Xionglongshu

希望のかなたのXionglongshuのレビュー・感想・評価

希望のかなた(2017年製作の映画)
4.2
カウリスマキ作品は1,2年前ぐらいに見た過去のない男に次いで二作目。
淡々と進んでいくのは同じ。みんな感情が表にあまり出ずに物語は進んでいくけど、これが本来の人間だという気がする。映画やドラマは感情表現をしすぎじゃないか、ということを思わせられる。

それでもその中にめちゃくちゃシュールで笑えるシーンがたくさん散りばめられ、難民問題もきちんと描かれている。そのすべてをただ事実として目の前に置かれた感覚で、変に共感を求めて来ないから好きだ。

サーディン寿司を出して、日本の団体客がぞろぞろ帰っていくシーンが最高だった。

あと色の使い方。シンプルでシュッとした空間が増えていく世の中で、もっと生活の中にいろんな色があっていいんだという気にさせてくれる。

いい歌もたくさん詰まっていて楽しい