希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 113ページ目

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

imanimo

imanimoの感想・評価

4.1
陰に色々な問題を抱えつつも、この映画は市井の人々の支え合う喜びを高らかに描いている。
ゴミ捨て場に転がっていた青年を助け、その妹を助け、犬まで助け、その信頼の繋がりが観ていて何とも嬉しいし頼もしい。
ときおり流れる音楽が、非常に人間的であり、この映画を根底から支えている。

観終わった時、きっと優しい気持ちになる映画だと思います。
mrs

mrsの感想・評価

5.0
インテリア、光、色、人、間、音楽全てが完璧。細部までこだわる彼の演出を全部見つけたくて終始舐め回すようにスクリーン観てたら、目が疲れた!いや面白かった。
あんなに完璧な空間を作り上げた上、ポリティカルな問題をテーマにユーモア交えて描ける巨匠。

カウリスマキの撮影現場、絶対楽しいだろうに、あんな風にずっと真顔するの大変そう。
shun

shunの感想・評価

3.3
照明をあてまくった無表情の人物やバンドの演奏シーンは『結婚は10分で決める』みたいでいいが、テーマがシリアスなだけにレストランでのコメディ演出は、やりすぎに思えた。
難民申請かなんかの部屋シーンが全然おもしろくなくて主人公を応援しようとあまり思わなかった。ルアーブルでもそうだった、もう少し危機感がほしい。
久しぶりに映画館で面白い映画を観られた。
みんなぶっ殺されるタイプのカウリスマキじゃなくて、とんがり族みたいな楽しい方のカウリスマキ。
soratobi

soratobiの感想・評価

3.7
いい出汁のように、
あとからじわじわくる味わい。
親近感の湧く人物と物語。
難民問題のリアリティ。

原題: the other side of hope.
87

87の感想・評価

3.5
間、キッチュな構図と造形、そこに難民問題という現実的なテーマが入って、カウリスマキの視線で難民問題を考えることができて良かった。消して難しくなく、ユーモアを交えすっと染み込むこの感じ。
実を言うと、カウリスマキの作品は何度も見てるけど寝てしまうことが多く、今回も前半ちょいちょい寝てしまったけど、起きたとこらへんから物語が動き始めたのでちょうど良かった。ちょっと前半長かったし…笑

いつものように音楽センスが最高。
睡蓮

睡蓮の感想・評価

4.8
楽しみにしていたカウリスマキの新作。
移民三部作。
すごくわかりやすくて、社会的な主張もしっかりあって、でも作家性が強く出ていて、カウリスマキらしさ全開。
何かいいのですよね。
何でタイプライター使ってるんだろう、しかも打つのめっちゃ遅かったり。
静かで、優しくて、あたたかくて、くすっと笑える。
くすっレベルじゃないな、寿司のくだりは。もう声出して笑った。
最高すぎ!
基本おとなしいけど人がいい、というのはフィンランド人の国民性っぽいな、と行ったことがないけど本で読んだ情報で思った。
これに出てくる人々がそんな感じ。
作品自体に全く嫌味がないのって作れそうで作れない気がする。
それが多分1番の良さ。

ポスター、海外版含めて4種類見たけどどれも素敵。
大きなパワーをもった作品ではないが、ひたむきな主人公、その周囲の善意とユーモアが物語を思いもよらぬ方向へと動かして行き、のめり込んで見入ってしまった。

ゆったりとしているようで淡々と進んでいく不思議な時間の流れ。

不意に訪れる理不尽な暴力がより恐怖を増す。そして最後の最後のシーンで救われた。

物語の案内役とも言えるバンド演奏がそのままBGMとして使われるシーンの多様も見事。
個人的にララランド、ベイビードライバーに並ぶ音楽映画。
tower1209

tower1209の感想・評価

2.8
高評価だったので観てみたが、なんとも表現しがたい世界観。演技も不自然で、話も序盤長すぎでは?って感じで…。
でもそういうもんなんだろうな。それがこの監督の世界。自分には難しかった。。玄人好みの映画なのだろう。
secoking

secokingの感想・評価

3.4
難しい笑 上級者向けの映画なんだと思う。難民というものと全く向き合えない国にいるからかなぁ、、、