希望のかなたの作品情報・感想・評価

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.2
12/2 ユーロスペースで「希望のかなた」を観てきた。

この映画はシリア難民を題材にした映画だが、シリアの隣国はトルコで、東京国際映画祭でグランプリになった映画「グレイン」が、近未来のディストピア世界を描いたトルコの映画だった。自分はトルコのユルマズ・ギュネイ監督の「路」という映画がとても好きだった。その映画で仮出所を許された政治犯のグルド人がユートピアとして眺めていた鉄条網の国境の向こう側が、シリアだった。

あの映画から35年、映画「希望のかなた」では、シリア難民の人々が、トルコ側をユートピアとして眺め、トルコの難民キャンプからギリシャを経由して、フィンランドにも押し寄せる。映画の中でも難民が多く、フィンランド国内で職務質問が厳しい様子が描かれていたが、フィンランドも身分証明書で管理されるディストピア社会が始まっている。

映画では、そんなシリア難民の事を知る由もない、小さなレストランオーナーが全く別の生活をしていて、ある日突然、もう一人の主人公のシリア難民と出会う。最終的に、そのシリア難民はフィンランド国内の名もない人達の善意に救われる。北欧の隣国、スウェーデンの映画「幸せなひとりぼっち」でも、主人公の隣人がイスラム系だったが、キリスト教的な、汝の隣人を愛せよという精神が根づいているように思えて、安堵する。

映画は最初、セリフが少なく、感情の起伏を抑えた、冷たい雰囲気だったが、そんな孤独の中にも世界共通語の音楽や動物に癒されて、寡黙な人も実は、とても温かく、冷めたスープが徐々に、温められていくような心地良さが、とても良かった。

映画の中で、昔、「赤い鳥」や山本潤子さんが唄って、自分が好きな曲だった竹田の子守唄が流れてきた。京都の部落の歌で長く放送禁止になっていた曲である。全く知らない二人の主人公がフィンランドで出会ったように、世の中では、何か何処で繋がっているものだと気付かされる映画だった。
毎回レトロな構図が好きすぎます♡
みんな演技下手に見える
ワンコかわいい🐶
厳しい境遇の中にも優しい人がいっぱいいて、希望に満ちてるって話みたい
マーチ

マーチの感想・評価

3.6
観た人なら分かると思いますが、さすがにあのワサビの量はヤバいでしょ… 笑

あと“なんちゃって日本”はわざとやっているのか、本当に分かっていないのか、コメディなので判断が難しい🤔


【省略レビュー】

国境など関係ない。ただそこに1人の人間がいて困っているのなら、立場や社会的地位に囚われず助けてあげるべきだ。それこそが人としてのあるべき姿であり、どんなにチャランポランでも、仕事が出来なくても、手を差し伸べてあげることは誰だって出来る。雇用は用意するのではなく、創り出すもの。

そうアキ・カウリスマキ監督は教えてくれる。無表情の人たちは冷酷に見えるかもしれないが、実はとても優しい。つまり、見た目に左右されず、人間同士本来の姿で繋がり合うことで、本質が見えてくる。


【p.s.】
忙しくてレビューをしっかり書く機会が無いので短めに今年観た作品のレビューを投稿しています。
暇があれば正式なレビューと入れ替えますが、きっとそんな瞬間は訪れないでしょう。
だって、私ですからね。
Kyosuke

Kyosukeの感想・評価

4.3
レバノン難民の友達から、同じような境遇の話を聞いたのを思い出した。背景がドラマチックでも悲劇的でも、普通の暮らしを営んでいる空気感をそのまま作品で表現している感じ。それに加えてインペリアルスシというユーモアもぶっ込んでくるあたり、映画としての完成度に引き込まれた。
filmore

filmoreの感想・評価

4.0
安定のカウリスマキ。

寿司屋のシーンが最高すぎた。
slow

slowの感想・評価

4.0
その港の風景にはどこか見覚えがあった。『かもめ食堂』の舞台にもなったヘルシンキのそれだったからかもしれない。しかし、カウリスマキ映画のゆるさは、荻上映画のそれとは似て非なるものだと改めて思う。
カウリスマキ映画は、虫も殺さない空気感でシビアに生きるか死ぬかの瀬戸際を描く。登場人物に鞭を打ちしっかりと難壁に立ち向かわせ、局面を乗り越えられるかどうかを試すスパルタっぷり。一体どんな顔でそんなこと、と顔をみると、「大丈夫、私もちゃんと付き合うから」という顔をしてカメラの後ろで酔っ払っているのである(多分)。実はツッコミたくなるような御都合シーンも多いのだけれど、だからと言って作品が破綻してしまわない許容範囲の広さがある。これが、とにかく広い。もしかしたら、それこそが彼の作り上げてきた強みであり、観客を魅了し続けている理由のひとつなのかもしれない。
カウリスマキのカメラは映画を通して、世界中の一人一人へと向いている。
同じ北欧の血統を持つベント・ハーメル映画もいいけれど、本作は決して自己満足映画などではないし、人々は誰でもこの物語のキャストになる可能性があることを謙虚に伝えようとしている(多分)。
RinaYajima

RinaYajimaの感想・評価

2.3
村上春樹の「ラオスにいったい何があるというんですか」内で、フィンランドの話、フィンランドといえば挙げられたのがこの監督で、すべて作品は鑑賞したと書かれていたのですぐさま観たくなった。がわたしには合わなかったようだ‥。
戦争にぴんと来なくて、調べてみるきっかけになった。
Yasuka

Yasukaの感想・評価

4.0
カラーだけど白黒みたいな映像。
otom

otomの感想・評価

4.7
ようやく鑑賞。変な間も構図も変わらず安定のカウリスマキ。優しさを示す事が出来る社会であって欲しい。難民の立場的に至る所で身を隠さなければならない状況の末のラストのあの人間らしさ。実に良い、傑作。
難民問題を取り扱った作品。「内戦中のシリアから逃れた」というとそれだけで緊張感がありそうなものだが、この物語は主人公のカーリドが出会っていく「普通の人たち」の小さな手助けで生き別れた妹を探していく、静かな物語。でもコミカル。

ひょんなことから働くことになったレストランで、(誤った認識の)日本の寿司を提供し始めるというユーモアの入れ方が絶妙。静かに笑わせてくれるというか、シュールというか、そういう感じがすごくいい。DVDの裏表紙にこのシーンがあったからこの映画を借りたようなもの。

調べたらこんなものまで、、
帝国寿司セット ( 映画『希望のかなた』 アキ・カウリスマキ監督作品 限定アイテム )
http://www.hokuouzakka.com/products/detail8086
>|