にっきい

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネットのにっきいのレビュー・感想・評価

3.4
バグ(敵)を1匹殺したところで「キリがないわ!」って、諦めるのはや!(笑)

ポール・ヴァーホーヴェン監督のセンス炸裂だった1作目を何度かTVで見ただけで、その後の続編は全然見てないので、今作もスルーのつもりでいたんだけど、フル3DCGって事で興味がわきました(笑)

訓練兵が火星を守る話し。
これは思わぬ拾い物的な作品でした!(笑)
2以降を見てないから比べられないけど、少なくとも僕は1作目より好き(笑)
もちろんオリジナルのふざけたニュース映像が入るところなんかは踏襲されてるんですが、展開が大好きなんですよ(笑)
よくある落ちこぼれが世界を救うってやつなんですが、わかっていても後半がかなりアツい展開でした(笑)
中盤の政治的駆け引きの部分とか、各個人の細かな設定とか説明不足な部分も色々あったし、やはり中盤の超能力をつかった展開とか、正直テンポ悪い部分もありました。
嵐の中で救出に来た上陸艇が、ホバリングしてるのもやっとだと言ってるのに、兵士達がパワードスーツのジェット噴射で思い通りにジャンプしてたり、ツッコミどころも満載です!(笑)

いつものようにイレギュラーな事があったわけじゃなく、今日は単純に朝起きられなくて時間ギリギリになってしまったので、電車乗るのにも、降りてから劇場までも走った、走った(笑)
膝がガクガクしてます(笑)