Toko

希望のかなたのTokoのレビュー・感想・評価

希望のかなた(2017年製作の映画)
3.5
登場人物たちの無表情が作り出す独特の雰囲気が異文化を感じさせる作品。
いつか見た、グルメのドキュメンタリー番組で、亡命のため命がけの国境越えに何度も挑戦する若者たちのことを思い出した。

どうかこのままフィンランド、でなくてもどこでもいいから、妹と幸せを感じながら元気に暮らしてほしいと願うばかり。


不意打ちで登場したわさび寿司には笑った。
何度か出てくるおじさんバンドの音楽や、主人公が演奏する弦楽器の悲しげな音色は良かったな。