キングボブ

希望のかなたのキングボブのレビュー・感想・評価

希望のかなた(2017年製作の映画)
4.1
アキ・カウリスマキ監督全開という作品。

非常に重たいテーマをコミカルに描く手法は、「過去のない男」「ル・アーヴルの靴磨き」でも使われており、誰も笑わずに淡々と話が進んでゆくのだが、時々出てくる笑いにクスッとさせられる。
特にレストランの従業員3人は無表情なのに何であんなに面白いんだろう。
さらにはBGMが基本バンド演奏になっているあたりも、音楽好きには魅力的である。

全く別個の話が並行に語られ、どのようにつながるのかワクワクできた。
ストーリーも面白く、途中までは「過去のない男」並の面白さだったのだが…。

最後は少し自分としては残念な感じに。

主人公の山田孝之似も納得です。