さよなら、僕のマンハッタンの作品情報・感想・評価

さよなら、僕のマンハッタン2017年製作の映画)

The Only Living Boy in New York

上映日:2018年04月14日

製作国:

上映時間:88分

ジャンル:

3.7

あらすじ

大学卒業を機に親元を離れたトーマスは、風変わりな隣人W.F.ジェラルドと出会い、人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せるミミと行ったナイトクラブで、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。W.Fの助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるうちに、彼女の底知れない魅力に溺れていく。退屈な日々に舞い降りた二つの出会いが彼を予想もしていなかった自身と家族の物語に直面させるこ…

大学卒業を機に親元を離れたトーマスは、風変わりな隣人W.F.ジェラルドと出会い、人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せるミミと行ったナイトクラブで、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。W.Fの助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるうちに、彼女の底知れない魅力に溺れていく。退屈な日々に舞い降りた二つの出会いが彼を予想もしていなかった自身と家族の物語に直面させることになる・・・。

「さよなら、僕のマンハッタン」に投稿された感想・評価

W.B.イェイツの「再臨」の一節から始まり、それで幕を閉じるマーク・ウェブ監督の最新作は、ニューヨークを舞台に人生に迷子になっている青年トーマス・ウェブを主人公に、彼が様々な出会いを通して自分自身を見出していくさまを、人生の示唆の富む文学的フレーズと共に都会的に描いていく。
邦題よりも本作にしっくりくる原題「The Only Living Boy in New York」はサイモン&ガーファンクルの楽曲から来ているが、終盤、この曲が流れた時に思わず胸が熱くなってしまった。
大学を卒業して親元を離れたものの定職に就く訳でもなく、家庭教師のアルバイトで暮らしているトーマスは、退屈で平凡な日々を送っている。
彼のこのモラトリアムな日々は、隣室に引っ越して来た謎めいた中年男W・F・ジェラルドと、友達以上恋人未満のミミとデートしている際に父親と逢引しているのを偶然目撃した美しい女性ジョハンナ、これらの人々と彼が交流していく中で変わっていく。
本作では、お節介な「お隣さん」の助言もあって益々こじらせていくトーマスの恋の空騒ぎが、誰でもが若い頃に抱く高揚感や焦燥感、葛藤や自己嫌悪も交えて描かれる。
この恋の空騒ぎは、マーク・ウェブ監督らしい洗練された台詞と、前記したサイモン&ガーファンクルをはじめボブ・ディラン、ルー・リード、ビル・エバンス、ハービー・ハンコックらの楽曲に彩られて展開していく。
そして最後に待ち受けるトーマスに関わる意外な過去と真実。
本作は、主人公の青年が出会いや恋の空騒ぎを通してモラトリアムを抜け出し、自分自身や家族と向き合って成長していくさまを希望や温もりを交えて描き出していて胸が熱くなります。
えばこ

えばこの感想・評価

3.6
劇中歌のサイモンとガーファンクルの曲がとてもマッチしている。
原題と歌の題名が同じなんですよね。
隣人として引っ越ししてきたジェラルド氏が良い味をだしてくれている。
最後の展開にはちょっと驚かされましたが、ほっこりとする良い映画です。
YOSHIDAI

YOSHIDAIの感想・評価

3.3
ニューヨークに住みたくなる。

路地裏から覗く落書きを写したシーンが好き。
ayako

ayakoの感想・評価

3.7
ずっと鬱映画かと思ってたのに、最後ほっこりしてしまった!

資本主義に嫌気がさしてモラトリアム状態になってる主人公は、冴えない見た目やけど、高学歴やし、何気にリア充やからな。
私にとっては敵。笑

私の憧れるマンハッタンを、魂を失って退屈な街呼ばわりしてて、何やねんこいつって思ったけど、まあ物質主義に囲まれた生活してたらそうなるか。

音楽は心地よかった。
enypowa

enypowaの感想・評価

3.8
すごい観たかったのに、なかなかタイミング合わなくて、やっと👀♪

途中までは、ウッディ・アレンを思わせるような話の展開だけど、優しい終わらせ方がマーク・ウェブ監督らしい。

無難で平凡に思える人生も、実は見方を変えれば、一冊の本になりうるようなドラマが潜んでるかもしれない。それを知るには一人でモラトリアムってちゃダメだよねー。

相変わらずこじらせギーク君の気持ちの描き方がうまいなー👏嫌いじゃない☺️
新宿ピカデリー 2018/4/15
もえか

もえかの感想・評価

3.7
どろどろとした人間関係の中にある、人間の暖かさ。「gifted」の時も感じたけど、ヒロイン的な役割のキャラは軽んじられがち。
かな

かなの感想・評価

3.8
予期せぬどんでん返しが棚ぼたで満足。
honobon

honobonの感想・評価

3.4
冒頭はウディ・アレンぽいなぁとワクワクしていたけれど、その印象とだんだん離れて現代のおとぎ話のような感覚。
結末はなるほど。な感覚を思ったたからこそ、そのおとぎ話には続きあるんじゃないの?と思ったんですが…ね。

しかし、ニューヨークにケイト・ベッキンセールは本当に似合う。希望を失いかけた風のジェフ・ブリッジスも。
白か黒かではない大人のグレーな部分の滋味深さ。お子様は観てはいけません。
>|