バンブルビーの作品情報・感想・評価・動画配信 - 618ページ目

バンブルビー2018年製作の映画)

Bumblebee

上映日:2019年03月22日

製作国:

上映時間:114分

3.8

あらすじ

「バンブルビー」に投稿された感想・評価

omi

omiの感想・評価

4.0
北京の映画館で鑑賞〜
ヴェノム可愛い可愛いて話題になってたけど、バンブルビーも負けないぐらい超可愛かった

普通に面白かったけど、超ベタでストーリーの展開がわかっちゃう感じ
頭使わないでヘラヘラしながら観れる映画だ。
トランスフォーマー1みたいなテイストで個人的にはとても好き(〜'ω' )〜

80年代が舞台だから50代60代の洋楽、映画、車好きのおじさんを胸熱にさせる映画だった。
「ブレックファストクラブ」を観とくと良いかも!
火薬たっぷりのマイケル・ベイ作品とは違って、本作は少女とロボットの心の交流をメインにしたファミリー向け映画になっとりますー。

見どころはバンブルビーが仔犬のように可愛らしい点。従来のシリーズと比べるとかなりの路線変更でしょうか。

ちゃんとロボット同士の激しいアクションもあり、全体的にバランスが取れていて、誰が観ても楽しめる映画に無難に仕上がってますね。ギャグも多めだったので、カンボジア人客もよく笑っていて満足度が高そうな雰囲気でしたー。

しっかし、新鮮味は全然ありませんよ。
少年少女とロボットの心の交流と言えば「ベイマックス」だし、幼い戦闘ロボットってのは「チャッピー」だし、さらに言えば、「ターミネーター2」や「ドラえもん」の系譜なのは明らか。

舞台が80年代という設定も含めて、様々な過去作のパターンの流用で成り立っているのは否めないところ。
ま、そういうネタ切れ事情を気にしなければ、それなりに楽しめます。

ヘイリー・スタインフェルドちゃんの熱演も、作品のエモーショナルな部分に多大な貢献をしているのは見逃せないポイントですな。

で、気になったのが日本版のキャッチコピー。

「何があってもあなたを守る。」

日本版のキャッチコピーってこういう「守りたい」系統のもの、多くね?と。

「守る」をキーワードに入れれば、女性客にウケるという安易な考えが見え隠れしているような…。
Masayanyan

Masayanyanの感想・評価

4.8
トランスフォーマーで感動したの初めて、過去最高の出来!舞台が1987年ゆえ、レトロな青春映画を思わせる雰囲気で80年代音楽も満載。父親を亡くし家庭で疎外感を抱く主人公の女の子と、地球に放置されたバンブルビーの出会いと別れの物語。明らかにE.T.を下敷きにしてるわ。IMAX鑑賞ってのも良かった。
「バンブルビーに隠された物語」

日本では3月公開予定のバンブルビー。ずっとまえから観たかった映画。アメリカですこしはやく鑑賞してまいりました。今年最初の映画館での鑑賞です。

結論、爆笑あり涙あり、最高でしたよ。まだレビューが少ないのでなんとも言えないんですけど、個人的にはトランスフォーマー作品の中でベスト。もちろんトランスフォーマーシリーズを観てるからこそ、興奮と感動が増してるということもあるがそれも考慮して素晴らしかった。

舞台は最初のトランスフォーマーの20年前。ディセプティコンとの戦争の真っ只中、バンブルビーはオプティマスの命令によって彼らの唯一の希望である地球へ行く。そこで少女チャーリーに拾われることとなるのだが、、、

バンブルビーがなぜ声を失ったのか、バンブルビーの謎というのがこの作品で明かされる。そういうとこが分かっていくのは非常に驚いたし、なるほどなあと思いつつ観てた。バンブルビーの人間的な部分とか、チャーリーとのコミュニケーション。面白いし、切ない。

英語音声のみで観たがギャグシーンも非常にわかりやすくて子供達も爆笑してた。1人で笑ってしまったシーンとかもあったほど、それくらい笑える。けど最後はうるうるしたシーンも多かった。

バンブルビーってやっぱり人気キャラだしこの作品でもっと愛されるキャラになること間違いない。

最も注目はヘイリー・スタインフェイルドの演技。チャーリーとバンブルビーの駆け引きというのが絶妙。すごい。心温まったし、この映画をより魅力的なものにしてる。ほかのキャラの個性もずば抜けて面白いし、なんだろうあの間というのかな。すごいマッチしてた。

トランスフォーマーが好きな人はもちろん、トランスフォーマーを観ていなくても楽しめる。でもトランスフォーマーを観ていた方が絶対に興奮は倍増するし、よりストーリーに入り込めると思う。今年最初の映画館での作品としては文句なし。ぜひ劇場でバンブルビーを全身で感じきてください。

1/2, 2018 NV US
ISAO

ISAOの感想・評価

3.9
トランスフォーマーシリーズで唯一面白い!
ストーリーもアクションも分かりやすく単純明快。見た目が派手なんだからこんぐらいシンプルが一番良いんだよ。
マイケルベイ作のように登場人物にムカつくこともなく、感情移入しやすいキャラと愛くるしいバンブルビーのバディの関係に癒されました。
意外と面白い映画でした。
軍隊くそやなぁって思う映画。
日本語字幕なしでも全然楽しめる作品だと思います。
Nei

Neiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

台湾にて。


可愛い!という言葉に尽きます。

「ねぇねぇ上手にできたでしょ!?」
って興奮する子供レベルのビーちゃん。
ビーちゃんを愛でるための映画です。
後は、ヒロインとその家族の話でもあります。
大人はわかってくれなくても、心底心配してるんですが、それって伝わりませんよね。。
MEG

MEGの感想・評価

3.8
最高な80年代音楽とファッションにのせて描かれる少女の一夏の成長・青春映画なのでトランスフォーマー興味無いよう…ってひとにもゴリゴリおすすめです。とにかくヘイリーちゃんのファッションが私のツボすぎて最高なのとバンブルビーがかわいすぎて最高です。語彙力はありません。
Shotori

Shotoriの感想・評価

-
カンボジアで見た。字幕がクメール語で60%しか理解出来ませんでした。帰ったらもう一回見ます。
初トランスフォーマー。
いやぁ、面白かった。楽しかったです。
メカメカしいけどなめらかでもあって、変形のシーンとか全部すっごい。
他のトランスフォーマーも全部観ます。絶対観ます。
ストーリーも主人公に親しみや好感が持ててよかったです。
バンブルビーかわいいなぁ。take on me でちっちゃく踊るシーンなんてとってもかわいかった。
話せないときは挙動だけでもとても愛らしいし、話せるようになってからの話す手段も素敵でした。
かわいいバンブルビーなんだけど、チャーリーを腕に抱えるように守るのがかっこよくってかっこよくってもうたまらない。
日本版より情報が多すぎなくて素敵なのが多いってよく言われる本国アメリカ版ポスターだけど、公開時に映画館に飾られてたバンブルビーのポスターはいまいちだったな。ポスターや円盤のジャケットデザインはもうちょっと頑張って欲しいです。
日英両字幕ともなし。
(2018/12/28 映画館で。AMC Theatres)