夏の娘たち~ひめごと~の作品情報・感想・評価

夏の娘たち~ひめごと~2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:75分

3.5

あらすじ

山あいの小さな町に直美(西山真来)は養父の最期を看取りに戻って来た。義理の弟・裕之(鎌田英幸)との再会はふたりのあいだに秘密の過去をよみがえらせる。彼らは姉と弟の関係を越えて男女の仲に至っていた。裕之への愛を再燃させた直美だったが、やはりこの町に戻って来た幼なじみの義雄(松浦祐也)を前に思いは乱れる……。

「夏の娘たち~ひめごと~」に投稿された感想・評価

TaiRa

TaiRaの感想・評価

-
やはり最後まで奇怪な映画を撮っていた人なんだなと。堀禎一の全容って把握するの無理なんじゃないか。

映画の最初っから奇妙なカット割りの連続で、カメラのズームだってとにかく変で、話もさっぱり分からない。閉鎖的な田舎の町、というか村の入り組んだ性事情を映したメロドラマのようなもの。父親の正体が不明な女が主人公で、それがなんら珍しい事ではないように、登場人物たちは次々と相手を変えて交わって行き、やはり誰が親かも分からない子供を身籠って行く。そのドロドロな性事情を爽やかな夏の思い出の様に瑞々しく撮っているから奇怪である。良い年した男女が川でキャッキャと水遊びし、視線を交わして相手の好意をキャッチしたりする光景は一体何なのか。一方で映画自体は妙にクラシカルな雰囲気を纏っていて、大胆な時間の飛ばし方や素っ気ない台詞での説明なんかはかつての日本映画を観ている様だ。主人公が旅館の廊下を歩いて来て階段を降りる間際、振り返って「変な人」というリズムなんか凄く古風だし。下着姿ではしゃいだ女二人が酒を酌み交わすカットがあると当然の様にトイレでゲロ吐いてるカットへ繋ぐ。ギャグは割とストレートに作っていた。二階の窓から母親が倒れるのを見た主人公が旅館内を移動して母親の元へ行くカットの連なりが何故か好き。葬儀の後の喫煙所にぞろぞろと人が集まって来るシーンのカット構成は相変わらず面白いし、ラスト手前の喫煙所の会話も変で良い。「何で首吊ったの」「ロープでしょ」「分かんないよ、お兄ちゃんに聞いて」その直後に女がすっ転んで「あ、Tバック」だ。変さの密度がどうかしてる。
obat

obatの感想・評価

4.3
堀禎一特集(3回目観賞)
天竜区の後だとまた違う印象。不思議な人達や理解できていないシーンもまだ沢山あるけれど、それがかえって現実的に思える。またいつか。
9:30のヴェーラの踊り場からの夏の終わりの空。ずっとこの場所でこの特集をやっていたらいいのにと思うくらい幸せな時間でした。
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

3.0
ポスターの絵に惹かれ。映画自体は実にじめじめと絡みつくような湿度を感じ。小さく狭い土地ならこう言うことも日常的にあるかも?とか思ったり。川辺の場面も綺麗じゃないけど何故か好き。
やっと観れた。
内容やばいのにこの爽やかさ。こういう映画もっと観たい
車のシーンが相当変わってる。いきなり窓のアップの固定。
非常に気持ち悪い。近親相姦は姉が実際にいる立場としては生理的に受け付けないのだが、この映画自体は面白いことをしてると思います。
Anna

Annaの感想・評価

1.0
不快。。カメラワークのホームビデオ感(笑)
田舎の禍々しい性事情を何故か瑞々しく撮ろうとするのやめてくれマジで怖い。
あと、主役の女がアジアン墨田に似ててキツすぎる…
何なんだこれ…💧
水辺でワイワイキャッキャウフフしてる絵は魔法少女を忘れないにもあったね!
>|