夏の娘たち~ひめごと~の作品情報・感想・評価

「夏の娘たち~ひめごと~」に投稿された感想・評価

いい意味で死ぬほど気持ち悪い映画だった。

話もそうだし、登場人物も全員に貞操観念が備わってないんじゃないかと思うほどだし、あとカメラの不可思議なズームアップしかり、あのいい歳した年齢の登場人物たちを中学生を撮るように撮ってるところも気持ち悪い以外の感情が湧き出てこない。それでいて70分釘付けで見ちゃうんです。エンドロールの後もなんなんだよ。

こんなの撮って死んだ堀禎一監督やばすぎるだろ。
プ

プの感想・評価

2.4
役者たちが芝居をしているという動作、行為にしか見えない。
故に芝居で構築されるその映画の世界みたいなのが全く感じられなかった。演技をしているひとたちがただ映っているっていう冷たさを感じた。ざらざら。
切身

切身の感想・評価

3.0
変な映画だった。
映画作品なのかイメージビデオレベルなのか…。

全然懐かしくもないし楽しくもないし…。
全然きれいな人もかっこいい人もいない。ある意味リアル。
buccimane

buccimaneの感想・評価

4.2
近親相姦も苦手項目だしお通夜のときの誰々の息子さん?覚えてる?みたいなのもトラウマティックだしやたらとビール飲むのすら嫌悪感あるけどそれでも惹きつけられる魅力があるのなんとも説明がつかない。
あと気持ち悪いって思ったのは川遊びしてて上流の男と下流の女も切り替えすのとかそんなのアリかよと思うけどいいシーンだし。
デヴィッドボウイの名前出たとき凄いドキッとしたけどその時から術中にはまった感じある。
速水さんの全て見通してるかのような存在感が完全にキモになってる。
下元さんの写真はちょっと笑っちゃうけれども。
yuka

yukaの感想・評価

3.5
上田ロケにもかかわらず、田舎が撮れているとは全く思えないのがしんどかった
一

一の感想・評価

-
気色悪ーい閉じた近親間のセックスのつながりも、葬式に始まり結婚式に終わる何か格調高げで心地の良い家族映画のごく自然な一部として丸め込まれていてすんごい不思議。下元史朗の通夜でいろんな人が集まって来、わけのわからない話をドライブさせていくワンカットの長いシーンとか楽しい。川遊びのシーンの音のバランスどうかしてる。なんなんだろう。
後ろの席の人が終盤で鼻をすすりながらむせび泣いていて終映後真っ先にトイレに駆け込んでいった。
2018.9.27@シネマヴェーラ渋谷
《堀禎一監督特集》
評価、感想、批評全て保留。
>|