my

バンブルビーのmyのレビュー・感想・評価

バンブルビー(2018年製作の映画)
3.2
前半10分のバリバリ宇宙の戦闘と説明は苦手な暑苦しいトランスフォーマーの世界であり面倒だったが、声と記憶を奪われる逃亡者の位置づけに期待しつつ、ようやくヘイリー・スタインフェルドが登場し、朝からロックを聴きながらドラムを叩く歯磨きが魅力的であり、そう、低い声は相変わらず西部劇の女性として、境遇はがどうであれ毅然なる楽観と目力は生きる強さを見せつける。弟シャラメ似の柔道着コスからしてテンションがあがる。
だが、後半はトランスフォーマーの凡庸さが何一つサスペンスを醸成せず、さもありなんな具合に。
作業着のつなぎやら、メタルのタンクトップ、遊園地で働くときのマーチングコスやら、音楽も含めて80年代の輝きが魅力的であり、ヘイリー・スタインフェルドのコスチューム・プレイだけがそこそこよかった。