パーフェクト・レボリューションの作品情報・感想・評価

「パーフェクト・レボリューション」に投稿された感想・評価

ソラ

ソラの感想・評価

4.0
とにかく俳優さんの演技がよくて、特にリリーフランキーさんが素晴らしかった。あまりにも自然で違和感なくて、月並みだけど、ただただすごいなぁと思いながら見た。
私たちは障害というものを良い意味でも悪い意味で特別視してしまうと思う。簡単なことではないけれど、ただ1人の人間として接することができるようになりたいと思った。
コウタ

コウタの感想・評価

2.8
全体的に嘘くさいし、最後は見事に台無し演出。

リリーフランキーさんの覇気の無い演技はさすがに凄い。
Kaji

Kajiの感想・評価

2.9
最後どうした
べりす

べりすの感想・評価

3.1
脳性麻痺から手足が動かなくなったクマ(リリー・フランキー)。障害者でも性欲があることなどを講演していたらやってきたピンク頭のソープで働くミツちゃん。最初はそれってただのエロジジィじゃんみたいな不快感を示していたけれど、クマの活動本を読んで一気に大好きに。
こんな二人がどうなるのか!
というストーリー。
どこまでが実話なんだろう?

女の子の障害がいまいちわからなかったけど、心の病気でクマといたら悪化するってこと?
母親に愛されず人に愛されたいと強く願うばかりに風俗で働くみたいな下りはあるあるっちゃあるあるだからそこら辺も実話なのか。

障害者につまづいてあんなにやからかのように絡んでくるカップルいるとか治安悪すぎ\(^o^)/

みつとえっちしたくないの!?
っとかそういう言葉が彼女の愛情表現の一つなのかなと思った。

本屋さんで「ぶっとんでるやつじゃないとたたない」みたいな話してるとこ笑ってしまったw
みつ大好きじゃん!

障害者でも健常者でも色んな嗜好があるのでそれはいいんだけど、くまはみつが忘れられないみたいなセリフだと思ったからなんか切なかった。

いいことばかりじゃないのなんてわかってるし、気楽にはいけないかもだけど二人が一緒にいたいなら一緒にいればいいんじゃないかなと思った。

誰が責任取るんだ!ってなったとき、もしこれでどちらかが死んでしまったニュースが流れても、二人を責められるのだろうかとか発展して考えてしまった。
せっかく乗り越えそうな所まで行ったのに、周りの助けもあり無になってしまう感じ…。
ラスト5分間くらい、まるでバタフライ・エフェクトのアナザーエンディングを観ているようなぶち壊し感。
yhuair

yhuairの感想・評価

5.0
すごく感動した
J

Jの感想・評価

4.7
とても良かったです

とにかく俳優陣の演技が素晴らしい 惹きこまれました

ドラマ「ビューティフルライフ」では障害を抱えて車椅子の常盤貴子さんと健常者の木村拓哉さんの出会いのドラマでしたけど、この映画は身体障害者と人格障害者の二人の出会い

風俗で働く人格障害を抱えた清野菜名さん演じるミツ

四肢障害を抱えて車椅子生活のリリーさん演じるクマ

最初二人はミツの明るさと真っ直ぐさでお互いうまい具合に関係がバランス取れてるけど二人が本気で相手の事を好きになり始め将来の事を考え始めるとバランスが徐々に崩れていき周りの人も黙っていない

二人もそうですが二人に関わる人達の気持ちもとても理解出来ました

刺さる台詞もいくつもあった

ミツの役柄はとても難しい役だったと思うけど清野菜名さんギリギリの危なかっしい役を見事に演じて素晴らしかった

そしてリリーさん、小池栄子さん、余貴美子さん
相変わらず素晴らしいのは言うまでもありません

とても考えさせられるいい映画でした🎬

このレビューはネタバレを含みます

_
<title:パーフェクトレボリューション>
_
<気になった台詞>
「世界に証明するの。生まれも性別も職業も能力もお金も年齢もしあわせには関係ない、しあわせは宇宙の中にある愛の星屑たちがこう…」
「彼女は自分自身が愛を求めることで精一杯だった、
彼女にとって子供はどうでもいい人間だった」
「愛についてからっぽだったらなんの意味もない」
「わたしみたいなのとあなたみたいなのがしあわせになったらすごいことだと思わない?」
「本当に覚悟はあるの?」
「弱いもの同士生きる覚悟はあるの?」
「不可能を可能にしろ!」
「出来ないってなんで決めんだよ!」
「障害者はただの人間なんです。」
「しあわせはセックスの気持ちよさで決めるってことで」
_
<好きなシーンや色や音声>
・クラブで銀杏BOYZが流れていてキスするシーン
・喧嘩してヘルパーを殺そうとするミツ
・おばさんのスタンガンと車から見えた新しい男表情
・車椅子に乗ってダンスをするシーン
_______________________________________
<じぶんの感覚・考えが着地したこと>
・わたしも自分と向き合ったらああなるんだろうなって怖くなった。フタを開けないまま生き続けれますように
・ただ愛し合うだけ、シンプルでいたい。
最初のミツの強さだけでいられるくらいになりたい。
・社会に巻き込まれないようにしよう。 開き直ろう "Save The Last Dance For Me"(ラスト・ダンスは私に)
は車椅子の男性が妻に送った曲だったんだけれど、
それを超える爆発的な愛という点を表現していて
衝撃的だった、車椅子でダンス💃♿️
SJ

SJの感想・評価

3.9
記録
>|