さよなら、僕のマンハッタンの作品情報・感想・評価

さよなら、僕のマンハッタン2017年製作の映画)

The Only Living Boy in New York

上映日:2018年04月14日

製作国:

上映時間:88分

ジャンル:

3.7

あらすじ

大学卒業を機に親元を離れたトーマスは、風変わりな隣人W.F.ジェラルドと出会い、人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せるミミと行ったナイトクラブで、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。W.Fの助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるうちに、彼女の底知れない魅力に溺れていく。退屈な日々に舞い降りた二つの出会いが彼を予想もしていなかった自身と家族の物語に直面させるこ…

大学卒業を機に親元を離れたトーマスは、風変わりな隣人W.F.ジェラルドと出会い、人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せるミミと行ったナイトクラブで、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。W.Fの助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるうちに、彼女の底知れない魅力に溺れていく。退屈な日々に舞い降りた二つの出会いが彼を予想もしていなかった自身と家族の物語に直面させることになる・・・。

「さよなら、僕のマンハッタン」に投稿された感想・評価

想定外の展開もあり、想定外に涙。WFと、トーマスが部屋でなんてことのない人生相談をする度に、ワインやスコッチを飲むシーンが、やけに美味しそうで好きだった。WFの存在感が素晴らしい。
NYに生きる青年のはなしなのに何故マンハッタンという単語を入れたのか 解かせぬ ニューヨーカーは嫌いなのにニューヨーク風土に染まっている主人公トーマス 悩み多き青年だった
す

すの感想・評価

5.0
本が絡む映画、星があまくなる パンフ買いました 表情豊か
NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

3.0
フォローさせてもらってるどなただったかも仰っていたはずですが、ジムジャーやポールオースターっぽいとも言えなくもないゆるさやスタイリッシュさは心地いい。内容としては、、、だからどうした?程度かなー。
作中、NYは終わった↓今はフィラデルフィアが熱い↑なんて言うようにかつて憧れたNYの輝きは感じられず。でもってそんなNYの秋の街並みにサイ&ガーが馴染んでとってもスタイリッシュでノスタルジック映るというなかなかの皮肉。
どうなってもそうなるしかないよね、、。
大人になる過程での最後の親離れ子離れの時期は、苦いものと相場が決まっている、
経験というものが刺激というものがどのように人を変えていくのかを学んだ。大人の世界に迷い込んだ人間が他者から見れば毒されて人間として一皮むける瞬間を、自分自身が理解した瞬間に曲が流れたのはそこが最も重要なシーンだからだと思う。ただ、毒されたことも一つの経験で、それが物語だとしたらこれほど魅力なストーリーはない。人間は善と悪の両方を吸収して多面性を含めた人間になるのではないだろう。それが大人の定義じゃないだろうか。
「崩壊」と「再生」がマークウェブ監督がこれまでに掲げてきた神話的物語。
さっく

さっくの感想・評価

3.7
最後にきちんとオチがあり、ほろりとする。

監督は
500日のサマーやギフテッド、
アメコミだとスパイダーマン(アンドリューガーフィールドの)で有名なマーク・ウェブ。
ただ私的には大好きなバンド、My Chemical Romanceの最高なPVであるHelenaを最高に仕上げてくれた最高な人だと思ってます。
めちゃくちゃかっこよくて、お洒落なんです。誰か知らないかなあ。(ちょっと不気味なのとバンド自体が割と激しめなので苦手な人は苦手かも)

と話が脱線しましたが、今作もやはり見せ方がお洒落で、人間の寂しさを描くのがすごく良い。

主人公はなんだかヒョロヒョロとした文学少年のプーなんですが、
他者との関係を通じて、自分のアイデンティティを最後は色んな意味で確立できたのではないかと思ってます。

こんな台風の中見に行ったせいなのか、自分の状況のせいなのか、
なんだか自分とは、とかなんだか寂しい気持ちになりながら帰宅。。。
pen

penの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ピアース・ブロスナンのキャラクターが『ゴーストライター』みたいだなと思ってたら、
物語前半のサスペンス映画のような語り口で納得。カラム・ターナーの細身は
街中で走ると映えるよなぁと思ったがやっぱりジェフ・ブリッジスの存在が常に残る一作でした。
マーク・ウェブ作品あまり観たことないけどサスペンス映画撮れる人なんだなーと思った。
ナイトクラブにパーティー会場、黒を基調とした映像が
ジェフ・ブリッジスが住む白い壁の部屋を際立たせているのが印象的。
書きたいことを書くと
ネタバレに繋がっちゃいそう。
謎が解けてからはほっこりの連続。
雰囲気も音楽も素敵だった。
ケイトベッキンセイル色気すごい。
日本語字幕にセンスを感じた。
>|