パーフェクト・レボリューションのネタバレレビュー・内容・結末

「パーフェクト・レボリューション」に投稿されたネタバレ・内容・結末

リリーフランキーの演技力の凄さ、清野菜名の可愛さだけで★5付けたいですが、映画としては悪すぎます。
小池栄子って演技うまいのに、これでは何かめっちゃわざとらしくて、小池栄子以外もだけど、いろいろとわざとらしい。会話なども不自然で、暗転も多く繋ぎも雑。
障害者を差別する人々がたくさん出てきますが、どれも大袈裟。リリーフランキー演じる主人公の手だけを写真に撮られるシーンとか、手の強張りを主人公がコンプレックスに思ってそうなのがその瞬間だけ分かるが、そういう風に一回きりのシーンを何回も色々と詰め込みすぎてまとまらなくなってる気がする。だから悲しみとか苦しみとかがあんまり伝わらなくて、だからといってハッピーな映画でもなくて、何だこれって感じがする。主人公クマピーの頭打つシーンとか、それが物語の重要な伏線でもないのに、ただただここでどうなってしまうのかと思わせるだけのシーン必要か?あそこまで引っ張って心配にさせるなら、あとの話にも繋がりがほしい。このシーン以外もそういうシーンが多い。何か問題があるたびにすぐに完結。
それと、銀杏ファンとして、BABYBABYの使い方が下手すぎて腹が立った。まずあんな外国人も来るようなゴリゴリのクラブで、邦楽のロックが流れるわけがない。25歳ソープ嬢設定のミツ(清野菜名)がBABYBABYを好きなのも違和感。サブカル女子でもないのに銀杏好きな若い女の子って無理がある。
あと、パーフェクトレボリューションってタイトルは見るだけで「障害のある2人による完全な革命なんだろう」って分かるのに、「不完全な2人で完璧な革命を起こそうよ」とか革命がどうとかを劇中で何回も言うのも萎える。劇中に映画のタイトルの理由を説明されたらめっちゃ冷める。
ストーリーが雑、演出が雑、主人公2人だけがめちゃくちゃ良かった駄作。清野菜名は最高に可愛い。
うーん、なんつーか後味が良くない。映画としてどうしたかったのか。障害をただキャラクターの持ち味として使ってるだけ、と考えるには話の作り方自体中途半端だし…。終盤、なんであんな選択をしたのに、ラストシーンがああなるのがちょっと。『離れようとしたけど、やっぱり好き』的なことを表現したかったのかもしれないけど、あまりにもそれは薄っぺら過ぎじゃないですか。そもそも精神に障害があるなら、そっちの方こそきちんとしたケアが必要だと思うんだけど。そこ中途半端じゃ…。障害を持っていれば、その度合いにもよるけど確実にケアが必要なわけで。障害があるからって、お互いが寄り添っていたいなら、寄り添っていればいいだけで(言うのは簡単だけど、現実はそれなりに大変だと思けど)。
聖人君子ではないし、同じ人間。恥ずかしながら、知った気になっていました。障害者のこと。父親の七回忌に親類が集まり食事をするシーンは、それぞれの立場でリアルな心情が読み取れて、とても印象的でした。
ラストシーンは娯楽ですね笑
面白いところもあったんだけど、作品としては、微妙だった。
当然、「障がい者の性」という社会的問題を映画に触れつつも、日常的に障がい者のぶつかる困難の詳らかに描いているポイントは評価する。

普通に泣いてた人もいたんだけど、ちょっと納得いかないのは、お互いどこに惹かれ合ったのかが不明瞭に思えた。
清野菜名が演じるミツが異常に明るい性格で(精神障がいの影響)、好きになれないキャラクターだった。献身的なところもあるけれども、受け入れるのに相当な精神的な余裕が必要なのではないかと思う。
だから、自身も障がい者であるクマにミツを受け入れられる余裕があるのはなぜかの描写が全くなかったのが致命的。
逆に、ミツがクマに告白するシーンも唐突。いくら突っ走ってしまうミツであっても、好きになる相手がクマである理由はあって欲しかった。

でもまぁ、評価も非常に高いし、感動している人は感動しているので、見る価値はある作品かなと思います。
とどのつまり、ハッピーエンド。
まだ3月だけど、今年観た映画で1番良かった!!!ミツ可愛い!!!
小池栄子やっぱり上手いな〜〜

現実は厳しい事が沢山あるけど、クマピーにはミツが必要だし、ミツにもクマピーが必要だという事に間違いはなくて。
危なっかしい2人だけど、ずっと応援したくなって、目が離せないままラストまであっという間に感じました。

テーマは難しいし、ともすれば劇中のテレビ局の番組のように大変なんだよー、でも健気に頑張ってますよー凄いですねーみたいな綺麗事のように描かれがちな物だと思うけど、この作品は綺麗事だけじゃなくて、親戚の集まりの場面とか辛い面もちゃんと描かれつつ、ユーモアも交えて、観てる側も幸せになれるようなお話でした。
ラストは賛否あるようだけど、私はあのラストが良かったです。
本当に観られて良かった!!
余貴美子の電気ビリビリでぽかーん。
最後までクマが生理的に無理で嫌いだったので何とも……ストーリーはまあ普通

開始1分で見るのやめようかと思った…(障害者とか関係なく、スカートの中覗こうとするジジイとかキモすぎて)

今まで障害者の生活でフォーカスされなかったのって「性欲」だけなわけ???(障害者を神聖視するメディア、性欲を無いものとして描くフィクションが多いから分からなくはないけど)

「障害者もスケベなんです~~~」だから何?って感じです。健常者でもオナニーの公開はキモいしTENGAそこら中に置いてあんのはキモいよ。気持ち悪い。

ミツも障害あるって自覚があって周りも暴走する危険が分かってるんだからマジでラストの意味がわからなかった

最後に周りがミツとクマを会わせるように協力したら今までの時間が無駄になるじゃん…

なんていうかめっちゃつまらなかった
障がい者をこういうテーマで描くのは新鮮で、評価されるべき映画だとは思う。

クマピー役のリリーさん上手かったし、清野菜名ちゃんもぶっ飛んだキャラクターに合っててむちゃくちゃ可愛かった。

だけど途中描かれている現実とのギャップで、ラストのファンタジーに乗りきれなかった。

途中のエピソードを減らして、あの予定調和のドタバタ劇に至るまでの経緯に時間を割いた方が良かった気がする。
それが出来るタイミングはそれまで何度もあった。

スッキリしない。
またああなるんではないかという不安が払拭されない。

あの素敵なラストシーンを観ても、なんとかなるとは思えなかった。

クマピーとミツのキャラが良かっただけに、残念だった。
 「障碍者になりたい」。こんなことを言うと怒られそうだけど、本気でそう思ったことがある。中学生の頃、一つ年上の先輩がいわゆる障碍者だった。彼は乙武洋匡みたいな身体をしていたのに車いすは使わなかった。口が達者でお喋りで明るくて、いつも笑顔で友達もたくさん。悔しいけど五体満足な僕なんかよりも友達はたくさんいたし人気者だった(女子の友達もたくさんいたから「彼女」もたぶんいたと思う。)僕は先輩が羨ましかった。僕だって先輩みたいな身体だったらもっと友達も多かったのに・・なんてバカなことを考えたことさえある。先輩は僕と仲良くしてくれた。僕は先輩のパシリみたいな感じだった。カバンを持ったり階段を上下したり下校する際、僕はよく先輩を肩車した。毎日じゃなかったけど(誤解しないでほしいんだけど別に僕は先輩にいじめられていた・・とかいうわけじゃない。家が近所だったこともあってよく会話したし僕自身も先輩を尊敬していたので進んでこういうことをしていた)。うん。江戸川乱歩じゃないけれど僕は先輩の人間椅子・・いやいや人間車イスみたいだった。先輩元気ですか。今はどこで何をしているんですか。もしこれを読んで僕のことを思い出したら連絡くださいお酒飲みましょう。







 障碍者が主役の映画が出てくるとつい僕がチェックしまうのはその先輩を探してしまっているからなのかもしれない。僕は生まれて初めてお目にかかった障碍者がその先輩だったから、僕の中では障碍者はみんな人気者で明るくて友達や彼女も多くて後輩をパシリで使う傲慢ささえもあるスターみたいな存在・・のイメージがとても強い(もちろんそんなわけない)。もし今もご存命だったらおそらくこの映画のリリー・フランキーみたいな大人にまじでなっているかもしれない。20歳も年下の女の子を侍らせて「これ?俺の彼女。セックス?当然、もうとっくにしました!」みたいなノリ。







 「障碍者の性と恋愛」を真正面から取り組んだ本作。何だか色々と風呂敷を広げすぎだよなぁと思う。障碍者あるある・・も描きたいのは分かるんだけど、あくまで本筋であるはずの「障碍者とセックス」の部分がやや薄れ気味、ぼやけているのが惜しい(ヒロインが何度も叫ぶ「革命」ってのが一体どういうことなのかよく分かんないし、「子供は作りたくない。子供ができるのが怖い」と言いながら結局二人のカップルの愛情表現はセックスだったり・・どっちなんだお前ら感もあり手放しで応援したい恋路というわけでもない。イライラさせられる場面の方が多い)。ただ、障碍者のセックスに対する本音を描きながら、作り手も大胆に切り込む勇気はなかったようで、最後は少女漫画風味の甘酸っぱいファンタジーとしてまとめている。それはそれで作り手の優しさというよりは甘さなのかなぁ。「せめて映画の中でぐらいは障碍者にだってこんな素敵な恋愛をしてほしい」ということだろうか。余計なお世話ではないか。これを見たホントの障碍者の方々が喜んで感動して映画が終わった後の現実を生きていく上で希望を見出してくれたんならそれはそれでいいと思う。けど僕はラストはちと頂けない。手前のダンスで終わった方がよかったんじゃないか。あのシーンはとても綺麗だった。てか設定の時点で既にハッピーエンドなんか不可能なカップルなのだ。障碍者にソープ嬢(娘の方は精神的に不安定)。このカップルでどこぞやの少女漫画みたいなハッピーエンドなんか期待しろって方が・・ちと無理。あのダンスが白眉だったため余計にそう思った。気持ちは分かるんだけどさ。
>|