家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。2017年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだ…

サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなのか、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の行動には、“秘密”があった。

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」に投稿された感想・評価

あんく

あんくの感想・評価

3.5
コメディとして観てたら、急に感動させようとしてくるから、ギャップでつい感動しそうになるズルい映画でした。笑

榮倉奈々ずっと可愛かった。
あんな可愛らしい性格の人と結婚したいと思ってしまう

安田顕さんは、死んだふりに付き合うときのオーバーな演技も好きだけど、前の奥さんと別れた理由を話すときの酔ってる演技が見事だと思う。

最後の死んだふりの理由を風に飛ばすのは、観てる人に委ねるための演出だってのは分かるけど、個人的にはちゃんと感動させて欲しかったところ。
なお

なおの感想・評価

2.3
予告ですごく気になって鑑賞。コメディーかと思いきや感動の涙!みたいなのを見ていざ映画館で鑑賞しましたが、わたし的にはコメディー要素の方が強かったかなと。
でも、お父さんが病院にいるシーンは泣けた、、、男手一つで育てた娘ってずるいですね、、(笑)
肝心のセリフを風に消されたシーン、わたしには難しかったです
観終わったあと難しかったねーっていう感想を一緒に観た人と言い合ってた(笑)
正直しょうもないだろって思って観たけど、普通に泣いた〜〜
やっぱり大切なことって言わないといけないなぁって思わせてくれるような映画
榮倉奈々可愛すぎ、、、
MaiSetsuna

MaiSetsunaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

まさかこれを映画化するとは思わなかった!!!

「Yahoo!知恵袋」投稿実写化?!という目新しさにひかれてしまった(笑)夫婦の形って色々あるんだなぁ~って感じた。

本人達がそれで幸せなら良い事なんでしょうね!
心が温まる良い作品でした。

奥さん約の奈々ちゃんが非常に可愛かった(笑)
ぐっち

ぐっちの感想・評価

3.9
死んだふりのバリエーションの豊かさに笑ったが、夫婦のあり方も人それぞれ、バリエーションに溢れているというもの。別れまいが、別れようが、何が幸福なのかは結局はその夫婦が築き上げていくものなんだと。

「私は探せば必ず見つかりますから」。
こんな安心感に包まれた言葉はないですよね。
maroske

maroskeの感想・評価

3.6
男性は致命的に鈍感で女性が考えていることに気づけない、気づこうとしないんでしょうね

それが例え修復不可能な状況になったかとしてもその事に気づける男性はその後選ぶ道にプラスになるのではないのかな?

常に女性側はサインを出していて男性側がそれに気づけるのかどうか
そこが結婚に限らず男女の関係性の肝なのかも知れないのかな?と

じゅんとちえの肝心のところの台詞を敢えて喋らせなかったのは夫婦にはそれぞれの形があるのだから、そこはそれぞれの答えを当てはめてくださいね、って事なんでしょうね

ラストシーンのちえが怒るところは頑張らなくていいって言っていながら1番頑張っていたちえが漸くそこから解放されたのかな?って思って微笑ましかったです。

あと安田顕さんはやっぱり良い役者さんでした😊
おもしろかった!榮倉奈々がひたすらかわいいし、安田顕の感じが良い!!
05com

05comの感想・評価

3.8
月が綺麗ですね。
死んでもいいわ。

すごく感動したり、
悲しい訳でもないのに
涙が溢れて止まらない
なんでかなっ?

こんな人でありたいと思う。
主演の2人はもちろん周りの大人達がすごく良い
この作品を見直そうと思えるのはいつになるやら
satien

satienの感想・評価

-
二人でいるシーンや、クリーニング屋さんとの絡み、後輩夫妻との会話、優しいけど心に何かを置いていくようなシーンがちりばめられている映画でした。大切な人を大切にしよう、相手にちゃんと伝えよう、当たり前だけどそんなメッセージをもらって帰途につきました。