Marrikuri

赤い雪 Red SnowのMarrikuriのレビュー・感想・評価

赤い雪 Red Snow(2019年製作の映画)
4.0
何となく撮ったものをただ繋いでく、みたいな進み方をまったくしない。ファーストカットからもうずっと、技を見せつづけてくれる。技なしの場面なんて一つもなかったみたい。
嬉しいことに、台詞少なめ。映像で、姿で、語る。サスペンス物として引っ張ってくれるシナリオなんだが、範疇としては「表現主義映画」なんでは?
現在と過去がかなり頻繁にスイッチする。その縫い目が、惚れ惚れするぐらいに綺麗だった。

各、熱演にも好感。
永瀬正敏さん絶好調だね。こしらえきった“漆職人歴少なくとも3年”っぽさを土台に、寡黙なトラウママンをやりきる余裕を滲ませてた。そんな彼を邪魔しない、ほかの演者たちの中で、特に井浦新さんの適度な跳ね感が大成功してた。(跳ねつつ最後まで安定もしてた井浦さん。)
子役たちのコントロール。特に女児の貢献度は、凄まじい。
そんなこんなで、トラウマ映画としての強度良し。
そして、トラウマウーマン役・菜葉菜さん。問題作『ヘヴンズ・ストーリー』のあの子かぁ。面構えから期待された通りの、存在感! ソウイウのが嫌いじゃない男性にこの映画を紹介するならば「化粧映えしそうな、どこにでもいそうな地味なツンツン姉ちゃんが、すっぴんノーブラで押し通しつつ、男たちに蹴りを入れまくる」映画ってことになる(苦笑 あ、女性監督作なんだ?)。しばらく台詞なしで菜葉菜さんは、同じ寡黙組・永瀬さんとのタッグで作品をきちんと支配! ────だけどね、声出しが今一つかな。彼女は本気で怒ってるように聞こえないんだ。黙ってる時は最高なんだけど、たまに喋らされた時の彼女は、残念ながら(かすかながら)本作のウィークポイントになってた。(でも、頑張った。)
それと、佐藤浩市さんのお芝居感も、単体としては悪くないんだけど中心選手の永瀬さんのワールドを損なう濃さだったかも。顔立ち濃すぎる上に悪役なんだから、もう少し自然さの中に埋まるべきでしょ。

さて、飽きさせないストーリーの末に、まさかのポリ袋を小道具にしたクライマックスが、面白かった! そこでシュールに終わっちゃってもいいぐらい。少ぉし笑えたよ、表現主義ここに極まれり(?)。

以降の最終展開は、ちょっとありきたりな種明かし感へと堕したかな。せっかくポリ袋でスーパー独自色(?)を出したんだから、そのまま自由な映画として駆け抜ければさらに良くなったと思う。兄弟葛藤ネタは新味がないから。
あと、せっかく寡黙気味映画だったわりには、時々すごく主題説明的な台詞が雑(ま)ざってた。
あと、あの手の終わり方については『ゴンドラ』が既にアジア最強なんで。。。。