リヴォルトの作品情報・感想・評価

リヴォルト2017年製作の映画)

Revolt

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:88分

2.6

あらすじ

男が目を覚ますと、そこは留置所らしき檻の中。外から聞こえてくるのは銃声と爆音。壁の隙間から外に目をやると、爆風の中、軍用機が何モノかの攻撃を受けて墜落しようとしていた。一体何が起きているのか?それ以前に、男は自分が何者なのかすら思い出せないことに気付く。隣の房にいた女が男に告げる「我々は侵略された」のだと。すると突然、武装した男たちが留置所に押し入ってくる。女に乱暴しようとしたそいつらを、男は圧…

男が目を覚ますと、そこは留置所らしき檻の中。外から聞こえてくるのは銃声と爆音。壁の隙間から外に目をやると、爆風の中、軍用機が何モノかの攻撃を受けて墜落しようとしていた。一体何が起きているのか?それ以前に、男は自分が何者なのかすら思い出せないことに気付く。隣の房にいた女が男に告げる「我々は侵略された」のだと。すると突然、武装した男たちが留置所に押し入ってくる。女に乱暴しようとしたそいつらを、男は圧倒的な武力を持って制圧する。どうやら男はアメリカ軍の兵士だったらしい。だが、檻の外に出た男の目に飛び込んできたのは、見たこともないロボットが、逃げ惑う人々を虐殺する光景だった。果たしてこの地球に何が起こっているのか?男は、医者だと名乗る女と共に決死の逃避行を開始するー。

「リヴォルト」に投稿された感想・評価

何も解決せず終わってしまった。
はま

はまの感想・評価

2.2
久々の太眉王子リー・ペイス〜〜!

役柄的に多い綺麗めシャキッと大人じゃなくて、常に薄汚れたワイルド系アクションマンだったのが結構珍しくて、ガタイの良さとか見れて満足!!

…現場からは以上です!!←


ロボットが出てくるSFで、異星人の侵略とかそういうフワッとした設定の時点で不安要素バリバリだったわけで、まさにそんな予想通りの映画だったわけで…
トランスフォーマーって金かかってるんだなぁって実感しました( ◠‿◠ )

最初からすでに侵略されてる状態で始まるので、徐々に謎が解明されていくのかと思いきやそうでもなく(!)、なんなら途中までは男女のロードムービー的な雰囲気までありました。
退屈な人は相当退屈だと思います。


こういう時は役者目当ての鑑賞って救いどころがありますね✌️(リー・ペイスが出てるだけで終始楽しんでいた私)
tsuyo

tsuyoの感想・評価

2.2
最後まで見たがいまいちな感じ。
スッキリしない。
ロボットに手が無い
一眼レフカメラの使い方
女医さん

以上三点が秀逸!
m

mの感想・評価

1.0
主人公が何をしたいのかが分からなかった。全部見たのに観終わったあとあらすじも言えない自分がいる。
嫌いじゃないんだけど、見ているうちに途中眠気が。なんとか眠気を振り払い最後まで見ましたが、印象に残っているのはロボット型ザリガニでした。
ストーリーがよくなかったのかのが、残念。
ベべべ

ベべべの感想・評価

3.1
序盤〜中盤にかけてまではよかった。後半はひどすぎる。着地点が見えなくなって、無理矢理終わらせたかのよう。
終末を気合いで生き抜くタフガイと、途中で拾った死にかけカメラマンの自殺幇助手段に、絞殺を選択するクレイジーヒロインが繰り広げる運試しサバイバル。

舞台は中東、宇宙人が襲来しアメリカ軍が到着するも惨敗。
記憶を無くした拘留中の主人公、お隣さんに同じく檻に入れられたヒロイン、最悪の状況化で現地ゲリラがイラつき半分にナタで白人を惨殺しながら乱入。
「交渉する」と言いつつ銃を持った複数名にダイブし気合いで生還する主人公。敵のリーダー格ゲリラは主人公の奮闘中に関わらずヒロインにレイプを試みるも、前もって装備していたガラスの破片にて、男根に裂傷を負い、無念の死亡。

生き延びるのに必死かと思いきや、監督の趣味と思わしきアメリカ式の車で、急にユーモアたっぷりアメリカ人に様変わり、「コイツは最高の車だ〜」オープンカーに乗り、西海岸スタイルで荒野を爆走。ヒロインはどこで見つけたかイカしたグラサンでサラコナーに激変。

エイリアンとかどうでもいい。
真面目なバカが1番好きです。
ただオススメはできません。

コーラとポップコーンが美味しかったので1.5
スーズ

スーズの感想・評価

2.2
これトム・クルーズとスピルバーグとミシェル・モナハンなら2時間半の大作になるわ(相当脚本の手直しが必要)たったの1時間半がすごい長く感じたのはやはり演出でしょうか。あと主役がもっさり系(ゴメン)

南アフリカって宇宙人との相性いいと思う。なんか赤茶けた雰囲気とか。舞台は東アフリカって言ってた?

股間を光らせながら突進してくるヤツラには笑うしかない。いっぱいいたけどあれですか、本体やっつけたら皆ダウンするってお約束?いい加減やめようや。
Boss2054

Boss2054の感想・評価

3.3
昔、ビデオレンタル店には、
超大作の大ヒット作品の横に、
その作品の続編または同類と見間違う様なパッケージデザインで、
何ら関係のない、ホントにB級、C級の作品が置いてあって、
せっかくだからとか、
ついでだからとか、
で、借りて、
思い切り肩透かしを食らう、
なんてコトがよくあった。

コレは、その類の作品。
第9地区の亜流。

が、それでも、ところどころ、画的に、おっ、と思うところもあるが、
全体的な既視感は否めない。

例え、予算がなくても、
アイデアと熱意で、
ターミネーターと云う傑作が生まれたコトを思うと、
なかなかこの類のB級作品も目が離せないのだが、
残念ながら、コノ作品はそうではなかった。

思うに、こう云う類の作品から傑作をモノにするコツは、
やはり、ホンの面白さなんだろうな、
と思う。
先ず予算をそこに注ぎ込むべきでは、
と云うのが私の考えなのだが…。

それでもまた埋もれた名作に出会うために、
コノ類の作品を観てしまうのだ。
多分…。
>|