家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。2017年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:115分

あらすじ

サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだ…

サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなのか、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の行動には、“秘密”があった。

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」に投稿された感想・評価

KaoruS

KaoruSの感想・評価

3.5
ずっと見たかった!
榮倉奈々ちゃんがかわいすぎた。

ちえさんの、彼女なりの愛情表現と、思いやりにきゅんとした。
ちょうどいい半分こができる人と一緒に歳を重ねていけるのって、ステキなことだなと。
myUa

myUaの感想・評価

4.0
コミカルでもしっかり内容があってよかった。家に帰ったら妻が必ず死んだふりしているシーンはクスクス笑えて楽しい。
FH

FHの感想・評価

3.3
夫婦のあり方は人それぞれ。答えはない。一緒にいる時間を大切にしていかないといけないと思った。

毎日死んだふりされたら楽しそうだと思うけど、家計は大丈夫なのか少し心配になった。

ちえの愛情表現と笑顔が素敵だった。
alec

alecの感想・評価

4.0
「月がとても綺麗ですね」、最近別の映画でも聞いた台詞、言葉の美しさ。榮倉奈々も映画自体もチャーミングでした。
Chiako

Chiakoの感想・評価

3.5
いろんな夫婦のあり方や、人との関わりなどよく考えるとなるほどそうかそうかと思う映画。

一人で観るより誰かとみて意見交換した方が深く学べるのかな〜?

榮倉奈々クシャッとした笑顔がバツグンに可愛くて似合ってた〜☺️

このレビューはネタバレを含みます

妻がなぜ死んだフリをしていたか、
何を伝えたいか、夫婦とはなにか、
ハッキリとした答えはなくて
それはきっと、何年後、何十年後、
大切な人といろんなことを乗り越えたそのときに
自分たちの中にその答えがあって
この映画は完成するのだと感じた。

そしてその答えに正解や不正解はなくて、
人それぞれで、夫婦それぞれのいろんな形があって、、

いっしょにいることだけが
答えでも正解でもない
いろんなことを乗り越えたとき
絆が深まるとおもった。

その様々なことを乗り越えていけるのが
今隣にいる人なのかは分からないが、
何があるかわからないから
たのしくて、かなしくて、せつなくて、
大切なんだと思わせてくれる作品だった。
heyhey

heyheyの感想・評価

4.0
久々の日本映画。

ものすごく哲学的な映画。
そしていきなり文学的要素ぶちこんでくる手荒感。

それがこの映画の世界観に妙にフィット。

そして軸がしっかりしてる。何を伝えたいのか、だからこそ面白かった。メッセージ性の強い作品でした。
miyuki

miyukiの感想・評価

3.5
不思議なオーラが止まらないちえさんにどんどん興味が湧いてくる。
最後まで観たらますます愛おしいキャラクターにみえてくる。
夫婦について考えるコメディ。
それにしても安田顕の演技力がすごい。
2018年劇場49本目
ryo

ryoの感想・評価

4.5
フライヤーや予告を観ると、愉快で面白そうな作品
でも実は深くて、リアルな心情表現もありだった。
大好きな螢雪次郎さん、品川徹さんの演技にも泣かされた 徹夜明けで観に行って疲れのせいかボロボロになって泣いた
というか、この映画に関しては皆さんの演技がとても良かった。何も引っかからなかった。榮倉奈々さんも意味不明で途中ホントに考えが読めなくてとても良かった

笑えるし泣けるし 途中は泣きながらも笑ってしまった 自分を重ねて観れる作品になってると思った。

最後はピンと来る。


また観たいなと思います
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.5
サラリーマンの夫が仕事を終えて帰宅すると、部屋先で妻が口から血を流して倒れていた。動転する夫だが、死んだふりをしていただけだった。妻はそれを毎日繰り返すようになる。「Yahoo!知恵袋」から始まった物語の実写映画化作。ストレートなタイトル通りの内容で、妻の様々な〝死んだふり〟はバラエティに富んでおり、斬新。夫は驚き、時には共感し、そして「なぜ妻は死んだふりを繰り返すのか?」と苦悩する。不思議な夫婦の雰囲気がありながらも、温かみがあり、妙なコンビ具合を表す2人は自然と素敵に見えてくる魅力があります。ここぞというコメディではなく、比較的軽めのコメディで、ドラマ要素が多い物語になってます。素敵な夫婦関係も描きつつ、結婚の難しさもしっかり描いた内容。主人公夫婦を演じる榮倉奈々と安田顕の凸凹加減がよりキャラクターを引き立ててます。ある一つの夫婦像を描いた物語であり、決して万人向けではない。