バック・トゥ・ザ・フューチャーの作品情報・感想・評価・動画配信

バック・トゥ・ザ・フューチャー1985年製作の映画)

BACK TO THE FUTURE

上映日:1985年12月07日

製作国:

上映時間:116分

4.2

あらすじ

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に投稿された感想・評価

言わずもがな
Keiseihhh

Keiseihhhの感想・評価

4.4
言わずと知れた名作。SFでありながらレトロなロマンティックコメディの要素も持つ。本作がデビュー作であるマイケル・J・フォックスの快活さとドク博士役のクリストファー・ロイドの怪演が痛快。マイケルのお父さん役のクリスピン・グローヴァーも素晴らしい。中身と言えばこれでもかこれでもかとばかりにハリウッド映画のエンターテイメント性を放り込んでくる。監督ロバート・ゼメキスの原点であるのは間違いない。しかしアラブのテロリストがカリカチュアされてジョークにされていたり、今では表現するのが難しいだろうシーンが1、2あるのは確か。だが間違いなく大傑作。
yoyo

yoyoの感想・評価

4.4
1周まわってやっぱりバックトゥザ・フューチャーが1番てやつはなんなの?2周目いけ!
MarySue

MarySueの感想・評価

4.5
ちゃんと考えてみるとこれが一番好きな映画だと思いました。

何度観ても初めてのような気持ちで楽しめる。

感動するストーリー…というわけでは無いけど、いつ、どの部分を観ても90点以上を常時叩き出してくれるのはこの作品の他、「ターミネーター2」、「ブルース・ブラザーズ」、「ヘイトフル・エイト」の4作が自分の中で常に入っています。

映画としての娯楽性を100%感じることができる本作。とてもヘビーでクールです。

5点を容易に付けることは出来ないので、この点数にします。いつか満点をつけざるを得ない映画に出会えることを信じて。
はぐみ

はぐみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

幼少期のおぼろげな記憶しかなかったので再視聴!

映画自体にはさすがに時代は感じるけど、その中でマーティーの放つイマドキ感というのはすさまじいね。
時を超えるイマドキ感。(少しレトロ、ポップも添えて)
この映画が多くの人をわくわくさせ、愛され続ける理由がわかりました。(遅れてごめん)

ドク、そして若かりしパパとのやりとりが大切な見どころ。気弱なパパとそうじゃないマーティーは本当に親子なのか?なんてドクに言われてたけど、
二人とも同じようなこと言ってて、やっぱり親子なんだなってうるっときちゃった。

理不尽極まりないどころか犯罪スレスレの超ジャイアンなビフ。視聴者をイラつかせつつ最後はスカッとw

2、3も楽しみ!
……………
1985年の街並みが以前の我が地元のようだったw そっか、地方のアメリカがイメージだったんだ…!(と、いらぬ分析をしつつ鑑賞してました)
はな

はなの感想・評価

5.0
何回観ても、いつ観ても面白い。
ずっと大好き。

子どもの頃は全然気にしてなかったけど、改めて観るとマイケル・J.フォックスなんて奇麗な顔してるんだ。


長い年月経った今もキャストが仲良しなのが嬉しい。
映画の裏話(豆知識?)を調べてみても面白かった。

やっぱりタイムトラベルやパラレルワールドは夢があるしワクワクする。
見てないやつは地球人じゃない
じょん

じょんの感想・評価

4.8
UHDBDでみたよ。
これ、やっぱり最高の映画だわ。
こんなん、そりゃおもしろいだろ。
当然、子どものころはわからなかったけど、めちゃくちゃきっちりしてた。
すごく整理されているというか、実はわくわくや笑いの公式に則ってたんだなーって思った。しらんけど。

でもたぶん、現代の感覚からすると、所々にやりすぎ感はあるよね、きっと。
とはいえ、私の原体験なわけです。
べったべたでノスタルジックだからこそ、わくわくしちゃうところも大いにあるんだと思う。
のっけからずっとにやにやしてみてたもん。
今、初見の若者はどうみるんだろ。
Tomoka

Tomokaの感想・評価

4.0
マーティかっこよすぎる!
スケボーはやっただろうな〜
>|