ナチュラルウーマンの作品情報・感想・評価

ナチュラルウーマン2017年製作の映画)

Una Mujer Fantástica/A Fantastic Woman

上映日:2018年02月24日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

「ナチュラルウーマン」に投稿された感想・評価

gatty

gattyの感想・評価

3.7
トランスジェンダーの主人公が真っ直ぐに生きようと思えば思うほど、たくさんの壁にぶつかる。でも、その壁に負けない強さを感じた。
過去鑑賞
良かった
Nene

Neneの感想・評価

-
記録用。
qoqo

qoqoの感想・評価

4.0
映像、サントラ大好きです。

ありがとう。最高で最後の一言です。
どんな言葉よりも響き気持ちのこもった言葉です。

簡単だけれど強さと前向きさが溢れ出る映画です。
kiki

kikiの感想・評価

3.5
生きる権利みたいな映画。。。

ナチュラルじゃないけど
心はナチュラル。

気高く生きろ!みたいな。
akrutm

akrutmの感想・評価

3.5
トランスジェンダー女性で歌手であるマリーナが、歳の離れた初老の恋人オルランドの急死によって巻き込まれる騒動や性的少数者への差別を描いた映画。本人自身もトランスジェンダーである女優ダニエラ・ベガがマリーナを演じており、2018年のアカデミー賞受賞式では、トランスジェンダーとして初めてプレゼンターを努めたことでも話題となった。本作品における彼女の演技、特に微妙な表情の使い分けは素晴らしい。これからの出演作にも注目したい女優である。

ただし、ストーリー自体は、必ずしもトランスジェンダー(や性的少数者)に特有の差別や苦悩を描いているわけではないので、その点はやや不満である。例えば、マレーナがトランスジェンダーではなくて、ストレート(でも公にできない関係)の女性であったらどうか?親族たちは多かれ少なかれ同様の反応を示すのではないだろうか?急病であるし、外傷もあったことから、同棲者が警察から事情を聞かれるのも同様である。つまり、トランスジェンダーに対する差別・忌避感と、愛人関係にあった女性への倫理的忌避感や感情的嫌悪感が混在しているので、トランスジェンダーそのものの苦悩が描ききれていない。セバスティアン・レリオ監督は、おそらくわざとそのようなプロットにして、トランスジェンダーへの差別そのものを描く意図はなく、一人の女性としてのトランスジェンダーを描きたかったのだと思うが、個人的には少し残念だった。
JUSA

JUSAの感想・評価

-
本当にトランスジェンダーなのか

とても冷たい世の中が見えた
IKUKO

IKUKOの感想・評価

3.5
マレーナの歌声が美しい。

作品通して感じる差別的空気感が居心地を悪くする。意図せずにそういったことをしているかもしれない不安感。

「人間だ」と答えた彼女の言葉が重く響いた。
>|