Qちゃん

希望のかなたのQちゃんのレビュー・感想・評価

希望のかなた(2017年製作の映画)
4.5
初公開時の映画館(渋谷ユーロスペース)にて鑑賞。

アキ・カウリスマキ監督作品だから観た。
フィンランド映画。今どき珍しい35ミリフィルム上映。

難民問題をテーマに描いてはいるものの、暖かい眼差しで人間を捉えた映画になっているあたりは、さすが!

青年カリードはシリア内戦が激しくなって、自分の家を壊されて、その瓦礫の下から父母など家族を失った。ただひとり、妹を除いて…。
その妹を異国で探すカリードは、難民認定も得られずに、当局から逃げながら、妹探しを続ける。

人の良いレストラン経営者に雇ってもらって働くのだが……。


他の監督が描いたら重い映画になりそうなテーマですが、そこはカウリスマキ監督は優しい!

怪しいスシ(寿司)は楽しい(笑)

なかなか素晴らしい映画。