家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。2017年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだ…

サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなのか、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の行動には、“秘密”があった。

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」に投稿された感想・評価

inechi

inechiの感想・評価

3.0
コメディなのかなと思って観たのでちょっと想像とは違いました💫ユニークな死んだふりをなぜちえが繰り返すのか、いろんな夫婦の形がある事を考えさせられる映画でした!ただ最後私はちゃんと答えが知りたかったなと😵
MOKE

MOKEの感想・評価

3.3
ほっこりと。夫婦のあり方をゆるく問うてくる。榮倉奈々の可愛さがただただ暴力的。
ブルー

ブルーの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

予告編などからの興味で観劇。
死んだふりも笑えるシーンが多かったり所々笑えるシーンがあって良かった。

月が綺麗という台詞がとてもキーワードになっていて夏目漱石のこの訳も良い。

結婚する事、家族がいる事に対してとても考えさせられる映画。
死んだふりをしていた理由はあえて説明がされていないところがもやもやする部分でもあり考えさせられる部分でもあるかな。
タイトルに惹かれて鑑賞。笑

榮倉奈々演じるちえが可愛いすぎるし、死んだフリに全力で付き合う安田顕も爆笑もの🤣🤣 こんな夫婦いたら素敵だよ〜こんな夫婦になりたい!

1番好きなのは、ロミジュリかな(笑)

キーワードは「月が綺麗ですね。」
くし

くしの感想・評価

3.5
死んだふりのクオリティが凄い🙄
これが実話というのが面白い。
コメディ感あるのかと思ったけど、すごくほっこりするいい映画だった。夫婦で観に行くのをおすすめしたい。
あと榮倉奈々って素敵な女優さんだな。って思いました。
しかこ

しかこの感想・評価

3.3
もしかしたら面白いのかも?と見る気なかったのにシフトチェンジ
んーーーヤフー知恵袋からの映画化でそこまで期待してなかったんですが
やはり2時間が長く感じ途中でばててしまった😂😂

榮倉奈々目当てだとめちゃめちゃ楽しめます
でも榮倉目当てじゃなかったらどうなんだろう?
相手の言動が意味不明だとして、どこまで理解しようとするか、
好きな人が彼氏になって、夫になって、空気みたいな存在になるのは回避不能?
理想と現実?んー、そこいらの人妻の感想が気になる.。o○
とりあえず、最後のチャットモンチーに癒されました(完結ですね。。)
イオリ

イオリの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これまでテキトーに小ボケ挟んで生きてきた自分は、榮倉さん(役名忘れた)に感情移入して見ていたと思う。

夫が帰る時に死んだふりをし、そのリアクションを楽しむと、じゃあご飯に。そして特に先ほどの死んだふりに触れることもなく1日が終わる。

夫は死んだふりに何の意味があるのかと考えていたが、特に意味はないと思う。自分の小ボケに意味がないように。笑

榮倉さんもおそらくこれまでそんな小ボケ的なことをやってきていたのだと思う。そして、それがたまたま今回は死んだふりだった。

しかし、周り環境から、この死んだふりが結婚に関しての特別な意味があるのではないかと映ってしまう。

ただ、結婚3年目という区切りは夫が勝手に設定したものであるし、同僚の離婚話も、いわばたまたま重なっただけである。

榮倉さんは「好きな人と一緒に楽しく過ごす」といった一貫した感情(価値観)を持っていたと思う。

夫はそんな感情から来る榮倉さんの行動を、素直に受け取って、テキトーにのったりつっこんだり、無視したりして楽しめば良いのに!笑

あくまで小ボケなので気負わずに。笑
冒頭から何度も繰り返されるタイトル通りの、死にてんがう奇怪な行動。それに付随するセンスのない音楽と効果音を爆音で演出することに頭が痛くなる。原作未読。

コメディによくある、外から見れば楽しいが実際に起きたらどうなのだろうか。榮倉奈々なら可愛いから許されるのか。作品とタイトルの意味は最後まで咀嚼できなかったので相性は良くない結果に。

妻の行動は良く言えば、愛情の裏返しで旦那を楽しませるのだが、悪く言えば、かまってちゃん行動。その行動は、突発的に始まった違和感は拭えなく、飛躍的に。

幼いころに母親を亡くした影響により、人生の有限感を得た死の観念や、その当時の今に呼応する行動により父親が喜んだこと、携帯電話契約のような3年縛り後の結婚生活のジャッジが近づいたことが原因の一部なのでは。子供欲しい願望も関連しているだろうし、タイトルの行動理由は一つではなくて複数あると思うのだが。

「生」と「死」に対するバランスが悪く、死んだふり行動は「生」で、対する「死」の描写が弱すぎる。行間の隙間はあるが奥行がない所が最大の問題。
寂しさを抱えているが、表面的には明るく楽しげに振る舞っているだけでは、陽気な身勝手さを勝手に押しつけてくる不思議ちゃんキャラの範疇に収まり、説得力に欠ける。深層の闇やトラウマをもっと丁寧に描かなければ、男の妄想の域を出ていかない。

家に閉じこもる時間が長く、生きがいを見い出せないと勘違いした旦那が、パートを薦める行動は理論的で、次第に理解できない旦那がイラつくのも分かるが、結婚の3年縛り更新を考えたので、自業自得にも。

主人公の同僚夫婦エピソードも興味深く、何気ない仕草や言葉から見え隠れする、夫婦の真の裏表は怖くもあるが、夫婦と同僚夫婦の対比も上手くない。3年縛りにも関連するだろう、夫婦の子供に関するエピソードが一つもないのは如何なものか。また、何気ない妻同士の女性描写エピソードも必要ではないか。

やはり、女性脳を扱う映画は女性監督が望ましく、邦画の問題点が浮き彫りに。男性視点で、こじんまりと纏まって散漫した印象なのが残念。
✍︎2018.07.11 Tue 🇯🇵

⍢⃝ ⍤⃝ ⍥⃝ ⍨⃝ ⍩⃝⃜