さよなら、僕のマンハッタンの作品情報・感想・評価

「さよなら、僕のマンハッタン」に投稿された感想・評価

W.B.イェイツの「再臨」の一節から始まり、それで幕を閉じるマーク・ウェブ監督の最新作は、ニューヨークを舞台に人生に迷子になっている青年トーマス・ウェブを主人公に、彼が様々な出会いを通して自分自身を見出していくさまを、人生の示唆の富む文学的フレーズと共に都会的に描いていく。
邦題よりも本作にしっくりくる原題「The Only Living Boy in New York」はサイモン&ガーファンクルの楽曲から来ているが、終盤、この曲が流れた時に思わず胸が熱くなってしまった。
大学を卒業して親元を離れたものの定職に就く訳でもなく、家庭教師のアルバイトで暮らしているトーマスは、退屈で平凡な日々を送っている。
彼のこのモラトリアムな日々は、隣室に引っ越して来た謎めいた中年男W・F・ジェラルドと、友達以上恋人未満のミミとデートしている際に父親と逢引しているのを偶然目撃した美しい女性ジョハンナ、これらの人々と彼が交流していく中で変わっていく。
本作では、お節介な「お隣さん」の助言もあって益々こじらせていくトーマスの恋の空騒ぎが、誰でもが若い頃に抱く高揚感や焦燥感、葛藤や自己嫌悪も交えて描かれる。
この恋の空騒ぎは、マーク・ウェブ監督らしい洗練された台詞と、前記したサイモン&ガーファンクルをはじめボブ・ディラン、ルー・リード、ビル・エバンス、ハービー・ハンコックらの楽曲に彩られて展開していく。
そして最後に待ち受けるトーマスに関わる意外な過去と真実。
本作は、主人公の青年が出会いや恋の空騒ぎを通してモラトリアムを抜け出し、自分自身や家族と向き合って成長していくさまを希望や温もりを交えて描き出していて胸が熱くなります。
nanako

nanakoの感想・評価

3.6
ニューヨークの街並みいっぱい出てくる‼︎
読書は脳を磨く
ニューヨークこそ世界だ
窓を見つけて飛び出せ
劇場で観た時は開始20分くらいとラスト10分以外寝てしまったから、レンタルでリベンジ

お父さん!!!!!!!!!をキッカケにそれまでのセリフにすんごいエッジ効いてくるシーンと前半くすぶりにくすぶってたトーマスが一歩踏み出すというエンディングにグッ
小森

小森の感想・評価

-
恋人と父親の愛人との間で揺れ動くアイデンティティー。主人公の家が複雑過ぎて感情移入出来なかったけど親離れ子離れの映画としては良く出来てた。
Ted

Tedの感想・評価

3.7
マークウェブってやっぱり小洒落た映画作らせたら上手い
ピアースブロスナンがいい味出してる
マーク・ウェブらしさを感じさせつつ過不足なくきっちりまとめ上げた良作

あえて言うなら綺麗に収まりすぎてものたりない印象
235

235の感想・評価

4.3
おしゃ、修羅場、と思いきや、
もとこ

もとこの感想・評価

3.5
22のときに着の身着のままたったひとりでニューヨークに行った
人の流れに目が回り情報も洪水状態
とにかくエネルギーを感じる街

不思議だったのはまわりがこんなに騒々しいのに、心はさまざまな空気を吸収するためにつねにオープンになっていたのに、なんでだか自己内省ばかりして、低反発枕よろしく凹みっぱなしだった
あんなにかっこよくてスタイリッシュなのに泥臭い思い出でいっぱいな街

でもこの作品をみて、そして先日西加奈子さんの『舞台』を読んで、あのときの過ごし方はあれでよかったのだと、初めてそのときの自分を肯定してみた
Rino

Rinoの感想・評価

3.4
雰囲気とか音楽おしゃれだけど、ちょっと退屈してしまった...
>|