清楓

バンブルビーの清楓のレビュー・感想・評価

バンブルビー(2018年製作の映画)
3.9
吹き替えで。

公開当時、腐れトマト(口が悪くてすいません)で高評価だったのでどんなもんかと楽しみにしていた。

やっと今日観られた訳なのだが、よく纏まっていますなー。

人間の女の子とロボットの話ってプロットだけでも個人的にはウェーイなのに、本編もウェーイな感じでした。

小柄なその身をうまく使って戦う姿はどう転がっても戦士のシステムがライト一つにまで宿っているのだなと感服。

冒頭、主人公のチャーリーがずっとブスッとしてるもんだから、あんまりかなと思ったのだけど、ビーに出会ってからは大袈裟に変わるのではなく徐々に"本来のチャーリー感"が出て来ていて、観る側としては等身大の女の子の成長と苦悩を目の当たりに出来て面白かった。

あの少年の役は必要だったのか微妙。
ビーとチャーリーだけで何の問題も無かったと思うけど。
チャーリーの心の拠り所としてのポジションはバッチリ掴んでおったので良しとしましょう👌

トランスフォーマーを知らなくてもティーン向け映画として成り立っているし、これを機に、トランスフォーマーシリーズを観るのも尚良し。今回はビーのラジオDJの誕生秘話な訳で、それを踏まえてシリーズを観るとまた感慨深いものがあるのでは。

失う前の声が木村良平っていうのはご褒美。小柄で優しい戦士にピッタリかと。この繋がりで分かる人は分かるのだけど、この超ヒューマンドラマ?に仕上がった映画を観た後にキュートランスフォーマーという超絶緩いアニメを観るとまた面白い。

一言でいうとこの映画はシータとラピュタのロボットのスピンオフ映画です。