ハイブリッジ

パティ・ケイク$のハイブリッジのレビュー・感想・評価

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)
3.5
HIPHOPの真髄。オールドスクールな映画

ラップでスターになることを夢見ているパティは、家のためにバイト暮らしをする退屈な日々。友人とラップで遊んだり、ラッパーの番組を見て、好きなラップで有名になることが夢だった。そんなパティは、不思議な趣味と雰囲気を持っている男の人に出会い、祖母を含めグループを結成しデモテープを作ることに。そしてある日、新人オーディションへの招待を受けるが、、

終始ドキュメンタリーのようなリアル感で、劇的なドラマティックな展開や、ロマンスがあるわけではないが、ラストシーンではとても感動しました。

これぞ、HIPHOP、ストリートのシーンであるとわかりました。ストーリー自体はシンプルではあるものの、HIPHOPとはこういうもの、ラップとはこういうものだと言い切れる作品だったと思います。それくらいリアルでした。

「8mile」の女性バージョンといってもいいくらい良かったです。

ラップが好きな人はもちろん、それ以外の方でも楽しめると思います。