ナチュラルウーマンの作品情報・感想・評価

ナチュラルウーマン2017年製作の映画)

Una Mujer Fantástica/A Fantastic Woman

上映日:2018年02月24日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

「ナチュラルウーマン」に投稿された感想・評価

marry

marryの感想・評価

3.0


死に対して平等でいたい

ダニエラヴェガ、全身全霊の演技だ。素晴らしかった。まっすぐな演出ともリンクして最後は泣いちゃったよ。まだまだこれが現実なんだね
まるこ

まるこの感想・評価

4.0
愛する人を突然失ったトランスジェンダーの女性。数々の差別や偏見、暴力を受けながらも、彼と紡いだたった一つの愛を守る為に前に進んでいく。セクシャリティが何であろうとも、人を愛する心は皆平等で、尊いものだというメッセージ。素晴らしき人間賛歌がここに。

主演のダニエラ・ヴェガの佇まいが美しく、とても好きだ。力強い眼差しは孤独に闘うマリーナの真の強さを映し出していた。劇中のマリーナのファッションも好き。映画全体の色彩も好みだったので、是非映画館で観たかったなあ。とても好きな作品でした。
muuu

muuuの感想・評価

4.1

2018, I don’t know when though,
中年の彼氏が同棲してる部屋で突然死
病院に運ぶ途中で外傷(救急車呼べよ)
警察には疑われる
家族には嫌われる(離婚してるんやないんか?)
息子に不法侵入、拉致される
トランスジェンダーじゃなくても充分被害者のナチュラルウーマン
強風に鋭角に切り込んだり、クラブで衣装を着て踊る妄想はやめてね、ナチュラルじゃないから
ところで犬は何処から戻ってきたの?
白い封筒には何が入ってたの?
何か見逃してたかしら
Megumi

Megumiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

まー、元奥さんにしたら、若いトランスジェンダーの女性にダンナさんとられたらそりゃあイヤでしょうという気持ちは分かるけども、そこであの仕打ちをすることで奥さんも息子も元ダンナ、お父さんの気持ち無視してるよね。最後にお父さんに幸せあげてたってこと、無視かい?みたいな。みんな身勝手で残酷で、見てて辛くなるものの、主人公の彼女が強いのと、最後にワンコは奪還できたことが救い!
ふみ

ふみの感想・評価

2.9
トランスジェンダーの主人公が年寄りの恋人をなくし、偏見に苦しむ。とこれだけ見てると同情してる自分がいるけど、例えば昨年?紀州のドン・ファン事件が起きた時、偏見の目で見てた自分はいたなと、日常の中の偏見に気付かされた
MsArsenal

MsArsenalの感想・評価

4.5
男性的な強さ、というよりは
女性的強さが言葉、行動の節々に際立っていた。映像にも妥協がなく、とても好きな映画。
gale

galeの感想・評価

4.3
今考えると邦題が原題及び英題と少し違うのが気になるといえばなる。ただ、"普通の女性として生きたい"というマリーナの思いを汲んで"ナチュラル"を選んだならそのセンスは嫌いじゃない。

パートナーを突然失ったことで、突如自分に向けられた偏見の目。女性としての自認を持って生まれ女性として生きようとしているのに、男性に生まれついてしまったがために、周りは女性としては認めてくれないし、理解してはくれない。それでも、マリーナは「自分は女性として生きる」という確固たる意思を持って逆風に立ち向かっていく。容易なことではないからこそ、彼女の佇まいはとても美しい。わずかだが、彼女の強い意思が届いている人もいた。
彼女を女性として見ず、性犯罪者かもしれないと疑ってしまう人が多く描かれる。そうやって偏見を抱くことがどんなに滑稽かも思い知らされる。

主人公・マリーナを演じたダニエラ・ベガは本当にトランスジェンダーで、本作後トランスジェンダーとしてアカデミー賞で初めてプレゼンターを務めた人らしい。凄すぎる。
この映画も、チリの映画として初めてアカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品とのことで、これからも歴史に残っていきそうだ。
HIDE

HIDEの感想・評価

4.2
ジェンダープラス年の差の問題

色々複雑で難しい困難にぶち当たる

困難が自分を強くする
>|