夏の娘たち~ひめごと~の作品情報・感想・評価

夏の娘たち~ひめごと~2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:75分

3.5

あらすじ

山あいの小さな町に直美(西山真来)は養父の最期を看取りに戻って来た。義理の弟・裕之(鎌田英幸)との再会はふたりのあいだに秘密の過去をよみがえらせる。彼らは姉と弟の関係を越えて男女の仲に至っていた。裕之への愛を再燃させた直美だったが、やはりこの町に戻って来た幼なじみの義雄(松浦祐也)を前に思いは乱れる……。

「夏の娘たち~ひめごと~」に投稿された感想・評価

山間の小さな町に養父の最期を看取りにきた直美は、義理の弟・裕之と再会する。
ふたりはかつて姉と弟という関係を超え、男女の仲にあった過去があり、直美は裕之への思いを再燃させる。
しかし同じく町に戻ってきた幼なじみの義雄とも再会した直美は思いが揺れ動く。


閉鎖的な田舎町ではセックスしかすることがないという話はどうやら本当だったようで。小さな町なので人の繋がりは端から端まで繋がっている。誰と誰が寝てるかなんてすぐ分かるだろう。

「ヤリたい」と「好き」を混合していた兄は姉にフラれたショックで自殺した。
父が病気で亡くなった冒頭のシーンと似たようなシーンがここでまた流れる。
レイナは兄の子を妊娠し、姉は幼なじみの義雄と結婚し妊娠している。
小さなコミュニティの中での取っ替え引っ替えの関係。

「血縁」「妊娠」これがキーワードなんだけど、暗い町の雰囲気と役者たちのリアルさが妙なエロさを醸し出していました。
私はこの作品好きです。
もはやファンです。
中上健次みてーな世界観。村にやってきたよっちゃんが死んだの父親のようになって終わる。画面外から聞こえる子どもの声が「血縁」「妊娠」といったテーマを引き立ててる感じ。
歩く運動から始まるカットは、その歩く運動にわずかに遅延して映像が始まっているような、そんな心地がする。
scarface

scarfaceの感想・評価

3.3
女優さんがすごいね。
歳月を経ても変わらぬ土地の環が揺れる。皆が優しい嘘をつくほど親密に、真相を受け止められるだけ辛抱強く、それ故に生まれる曖昧なバランスで成り立つ現実を、皆が共有する不可思議、社会。捨てきれなかったブレたズームと、夏の汗のテカリの、生きてるって感じが好き。
閉鎖的な田舎での血縁とセックス、ということで中上健次の小説を思い出した。やけに説明的なところと飛ばすところの緩急の差がすごい。川で妙齢の男女が遊ぶシーンを筆頭に、全篇を通して気持ち悪さがつきまとう。たまに挿入される短いカットが印象的。「水」が大事だ。
中庭

中庭の感想・評価

3.5
境内で繰り広げられる無慈悲なメロドラマや、決して男の立ち入らない食堂における女たちの会話。自分の過去を生き直す娘の前で何度も卒倒する母親。廃墟での情事を済ませた直美が浴衣姿で帰り道を歩く一瞬のショットが放つ煌めきも忘れられない。
いろんな面で気持ち悪い映画だった。なのに最後まで見てしまった不思議。

カメラワークとか話しにホン・サンスっぽさを感じた。
>|