旧支配者のキャロルの作品情報・感想・評価

旧支配者のキャロル2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:47分

3.1

「旧支配者のキャロル」に投稿された感想・評価

Moe

Moeの感想・評価

2.7
映画残酷物語

この映画自体が学生と制作した作品だって聞いてすごすぎ!って思った。低予算映画の戦い方の実験だったらしい。バックステージもの独特のリアリティある。

怖いって思うものはリアルなものだって、たしかに。ディティールが生ネタだからこそ出てくる怖さ。まあ、怖いの嫌い。
みご

みごの感想・評価

3.0
「旧支配者のキャロル」というタイトルに、
「お、邦画のクトゥルフものか?」と、ワクワクしながら借りたけど、クトゥ……クトゥルフ……?となった。

いや、なんか狂気マシマシで"映画"という物を完成させるための機構として人間を消費してる感じが、異様で観れる映画。
体売るまでの流れが大変スマートなのが、なんかそう成るように動かされてる感があって、狂気的。

ちょっと期待していたものと違って、形容する言葉が見つからないけど、バックステージものとして非常に興味深い作品。

ラストはよくわからなかった。
鴉

鴉の感想・評価

-
笑える。
こく

こくの感想・評価

2.5
映画の神に触れたかのような愛すべき勘違い。東京スカイツリーには困惑。
高橋洋監督作でも一番とっつきやすい
勝手に潰れるだけ

撮影してた映画をむしろ見てみたい。なんか撮影場の裏側も大変だなと思いつつ、本当の裏側(メイキング)が楽しそうでよかった。
イマジナリーラインより映画的な正しさを優先する
「リング」、「女優霊」の脚本でおなじみの高橋洋監督作品。

ある女優が主催する映画学校の卒業制作。
そして実際に高橋洋を講師とするスクールの生徒たちとのコラボ作であるという。

カメ止めとは真逆の不穏な現場。
充満する暗く重く淀んだ空気。

陳腐で鈍重な筋立て。
呆気に取られるエンディング。

オーディオ・コメンタリーが妙に楽しみ。
dude

dudeの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

映画というやつは現場の紆余曲折を経て形を変えていくと聞くが、もしかすると映画は自分の完成形を分かっていて、そこに向かっていくために人間が振り回されているだけなのかもと思わせる。この感覚は同じくバックステージものである『リング0 バースデイ』に近い。キーワード「人間はただ勝手につぶれてゆくだけ」はミスリードで「人間」より上位の因果があるのだと。ナオミは明らかにそれが分かったうえで身を任せているし、それを恐れている村井は語り手になる。
佐藤

佐藤の感想・評価

-
体売るまでがスマート
>|