希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 107ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

希望の向こう側にカーリドが見たものは?


『わたしは、ダニエル・ブレイク』(ケン・ローチ監督)
『午後8時の訪問者』(ダルデンヌ兄弟)
そして今作、『希望のかなた』(アキ・カウリスマキ監督)

奇しくもこの1年でヨーロッパ人監督によるヨーロッパ各国で顕在化する移民問題を扱った作品を3作鑑賞することになりました。

自分達が住むここ日本は四方を海に囲まれた島国であり、その為に国境という概念が存在しません。なのでこういった事象に対する想像力が乏しいのが現実です。そういった想像力を湧き起こすこの3作品は同じ題材のもと、アプローチは違えど同じ方向を向いている事が分かります。

今作では中東の戦火をくぐり抜け難民としてフィンランドへと辿り着いた主人公カーリドが離ればなれになった妹を探す為に起こす行動と、ある初老の男性ヴィクストロムが熟年離婚を機に一念発起しレストランオーナーに転身する様を描いています。

一見交わりそうもない境遇の二人がひょんなことから出会いそして物語が動き出すー。淡々と飄々とある意味突き放したように描かれるその様相や動向は、逆に現実的でもあり真の姿を映し出しているようにも見えます。

前述の2作はどちらかいうとシリアスで重たい空気が終始画面を覆っていましたが、今作はレストランオーナー、ヴィクストロムの紡ぐエピソードがとてもユーモラスでクスッとさせる場面が随所に散りばめられていて、それがまたシリアスな部分を一層際立たせる要因にもなっていました。

弱き者への暖かい眼差しと優しさ、そしてほんの少しの笑いとユーモア。今このご時世で一番必要としている物は何なのかを静かでありながら力強く訴えかける作品でした。
あ

あの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

35mm版観賞

ぶっきらぼうな優しさがあたたかーく観てる人を包む感じ。優しい人がいればまたその反対の人もいるよね。主人公の直向きさとその直向きさに動かされる人々にフォーカスするととても幸せな気持ちになれるかな、
ラストは少し悲しくて、でも 何度でも観たいと思える映画。まさに「The Other Side of Hope/希望のかなた」というタイトルがぴったり

作品の中の様々なシーンの色味や暗さがとっても好みだった。光の調節具合が良きです
Ayu

Ayuの感想・評価

4.4
カウリスマキの中でいちばんわかりやすかった。いや、これまでは自分の人生経験が追いついてなかったのかな。
とにかくたんたんと、思慮深く、平熱低めなのに胸にささる。
わからなすぎていつからかスルーしてた難民問題が、自分の頭で、自分事で入ってくる。生きたい、って気持ちは道ばたの犬も一緒だよ。
天才は、難しい問題を、シンプルで簡単にして提示してくれる。
これが最後なの? まだ作品観たいです、カウリスマキ。
笑った笑った。
優しさが伝播するな〜。
贅沢な映画の時間を感じさせてくれる映画だった。
はじめてのアキ・カウリスマキ、料理は全部不味そうだけどなぜかビールは飲みたくなるな。
とえ

とえの感想・評価

4.0
観終わった後に、心が温かくなって、前向きな気持ちになれるステキな映画だった。

ヨーロッパをさまよう難民をテーマにした作品。

この難民問題は、国同士で解決すべきこともあるけれど
この映画を見る限り、個人の心の問題が大きい気がした。

必死で生きようとする人を助けるのも人ならば、差別するのも、追い詰めるのも人。
国にとっては、規則に基づいた紙の上での事務処理でしかない

例えば、捨てられていた犬を個人の判断で助けるか、処分するかの違いのように
もしも難民と出会ったら、その人に対してどう行動すべきなのか
一人一人の判断が、その人の人生を大きく変えていく。

この映画では、その問題を時には笑わせながら微笑ましく描いている

私たちは、世界各地の料理を食べられるけれど、人間同士はまだまだ越えるべき問題がたくさんある
kame

kameの感想・評価

3.7
序盤の方少し寝てしまったけど、中盤の料理店のシーンのシュールでユーモアのある演出に笑った。登場人物が感情を見せずに淡々と話すあの独特な雰囲気が余計に面白かった。難民を受け入れる国の対応が冷たくてあれが現実なのかと考えると悲しくなったけど、主人公の周りの人たちの優しさに救われた。この監督の他の作品も観てみたい。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

4.0
「希望のかなた」
前作より喜劇で傑作。前作に引き続き難民問題を取り上げた本作は被験者の問題を強調しそれに希望的な陽性を与え少しシュールで巧みな演出、ユーモアや演劇的な舞台芸術と彩り豊かな色彩は彼の過去作を観た人誰もがアキ映画と確認出来る。この映画を観て救われる思いがする…最高だ。特にインペリアルスシの下からは最高。親日感が堪らなく優しく描かれていて日本人として最高の一本に思える。Love Aki Kaurismäki
脚本 5
演出 5
画作り 5
音 5
独創性 5
関心の持続 5
演技 5
陶酔感 4
言葉 5
バランス 4
ワンコ、お前ついてきてたんか!!
前作の緩さ、軽さは失われてはいないけれどだいぶ後景に退いている。ウェイターが青年の身長を測ったあとに冷蔵室の長さも測るのがいいシーンだなぁと感じた。前作である種のユートピアを描いたからこそ、今作の緊迫感にカウリスマキの意志を感じたし、それでもなおいきなり石炭の山からメインキャラクターを登場させたりスプーン一杯分のワサビをシャリにドカ盛りさせるユーモアを忘れないしたたかさもあって、素敵です。
「SUSHI」、、まさかカウリスマキの映画のお決まりのレストランで、寿司🍣が出されるなんて!、、それも、無茶苦茶マズそう(~_~;) ハハハ、、。

それになんと、山田孝之出てるやん!(嘘です、、でも似てる)

今、世界中で深刻な難民問題を、カウリスマキが、いつものユーモアといっぱいの音楽と可愛い子犬と溢れる優しさで描いてます。ああ、もう好きだ!!

仕事終わって渋谷の坂道を、溢れる人をかき分け、汗かきかきユーロスペースに駆けつけたら、満席直前ギリギリセーフで35mm版を観ることが出来て本当に良かった^_^
時代がカウリスマキを求めているのだろうか、、?

もし世界中の人々が、人生のほんの90分間をカウリスマキの映画に費やしたとしたら、世界はきっと今より少しは良くなってるんじゃないだろうか、、。そんな事を、ユーロスペースからの帰り道、歩きながら妄想した。希望ってのは「かなた」ではなく「すぐそこ」にあるんだな。