chiyo

希望のかなたのchiyoのレビュー・感想・評価

希望のかなた(2017年製作の映画)
3.5
2020/5/16
相変わらず、登場人物が無表情で会話も少なく、誰も彼もが不愛想に見える。が、その見た目とは裏腹に、レストランに集まる人たちは優しい人ばかり。そして、従業員がオーナーに給料を前借りする下り、レストランを鮨屋に改装した下りが最高に面白かった。特に後者は、カウリスマキの日本好きが存分に発揮され、細かいインテリアや服装を見ているだけで笑える。ただ、カーリドの境遇はなかなか辛辣で、難民や移民の現状、政府の無慈悲な決定、ネオナチによる暴力を見せ付けられることに。荒れる祖国をやっとの思いで出てきても彼らに安らぎはないのか、と憂鬱な気持ちになるけれど、大人数の難民や移民が押し寄せる側の憂慮も分からなくはないので、どっちつかずで何とも難しいところ。それにしても、カーリドと山田孝之が本当に似てる!