ジーハ

希望のかなたのジーハのレビュー・感想・評価

希望のかなた(2017年製作の映画)
3.3
アキ・カウリスマキ作品は2作目。
けっこう前に「ル・アーヴルの靴みがき」
を観たときにも似た感覚に陥ったと思うんですが、

どこか懐かしさのある雰囲気。
何か起こりそうで、
でもすごい大事件は起こらない。
無表情な人びと。(微笑あり)
ユーモラス??と、とって良いものか。
そして淡々とストーリーは進む。
でもラストには思う…
そっと社会の弱者に寄り添う
とても優しいお話だったな、て。

鑑賞中、何度か睡魔に襲われてしまう。
だからって見終わった後、
つまらない、て気持ちは全然残らず、
むしろ観て良かった、とも思う。

前に観た「ル・アーヴルの靴みがき」
今内容を言ってみて!!と、言われたら?
記憶が曖昧で全然いえない。

彼の作品のファンも多くてこの2作も、filmmarks以外での作品評価も高いけど、個人的にはその総評★にはいつも正直届かない。
なんというか、作品がもつ独特な空気感と自分の気持ちの共有ができないままでいると言いますか。

結果、

観方がまだまだわからないアキ・カウリスマキの私にとっては不思議な作品でした(笑)