希望のかなたの作品情報・感想・評価

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.2
12/2 ユーロスペースで「希望のかなた」を観てきた。

この映画はシリア難民を題材にした映画だが、シリアの隣国はトルコで、東京国際映画祭でグランプリになった映画「グレイン」が、近未来のディストピア世界を描いたトルコの映画だった。自分はトルコのユルマズ・ギュネイ監督の「路」という映画がとても好きだった。その映画で仮出所を許された政治犯のグルド人がユートピアとして眺めていた鉄条網の国境の向こう側が、シリアだった。

あの映画から35年、映画「希望のかなた」では、シリア難民の人々が、トルコ側をユートピアとして眺め、トルコの難民キャンプからギリシャを経由して、フィンランドにも押し寄せる。映画の中でも難民が多く、フィンランド国内で職務質問が厳しい様子が描かれていたが、フィンランドも身分証明書で管理されるディストピア社会が始まっている。

映画では、そんなシリア難民の事を知る由もない、小さなレストランオーナーが全く別の生活をしていて、ある日突然、もう一人の主人公のシリア難民と出会う。最終的に、そのシリア難民はフィンランド国内の名もない人達の善意に救われる。北欧の隣国、スウェーデンの映画「幸せなひとりぼっち」でも、主人公の隣人がイスラム系だったが、キリスト教的な、汝の隣人を愛せよという精神が根づいているように思えて、安堵する。

映画は最初、セリフが少なく、感情の起伏を抑えた、冷たい雰囲気だったが、そんな孤独の中にも世界共通語の音楽や動物に癒されて、寡黙な人も実は、とても温かく、冷めたスープが徐々に、温められていくような心地良さが、とても良かった。

映画の中で、昔、「赤い鳥」や山本潤子さんが唄って、自分が好きな曲だった竹田の子守唄が流れてきた。京都の部落の歌で長く放送禁止になっていた曲である。全く知らない二人の主人公がフィンランドで出会ったように、世の中では、何か何処で繋がっているものだと気付かされる映画だった。
日傘

日傘の感想・評価

3.7
暗闇の中に光る、小指の先ほどの明かりを見るために、彼の映画はある。
現実に基づいたシリアスなシーンをあえてコミカルにして観る側を飽きさせない作り。ほのかな笑いが余韻として残る。
最初は眠かったが途中からは最後まであっという間だった。
Masa

Masaの感想・評価

3.5
映画サークルの月例会で鑑賞。
家を壊されたり家族を殺されたり妹と逸れたり、相当にハードな境遇だけどもそれを少しだけ和らげてくれる音楽とユーモアがあった。
INFOBAR

INFOBARの感想・評価

3.3
観ました
高評価の作品だけど、自分はあまりハマらなかった
優しい人や親切な人、確かに嬉しく感じたけど
そういう人達って
自分達の周りにも、普通にいるでしょって思ってしまった
難民問題に対する実感の薄さからなのか
本当に伝えたい状況とか、考えさせられるべき事とか…
よく分からなかった

映画132本目/18年
大学の学部同じだった友人に「うちの学部のやつだったらこれ好きだと思う」と言われて見てみました。この監督の作品はじめて見たんだけど、うん、なるほど!って感じ。雰囲気がとても独特。

難民問題については一言でどうこう言えるものではないので割愛しますが、人の優しさを感じるね。いろんなタイプの人がいるけれども。淡々とした進み方だけど、とても良かったなぁ、と。
お寿司レストランはじめるところがシュールすぎて面白かった。
一般人

一般人の感想・評価

4.0
黒の眼福。台詞の少なさ。難民申請でパスポート?を手渡し、ポーカーでも手を映す。
監督これで引退すんの?難民三部作とか言われてるけど3作目どうすんねん
冒頭、タバコを吸ってる奥さんの前に鍵と指輪を置いてスーツケースとともに出て行くシーン。無表情で会話もなく音楽もなくただそれだけのシーンなのに、これまでの2人の関係性の想像が膨らんでとても良いと思った。

映画全体を通して登場人物全員が99%くらい無表情なのに、その表情は時に悲しく、時に怒りに満ちて、時に滑稽に見えた。しまいには犬まで無表情に見えた。

ミッフィーの無表情効果。

笑いをとりにきてるのかきてないのか分からないけど、笑える展開やセリフが好きだ。

不必要なものを加えないようにしてる感じとても良かった。

ストーリーも含めて心にぐっとくる瞬間が何度もあった。
難民を受け入れる人々でも、難民として受け入れられる人々でもなく、ただ一人、一人、一人の人々として描かれていてとてもよかった。

しかし今回は今まで観たこの監督の作品と違い、身に迫るような、目を背けたくなるような、まるで現実のようなとても暴力的なシーンがあり、この監督のいつものあたたかな眼差しをもってしてもどうしようもない現実社会の悲惨さを感じて、辛い。
どんな好物でも外食ばかりじゃ身が持たない。多少、嗜好から外れようとも手料理なら毎日、飽きずに食える。それがカウリスマキの味と言えると思うのです。
アキ・カウリスマキ「希望のかなた」

約20年前、テレビ畑で働いていた知人と有楽町の喫茶店で話していて、私がカウリスマキの「浮き雲」の魅力を知ってもらいたく薦めました。
後日、彼は「あれくらいの作品なら俺だって撮れるよ。既に学生のころに何本か撮ってるよ」と申しました。
その知人にそんな才能があったのか、と秘かに嬉しくなった私は
「あの映画の余韻をお前の作品から味わえるなら絶対に観たい!たとえ自主映画でも俺が私財を投じて一般公開の協力をするぞ」と申しました。
私は本気でそう言ったのです。

知人とはそれから付き合いが疎遠になり、20年近く経ちました。
結局、作品をついに観ることないまま今に至っております。
今、地方のテレビ局で番組製作のチームらしいですが、
この傑作「希望のかなた」を観た後にふと、思い出しました。

もし周りの誰かが、この「希望のかなた」を誉めていたとしても
「あれくらい俺だって撮れるよ」なんて言ってるのかなあ・・・
>|