目指す2人だが……



ロボの攻撃は素敵です(* ̄∇ ̄)ノ
撃たれると人間は跡形も無く弾け飛ぶのですよ~
威力ありすぎて血が出ないのは残念だけどもw

ロボや宇宙船の造形もなかなか♪
がに股歩きなのが可愛い(笑)

が、ストーリィは尻窄み。。。
途中で予算かネタが切れたのか?って静けさで終わる残念さでした。
いや、悪くはないんですよ!
でも色々足りない(´・ω・`)
むー惜しい。。。

あ、ヒロインのナディア役はボンドガールでしたね☆
『スカイフォール』のエキゾチック美女ベレニス・マーロウ。
天海祐希の娘役ver.て感じの妖艶さが素敵です!
(ずんちゃんとSummerTime歌ってた時のね!超マイナーw)
今作では、フランス軍の軍医ということもあり、銃にも慣れたカッコいいお姉様でした~
声が低いのがセクシー(〃ω〃)

そんなわけで、人が弾け飛ぶ所とヒロインくらいしか見所はありませんが、旧作落ちなら良いかも、って作品でした♪
ナイロビ市街地、何者かに急襲され逃げ惑う人々を誘導し戦闘を続けるアメリカ軍兵士たち、がしかし、戦況は思わしくなく電磁パルス弾で跡形もなく消されまくる兵士と市民、というところから始まる「国境の山の向こうだ」ってお話

音に反応して巨大なダチョウ型ロボットがわんさかと襲ってきて次々と人間を殺しまくるんだけど、圧倒的戦力差があり過ぎてちょっと無理ゲーだろ、これは

けどまぁ、数多の外敵侵略映画は地球人フルボッコが基本だからそれは見逃すとして、問題はシナリオ、途中明らかに端折った節が見て取れてちょっと萎える、太もも大怪我してるのにその距離徒歩?はぁ?もう少しきっちり描こうよ、ホント頼むよ
oucky

ouckyの感想・評価

1.7

このレビューはネタバレを含みます

記憶喪失の男が自分を探しに行くロードムービーなんだけど、ぶっちゃけチンプンカンプン…。話何かありゃしない。まぁ、CGやロボット、UFOのデザインは中々良かったのだが、こりゃダメだ…。捻り過ぎたら、本当に捻っちゃったから制作者以外内容が分からんようになったと思われます。雰囲気で押すにしても、謎を散りばめているにも関わらず風呂敷を畳む気すらないからモヤモヤだけが残る。ロードムービーの所も二人が旅してる間にいい仲になるのは相当疑問です。
中々にお金はかけているのでしょうからもっとストーリーをシンプルにすれば良かったように思えます。残念!
sin182

sin182の感想・評価

2.0
B級好きやけど、これは酷くない?

ナイト・シャマランの
サインみたいな感じで
宇宙人の侵略を極々せまい
世界で切り取った感じ???

って言いたいけど、
意味不な事が多過ぎて
伏線の回収も全く(-_-;)

ロボット?もダサいし
何でこんな評価高いのか(-_-;)
役者も映像も話も戦闘アクションも悪くないと思います。

クズ鉄アートみたいなロボットのイメージから、もう少しチープかと思っていたら、わりとしっかりしたSF作品でした☆

物足りなさも感じるものの、大規模な世界侵略のごく一部を切り取ったということでなら、このスケール感でもいいんじゃないかな?
>|