SatoshiIto

希望のかなたのSatoshiItoのレビュー・感想・評価

希望のかなた(2017年製作の映画)
4.0
アキ・カウリスマキ監督『希望のかなた』。

難民問題を扱っているけど、オフ・ビートでいつものカウリスマキ作品。

邦題がいいと思う。
切々たる現実を描きながら、それでも希望のかなたにあるものは、希望である。

決して劇的でも感動的でもないのだけど、この監督はどこまでも人間を愛しているなあと。

2018年の新作映画は第1本目。
今年も、明日を生きる小さな勇気をスクリーンからいただきます。