てらっきー

ウィズイン/恐怖が潜む家のてらっきーのレビュー・感想・評価

ウィズイン/恐怖が潜む家(2016年製作の映画)
3.2
『ブラッド・ファーザー』でメル・ギブソンの娘を演じたエリン・モリアーティ主演

脚本に『アナベル』シリーズのゲイリー・ドーベルマン
『イット:チャプター2』も担当するとか




高校3年生で新しい街に引っ越してきたハンナ、父と若い母
慣れない新居生活
家のセキュリティだけでも新しい物に替えようと隣人でもある錠前屋に頼むが…



怪しい隣人、夜な夜な動く家具、安く手に入った物件の訳…などホラーあるあるなストーリー

ではあるもののハンナ役のエリン・モリアーティが可愛いから観てられる♪
寝静まると何者かに剥がされる掛け布団…
セクシーな寝姿にドキドキですっ( 〃▽〃)

でも布団を剥がした犯人
涎タラ~の後わいっ!💢
期待してたのに大したことしねぇなっ(*`Д´)ノ!


冒頭で犯人こいつなの?早くね?
えっ!そっち?でそれは霊なの?
そっちかいっ!!
と振り回すのを狙ったシナリオ
にハマるかハマらないかで大きく違います。
僕は単純なので簡単にハマりますけどww

キッチンの戸棚から奴が…は結構おぉぉ~っ💦とさせられたし、にゃんこが可愛いんですよ~☆
怒られた時に見せる目を細める仕草が堪らない♪(*´∇`*)


ってことでそこまで恐怖シーンは無いけど「家の中に〇〇が居る!」的なそんなに嫌いじゃない映画でした。