Jin

希望のかなたのJinのレビュー・感想・評価

希望のかなた(2017年製作の映画)
4.0
”生き延びるには明るくしたほうがいい。でも笑いすぎるな。頭がおかしいと思われる。”



妹とはぐれたシリアからの難民男性がフィンランドで生き延びていく話。
自分がいかに「難民」についても「フィンランド」についても知らないことが多いかを思い知った。

「難民」として括られる人々にもそれぞれ壮絶な物語がある。その一部。
家も家族も全て破壊されたにも関わらず、難民申請が却下されるシリア人。
今でこそ違うだろうが、法的に戦闘地帯と認められないアレッポという街。

「寛容」と言われたフィンランドにすら、「難民への嫌悪感」が広がっているのだ。ネオナチのようなあからさまな攻撃ではなく、「見えない者」として厄介者扱いされるというリアル。
親切な人々が”違法行為”として仕事、家、食事、そして身分まで援助するという矛盾。



それでもこの映画には「ドキュメンタリーではない」救いがあった。人々が助けてくれる優しさを持っている。
妹との再会シーン以外、登場人物に一切の笑顔がないのは「親切心は当たり前」だという皮肉か、笑うことが不自然になってきた世界への批判か。
ところどころに挟まれるユーモアも、笑顔なく発せられるから、それが余計に面白かった。

そして、苦しい中でも必ず助け合っていく人間の本質を感じた。「難民をこうしよう!」ということではなく、難民もまた人間であるという事実を改めて提示する感じ。


最初の10分はセリフがなく、そこからのセリフも単語ベースの必要最低限。雄弁に語るのは随所に登場する音楽の歌詞のみ。
だからすごく集中してみることができた。

作中でてくる日本料理も、「日本のことあんまり知りません」感がすごくリアルで笑えた。きっとフィンランドからみた「日本のイメージするフィンランド」もこんな感じなんだろうな。お互い知らない関係。


最後が無理やりなハッピーエンドや、悲惨なバッドエンドじゃないところも、すごく落ち着きがよかった。
北欧映画だけど、スウェーデン映画みたいにカラフルじゃなかったのはちょっと意外だった。


「難民」だけの話じゃないのも、シリア人を宗教的に描かないのも好きだった。社会へのメッセージ性を強く感じつつも、「面白い」と思える映画でした。

英題は「THE OTHER SIDE OF HOPE」
原題の直訳は「反対側を願って」
らしい。