希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 107ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

*まず、Filmarksさんの試写会で今作をいち早く観せていただけたことに感謝します🍀
ありがとうございました!
今日中にレビューを書くように、、とのお達しのメールをいただき笑 もう少し寝かせたかったのですが、緩々と書き始めることにいたします。。




"幸せ"ってなんだろう?

ここ数年、自分のことや家族のことで行き詰まってからよく考えている。
もちろん若い頃も仕事や生き方が定まらない時、結婚相手を決める時、これでいいのかな?と立ち止まって考える時…というのは人生の節目節目にあったように思う。

自分の経験値からは推し量れないような大事なことを決断する時。今のように発言小町とか知恵袋なんてない時代も、昔の人の書いた知恵や経験を本の中に紐解いたり、あるいは信頼の置ける友人に相談したり、、何か参考になるものはないかと探してきたけれど、

でも、最後に決めるのは自分。

そんな時、そっと背中を押してく
れるのがアキ・カウリスマキ作品ではないかと私は思っている。

とはいえ、カウリスマキ作品はFilmarksに登録されているだけでも30作ほどあるうちの4作しか観ていない。

愛しのタチアナ
真夜中の虹
パラダイスの夕暮れ
ハムレット・ゴーズ・ビジネス

しかし一度でもこの監督の作品を観れば、独特のシュールさ、どこか漂う温もり、細部を説明しないざっくり感、他とは決定的に何かが違う…と感じることだろう。

今作も、もれなくアキ・カウリスマキワールドが全開で、真面目なのかふざけているのかギリギリの所をスッとすくい取るような技は健在!

フィンランドといえば北欧のオシャレな国というイメージしかなかったが、歴史を遡るとロシアやスウェーデンとの複雑な関係、内戦も経験していて、なかなか独立までの道のりが遠かった国である。

その中にあって独特のユーモアが育っていったんだろうと思う。

そして、忘れてはならないのが全編を彩る音楽。。
ジプシー・キングスのようないぶし銀のおじ様方のバンド演奏、ムッシュかまやつとムツゴロウ風のギターデュオ。
シリア難民の置かれた厳しい境地を歌い上げるような、その憂いを含んだ音色と歌詞が心に刺さる。。

一度だけ観てスッと入ってくる作品ではないかもしれない。
何度も観て静かに味わう、、そんな作品なのかも。
そして、いつもよりテーマが世界規模になったような気がする。

帰宅してからたまたま点けたTVでラッセルの"幸福論"をやっていた。そして、半日寝かせておいたら色んなことが頭の中に押し寄せて、すっかりとりとめのないレビューになってしまった。

映画は色んなことを気づかせてくれる。忘れていたこと、知らなかったこと。

鑑賞後、図らずもトークショーなるものも初体験。
イラストレーターの石川三千花さんとFilmarks?ユーロスペース?のたけださん(すみません、よくわからなくて…)との楽しいお話も貴重な経験となった。
後で調べたら、石川さんは自分と下の子が同い年の双子の男の子のお母さん、とあった。45歳で出産⁈ え?お幾つ…⁈
改めてクリエイティブなお仕事をされている方はエネルギッシュでお若いなぁ、、と感心した。
実は絵も雑誌などで何度も目にしている方だった。

とにかく、夜の渋谷の街を一人で歩くなんて年に何回あるかないか。ドキドキをたくさん体験したひとときだった。。

私にとって初のカウリスマキ作品でした。

難民問題というと深刻になりがちだけれど、
この映画は難民を扱いながらも構えないで見ることができます。

登場人物たちの優しさにほっこりしたり、
ユーモラスな場面にくすっと笑いながら、
結果的にいろいろ考えさせられます。

犬が可愛いのが印象的でした。監督の愛犬だそうです。

音楽が素敵でした。
演奏している年老いたミュージシャンたちがカッコイイです。

最後、主人公がどうなったかなど、
ぼんやり観てて分からなかったところがたくさんあるので、
もう一度観たいなと思いました。

(ついでに。喫煙シーンがこれほど肯定的に出てくる作品も
近年珍しいなと思いました。)
「ル・アーヴルの靴みがき」に続き、難民3部作の2作目。

こういう忖度いいねー。
シリア難民の青年がフィンランド首都ヘルシンキに流れつき、差別や暴力と戦いながら生きてゆくヒューマンドラマ。

セリフは少なく独特のカット割り描写。
おもわず”おやっ??”とユーモアのある小ネタも満載、クスっと笑えたり。

仏頂面とまではいいませんが皆さん無表情、でも極悪非道、冷酷無比ではありません。
心優しい、温かい登場人物たち。
カウリスマキ・ワールドですね。

そして音楽が◎
和訳も添えられていて、いい詞だった。

この作品で私も心が洗われ、清められたことでしょう…。

次回作も楽しみです

"試写会にて"
カウリスマキの中の人々は無表情で言葉も少ない。コミュニケーションは最低限の言葉、あとは暗黙の了解で成り立っている。それは、彼らはすごく優しくて、相手が何を求めてるのか、そういう想像が出来ているからだ。カウリスマキを見ると、目の前の相手には過去がある事を思い出させてくれて、それを解決してあげられなくてもいいと思わせてくれる。目の前でお腹を空かせたたった1人に、なぜ食べ物が買えないか聞くのではなくて、何も聞かずスープをご馳走する、少しばかりのお金を渡す、そういう個人的な優しさが、見ているこちらを救ってくれるのは間違いないし、私もそんな優しさを持とうと思わせてくれる。
たけ

たけの感想・評価

4.0
テーマは重いのだけれど、優しい気持ちになれる作品。押し付けがなく、ちょびっと笑っちゃうのが良い。日本人ならお寿司屋さんのシーンは必見!
ミーー

ミーーの感想・評価

5.0
難民問題という非常に難しいテーマを扱いながらも、優しさとユーモアにあふれる作品だった。弱者に対して寛容であることの大切さや、排他主義のおそろしさが、説教くさくならずに淡々と語られる。さらに、俳優のちょっとした表情(あるいは無表情)や短いせりふが効果的に作用し、くどくどと説明されなくても登場人物の想いや生き様までもが伝わってくるのはさすがだと思った。もともとカウリスマキは大好きだけれど、今作はその中でもとても心に響いた。
shicatrene

shicatreneの感想・評価

5.0
今のこんな世の中だから見て欲しい作品でした。
今までと少し違う感じもしましたが、どんな過酷な状況においても
小さな希望の光が最後に見える監督のエッセンスがキラリ。
リフテ

リフテの感想・評価

4.0
試写会@ユーロスペース
強面だったり、ちょっと変わっていたりするけど
困っている人がいたら、そっと手をさしのべる優しい人がいっぱい出てくる映画だった。
安二郎

安二郎の感想・評価

3.0
善意に満ちた映画。
感情の起伏や性格の特徴のない人物たちは、理由も目的もなく善を為す。
無目的な善の行為に希望を託したかのような作品だった。

夾雑物を排除したプロダクションデザインや
少しアングルをずらしたようなフレーミング、
カットのタイミングなどは、ジャームッシュやコックスを連想させた。

レストランの従業員のコメディレリーフはギリギリ踏みこたえたけど、
演奏シーンはやや過剰に思えた。全体として甘く流れていってしまった。

キャスティングはすばらしかった。
役者の表情と全体のリアリティが良い。

冒頭の一切セリフなしの緊迫感
→シーンの繋ぎ+音楽のみで登場人物たちを一気に横一列でスタートさせる導入の演出はこれからの期待感も高まるし、コスパもいいし、よく伝わるし、で面白いなぁと思った。

おじいちゃんたちがバー?でバンド演奏しているシーンはシュールで笑えたし、作り手が音楽と人が好きなんだなぁ、とよく感じられた。

残念なのは個人的にとてもよいタイトルをつけていると思うけど、そこまで"the other side"感がなかったこと。
全体をリアルにライトに描くことと両立が難しい部分ではあると思うけど、じわじわでもいいのでなんかしらのインパクトにはこだわって欲しかった。

そして何よりゴッドファーザーばりのボスの深みに終始惚れる。
山田孝之に激似のお兄さんも普通にオシャレだし、施設のむっちゃいい兄ちゃんもイケてるし、その辺も良さかも。
色彩が素晴らしいのは言わずもがな。

総じて監督の個性と役者の表情と作品全体を通してのリアリティが素晴らしくミニシアターでやるにはもってこいの一作でした。
カウリスマキの他の作品も観てみたくなりました。