希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 105ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

ハラショーカウリスマキ!刺されたってボッチじゃなければ報復はいらない。これでいいのだ!
恥ずかしながらアキ・カウリスマキ作品初見でした。平面的に正面から撮るシーンばかりで、これからコントが始まるのかな?とw あながち間違ってなかった。
それにしても平日なのに満席で人気高いのね、アキ・カウリスマキ。
たなか

たなかの感想・評価

4.8
ヨーロッパで現在も問題になっている移民難民問題をカウリスマキがどう捉えて現すのか、2017年上映作品唯一のフィルム作品、的なふれこみもあったので観てみました

随所にいつも通りなカウリスマキタッチが散りばめられていて安心しすぎて寝かけましたが笑、温かい手触りながらもそうだよねと頷かせたり問いかけてくる部分も多数あり、なかなか染みる作品でした

平日15時台にも関わらず大入り状態でこんなに人気あったんすか!とちょっと驚いてしまいました

前作も上映してるみたいなんでタイミング合えばみたいです
カウリスマキ監督の難民問題に関わる物語。カティ オウティネンさん素晴らしい!
評判良かったので観に行ったんだけど、ちょちょっ…ちょっと退屈してしまった…

でもレストランでのユーモアは好きで、あれをもっと見ていたかったな。
特にオーナーは立っているだけで面白かったりする。

最後のエンドロール、曲が足りなくなって無音が続いて笑ってしまったんだけど、そこはどうやら笑うとこではなかった…?
nuruko

nurukoの感想・評価

4.0
現代の重いテーマを扱い厳しい現実を見せながらも、ふんわりとしたユーモアが心地良いし温かい。ひとりひとりの小さな寛容が不寛容から人を救うし人は生きていけるのだと伝えているように感じた。とても優しい映画でした。

(どうでもいいことだけど山田孝之に見えて仕方なかったよね…)
u

uの感想・評価

4.8

難民映画三部作の二作目
ユーロスペースで35mmフィルムで鑑賞

好きな映画館でカウリスマキの映画を観れる喜び。今作は、ユーモアたっぷりで観客の笑い声が心地良かったなぁー

タバコ酒音楽があれば、人生イージー!
そして少しの善意で、自分も相手もその周りも幸せな気持ちになれる。

シンプルだけど、非常にメッセージ性の強い映画。カウリスマキの人柄なのだろうか、好きです!

平日の昼過ぎに行ったけど、ほぼ満席。
アキ・カウリスマキ監督愛されてるなぁ(私もその一人であります!)

前作「ル・アーヴルの靴磨き」を観てない人は、同時上映してるので是非、二本立てでの鑑賞をオススメしたいです。

三作目が楽しみでしょうがない!
Koh

Kohの感想・評価

5.0
「海は燃えている」と合わせてプログラム組むべき

声高に理想を叫ぶ訳でもなく、告発的に現状を突きつける訳でもなく、ただ淡々と人々のちょっとした善意の積み重ねが人を救うのだと強く語る

エンドクレジットの無音には、カウリスマキの確かな意志も感じられた
映像も音楽も最高だ。。。
淡々とどん底で、淡々と救われる、
リアルでシュールな現代人。
今年の秋、ヘルシンキに行ってよかった。
nagisa

nagisaの感想・評価

4.0
th-10
救うのではなく、助け合うこと。
優しい気持ち。生きること。
出会えて良かった作品でした。

180419 amyuあつぎ sc-2