てふてふ

希望のかなたのてふてふのレビュー・感想・評価

希望のかなた(2017年製作の映画)
3.5
理不尽と善意の物語。
相変わらずアキ・カウリスマキの作品は簡素で無機質ながら押しつけがましくない温かみがあって心が満たされる。それでも今作は心が痛むシーンが多くて、「ル・アーブルの靴磨き」と比べるとかなりビターなストーリーだった。

あと犬の出番が中々なくて、やっとコイスティネンが出てきた時は嬉しかった!
そしてジャパニーズレストランのシーンは笑った。日本と犬はやっぱり欠かせないのね笑