TakahashiSystem

希望のかなたのTakahashiSystemのレビュー・感想・評価

希望のかなた(2017年製作の映画)
4.0
流れるようで、平坦だったが、ところどころ少々ユーモアがあったり、兄弟愛だったり、社会情勢だったり、宗教だったり、少しいろいろ考えさせられるようなものを散りばめられていた。
カウリスマキ監督作品は、どこか放浪したがる人がいがちだが、なんとか定住して目的に達してハッピーエンドな気がして清々しい。