JBOY

希望のかなたのJBOYのレビュー・感想・評価

希望のかなた(2017年製作の映画)
4.6
難民映画祭2017にて。
カウリスマキ節のユーモアが散りばめられながらも、シリアからの難民というシリアスな題材を非常に絶妙なバランスで描いていました。スシが出てくるシーンでは会場爆笑で、そこからまた問題にぶつかると考えさせられる。ラストは前作と違い苦い後味で日本もまた他人事ではないな、と 射殺 なんて言葉が飛び交う現状で 希望の"かなた"という題名が強く刺さります。