希望のかなたの作品情報・感想・評価

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

Mary

Maryの感想・評価

3.2
2019 33作品目
斜線

斜線の感想・評価

4.0

これぞ映画である。。。
と、しみじみ考えてしまうくらいには面白い。

このレビューはネタバレを含みます

いやーこれはいい映画を見ましたわ。過去のない男をもう一回見なきゃと思った。
カウリスマキは多分今の映画あんまり好きじゃないんだろうな。映画だけじゃなくて今の時代すら嫌いなんじゃないか。今の時代にもかかわらず、タイプライター出てきたり、ジュークボックスがあったりで色々とおかしい(フィンランドはそうなのかもしれんけど)彼の映画は時代を逆行している。ブレッソン映画のような押し殺した演技。役者は常に無表情。そして、手元のアップ。これまたブレッソンっぽい。それに編集のリズムもなんか似ているんだよな。テキパキと早いリズム。
だけどブレッソンと違う。この映画はコメディだから。
カメラとかはほぼ全部固定で派手な動きはないし、顔だけとかを写さず、背景を含めて人を小さく映し出す。この背景の作り方とかは小津の影響を受けてるんじゃないかな。無駄がない。背景のものから色まで全て整えられている。
てな感じなんだけど笑えるんだよな。大の大人が無表情で並んで立っているだけでもう面白いし、あの独特の間が笑える。
カメラはただ写すだだし、俳優は無表情で真面目に演じているのに、その場面に笑いが生まれる。ここに彼の人生観が表現されているんだと思う。とにかく笑えと。どんなことだって結局楽しまなきゃならん。世の中には優しい人がたくさんいて、絶対希望があるんだよと伝えようとしているんだと思う。
そんな彼の哲学を表すショットがあの寿司のくだりの後のショット。青く暗い背景の中一人ポツンと座るオーナー。だけどそこには一筋の光が差し込み彼を照らし出す。このショットにこの映画の全てが集約されている気がしてならない。どんな状況にでも光は差し込むのだ。
派手な演出しなくても面白い映画は撮れるんだな😵
a

aの感想・評価

3.0
題材は重い話のはずなのに軽く淡々とした映画。
K

Kの感想・評価

3.8
ヴィクストロムの妻が、旦那が外した指輪を灰皿に放り込み、煙草をもみ消すシーンがかっこいい。

重い題材の中で、人々のシュールな表情やシーンに合った音楽で淡々と進む感じがとても好き。
池田

池田の感想・評価

4.2
みんなで、救う. その2
ノゾミ

ノゾミの感想・評価

4.0
歌がかっこいい
移民問題がこれ程までに深刻な問題だったのか、日本にいるとわからない
>|