家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。2017年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:115分

あらすじ

サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだ…

サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなのか、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の行動には、“秘密”があった。

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」に投稿された感想・評価

MikaNiwa

MikaNiwaの感想・評価

3.8
タイトル長いので、「妻ふり」と略されてますが、なかなか強引な略し方。。

安田顕の初回のビビり方、その後も続く死んだふりへのリアクションのとり方が最高。映画館でみんなケラケラ笑ってて楽しかったです。
榮倉奈々もずいぶん演技うまくなったなあ。

夫婦の形、家族の形、みんなただ一生懸命なだけなんだけど必ずなにか困難が待ち受けている。そういうときに、ちょっと溢れるぐらいのビールがなんとかしてくれるのかもしれません。
映画としての完成度はともかく、個人的にすごく好き。

あのメロンケーキ、どこのお店のかなあ。。
コリ

コリの感想・評価

4.0
2010年に「Yahoo!知恵袋」に投稿されて話題。
妻の「奇行」についての質問をもとにしたラブコメディ。結婚3年目のサラリーマンが仕事から帰宅すると、玄関で妻のちえが血を流して倒れていたが、死んだふり...。

映画タイトル、長過ぎ...^^;
榮倉奈々さんの全力で死んだふりが最高でした!
次は、どんな死んだふりするのかと笑いっぱなし。

ワニに食べられたり
頭に弓が刺さったり
包丁が刺さったり
強盗に首を絞められたり
宇宙人?に人体解剖されたり...等々、
どんどんエスカレートしていく、
死んだふり演技に、会場内も大爆笑(笑)

なぜ死んだふりをするのか理由は明らかにされなくて、少しモヤモヤ感が残りますが、夫婦の在り方を考えさせられます。

笑って笑って泣いて最後はホッコリする素敵な映画。

クリーニング屋さんでのパンダも可愛らしい♪
あの巨大なワニ、欲しくなりました(笑)
niina

niinaの感想・評価

3.5
ドラマチックな恋愛とか大きな謎とかあるわけじゃないから途中私が死んじゃうんじゃないか?!と心配してたけど、楽しい。映画館で観る、劇場でみんなで笑うっていうの含めて楽しい。そしてジンワーリくる部分もあって。映画自体はチープな感じながらも良かった!
これ、一人で観たら泣いてるかも。なんか、夫婦のあり方を考えちゃいますね。 あと、何年?何日?何時間?
クリーニング店、奈々ちゃんのお父さん、お二人のお話聞いちゃうと、ホッとしたりもするんだけど、大谷さん家は身につまされるし。まぁ、二人にしかわからないし、夫婦だってお互いを全部知る事は出来ないし...。
しかし、榮倉ちゃんは可愛すぎる。なんなの、この奥様。やすけいさんとの距離感もほどよく。ちょっとした敬語もいいのよね。可愛すぎて反則。

このレビューはネタバレを含みます

【あらすじ】帰宅すると死んだふりをしている妻が自分をどう思っているのかということに思い悩む夫が、妻とコミュニケーションを取っていく中で妻は昔から変わらず自分に気持ちを伝え続けていてくれたことがわかり自分からも妻に気持ちを伝えてゆくことを決めた話。

【総評】一言で言えば、相手のボール待つだけじゃなくて自分からもボール投げようぜというお話。しかも相手の好意のボールが死んだふりというそれとわかりづらい形で投げかけられるからさぁ大変。「相手に伝わる形で投げなさい」と言ってあげたくなる。不器用過ぎるぞ妻。そして、鈍感過ぎるだろ夫。しかし、妻の不器用さから車で道に迷うことがあったけど、妻の「道は必ず繋がっている」「時間がかかっても最後には必ず辿り着ける」(←不確か)という台詞は「夫婦」のことを表していたんだね。妻父の「10年経って気づいたら夫婦になってたというのが理想」という台詞を合わせて考えると、夫婦なのだからそういうお互いの不器用さや不出来な部分は受け容れ合ってゆきましょう。そうすればいつの間にかあなたたちは本当の「夫婦」になってるでしょうね、ということなのだろう。ただし、「お互いが目的地を目指すことを諦めなければ」という注意書き付き。

【寸評】安田顕は大いに頑張っていたし榮倉奈々って可愛いんだなとものすごい上から目線な物言いですがそういう部分は満たされました。ただ、ストーリーは「妻の行動の理由」ってなんだろうという謎で引っ張られているだけで素直すぎる作りだったかな。
kanako

kanakoの感想・評価

3.0
ごめんね、なんか変なこと言ってんなーって思ってるだけで、その意味を考えもしなかった

っていうセリフ!大好き!
5252iwa

5252iwaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

すごく素敵な作品でした。

"優しい言葉は人を傷つける"
"夫婦はいつもいっしょだから頑張らなくていい"
いい言葉だなと思いました。

そして榮倉奈々さんの笑顔にめちゃくちゃ癒されました(笑)

必ずまた観ようと思います。
AkioSogo

AkioSogoの感想・評価

3.6
映画館で鑑賞。

伝説のYahoo! 知恵袋のあの投稿がまさかの映画化。
ストーリーはおもいっきりふくらませてあるものの
けっこうあの空気感を体現してくれていますねぇ。

タイトルがすべてを語ってくれていますが、「家に帰ると
妻が必ず死んだふりをしています。」なんででしょう?と
困惑するバツイチのじゅんさんと、
ケチャップから始まってだんだん大がかりに死んだふりをしかけてくる
ちえさんのやりとりが、けっこうほっこりします。

「月が綺麗ですね」ネタはなかなかつかいふるされてるから
それを出された瞬間出落ち感が自分の中に出て来たのと
結論を観客に考えさせるのを強いるために答を敢えて出さない構成が
あって、どうも中だるみ感と消化不良感が残る感じが自分の中で
☆マイナス1くらいあるけど、
いろいろな視点から「結婚」を考えるいい映画なので、
見て損はない映画だと思いますよ。
kumiko

kumikoの感想・評価

3.6
タイトルからどんな展開になるのか、少々不安でしたが、笑い盛りだくさんの中にもホロっとくる…

榮倉奈々と安田顕の夫婦がとても自然で、微笑ましく暖かな気持ちになる作品!

「月が綺麗ですね…」 ステキな嫁だ!
plastic

plasticの感想・評価

3.2
愛のクセがひどい系の作品。何度も繰り返される死んだふり演出で途中から夫役はもとより観客側の私も飽きてくる。けれどもあれだけ見せられると面白そうで、やってみたくなる衝動に駆られます。