希望のかなたの作品情報・感想・評価

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

過剰な優しさは必要ないのかもしれない
特に今のこの国には。
受け入れない、ということをしない、ということで人は救われる
それがテンポと笑いを交えて当たり前の様に映った
希望のかなた、邦題も合ってた

映画館ジャック&ベティはお初だったけれどラインナップ良いし近くに日本一美味しいラーメン屋、丿貫もあるし二本立ての時はぜったい寄るであろう喫茶店見つけたし足繁く通いたい
yume

yumeの感想・評価

3.7
絵画を切り取ったような構図、色彩が好み。重いテーマを重く見せてないところが良い。あと、主人公が山田孝之に見える。
この独特な雰囲気はたまらない。
たまにフフってくるこの感じ。
日本食はあかんやろ。
最後の(別れた)二人の描写、良かったよね。
Wakana

Wakanaの感想・評価

3.8
難民問題とか、貧困とか差別とか、本当はすごくしんどいことが起きてるはずなのに、作品に漂う暖かい雰囲気のせいでうまく吐き出せない。だからわさびをスプーンいっぱいに盛ったニギリを頬張る、そしたらようやく少しだけ涙が出る(わさびは苦手)。
masayo

masayoの感想・評価

4.0
この監督の、どこか無機質で無愛想な画面好きだ。
やっぱり私の中の1番はル.アーブルかな。
Yuka

Yukaの感想・評価

4.8
難民問題を描きつつ、ちゃんとアキ•カリウスマキの世界観。みんな不器用だけど人情味あふれてる😌
日本ネタ最高だった!
Dan

Danの感想・評価

3.5
確かに難民をテーマにした映画は素晴らしかったし日本ではあまり紹介されない難民申請の話も取り上げられ新鮮だったが、結局映画の中で何を伝えたかったのか理解しかねた。
それに、正直ムダな描写が多かった。その分もっと別のことを描いてほしかった。
主人公が山田孝之そっくりだったのは言うまでもない。

このレビューはネタバレを含みます

○非常にシリアスな内容ながら、時にコメディありのドラマ。

○日本人にしか分からないであろう寿司屋のギャグは最高だった。
マリコ

マリコの感想・評価

4.2
シリアからの難民の主人公カーリドを取り巻く人たちが優しい。でもみんなぶっきらぼう(笑)カウリスマキの作品はいつくか観ているけれど、本当に日本好きだよなぁと感じてしまう。音楽のセンスも絶妙。寿司のシーンは爆笑しました。
善良な人が虐げられる現実がとても悲しい。最期のシーン、いろいろ考えさせられます。
>|