希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 113ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

hiro

hiroの感想・評価

5.0
色彩、雰囲気、変わらずカウリスマキだった
テーマは深刻だけれども説教じみていない、個に訴えかける、そしてその分ユーモアたっぷりに笑わせてくれる
ハッピーエンドでもバッドエンドでもなく、なのにこんなに幸せな気持ちにさせてくれる映画はカウリスマキだけなんじゃないかと思う
FURUDANUKI

FURUDANUKIの感想・評価

4.5
ラストシーン、カーリドが眺める河の かなた の風景が印象的でした
JBOY

JBOYの感想・評価

4.6
難民映画祭2017にて。
カウリスマキ節のユーモアが散りばめられながらも、シリアからの難民というシリアスな題材を非常に絶妙なバランスで描いていました。スシが出てくるシーンでは会場爆笑で、そこからまた問題にぶつかると考えさせられる。ラストは前作と違い苦い後味で日本もまた他人事ではないな、と 射殺 なんて言葉が飛び交う現状で 希望の"かなた"という題名が強く刺さります。
colllina

colllinaの感想・評価

5.0
観ることができました!シェルワン・ハジさんのお話も聞くことができました!

カウリスマキは帰りの電車で考えるのが一番しあわせかも。
やっぱり、カウリスマキだった。

人間らしさ。
ハジさんの人の話で人を判断するのでなく自分で判断するというのは
印象的だった。

いつもより饒舌かもしれないカウリスマキ。
カウリスマキのユーモアはたまらない。
カウリスマキの作品ををみているかたなら、思わずおおっとなるところも。

大好きだカウリスマキ。

もう一度観に行こう。

12月17日 2回目 ユーロスペース
やはり、フィルムは違った。ティモ・サルミネンの夜、という言葉を見かけたが、
やはりその通り、全く夜の美しさが違った。
彼らの乗った車のシーンはあまりにも美しく観たことがないほどだった。
そして、あの彼の眼に映る街。

カウリスマキは本当にするっと通り抜けてしまう。
ユーモアと音楽と共に。

何というか、懐かしく、あたたかく、そして、それを失っていく自分にきゅっとさせられる。

The other side of hope.
反対側に何があって、希望のかなたに、私たちは何を観るのだろう。
AS

ASの感想・評価

4.4
シリアスな主題をこんなにも軽やかな語り口でみせてしまうカウリスマキの安定感。愛とワサビがてんこ盛りの傑作
耕平

耕平の感想・評価

4.8
フィンエアー機上で『The Other Side of Hope』(英題、原題は読めない) を観た。カウリスマキ最新作の主人公は、フィンランドに不法入国したシリア難民。

システムとしての警察の非人間性、ヨーロッパで跋扈する排外主義と、フィンランドでも力を増すネオナチ、信心を捨ててでも前を向くムスリムの若者と、優しく無口なロックンロール。

リアリティに接近したケン・ローチと、ホープを追求したカウリスマキ。俺はカウリスマキ派だな、断然。
ぬ

ぬの感想・評価

4.5
いいな、好きだなこの映画…
今回も素晴らしい人間賛歌。

シリアの戦争の混乱から逃れ、生き別れになってしまった妹を探し続けた末にフィンランドへ辿り着いた移民の青年。
難民申請の許可が下りず、路頭に迷っていたところを排外主義のグループに襲われる。
踏んだり蹴ったりな青年だが、冴えないレストランのオーナーに拾われ、そこで働き始める、というストーリー。

移民や難民問題という題材だけに、シリアスなストーリーではあるけれど、今回も他のアキ監督作品とおなじく、クスッと笑えるシーンやシニカルなギャグもたくさん。
やっぱり登場人物みんな癖が強い。
でも実際、割とフィンランド人てこんな感じな気がする。
唐突に挿入される日本ネタにはかなり笑った。なんじゃありゃ!

そんでもってやはり、今回も犬が出てくる。
またしても良い味出しまくっている、素晴らしい犬である。
さらに、音楽もやはりいい。
ヒトの役割も、イヌの役割も、音の役割も、すべて丁寧に配置され、等しく愛が溢れている。

そして根底には、他の作品と同様に社会的弱者を包み込むような、無口で無愛想な心地よい優しさが漂っている。
移民であるというだけで敵視し、故意に傷つけようとする人もいれば、やさしく見守り、手を差し伸べ、個人のパーソナリティを見つめて寄り添ってくれる人たちもいる。
どちらかに偏った描き方ではないのがよかった。

ラストシーンがとても印象的で素晴らしかった。
なんて愛おしく美しく叙情的なラストシーンなんだろう。
アキ監督の作品には、決してぜいたくではなく、慎ましく、不器用な人々を見守るように、さりげなく光が射している。
そしてその光は、むしろ慎ましく、不器用な人々でなければ気付くことの出来ない光だと感じる。

個人的に私自身、異邦人としてフィンランドで数ヶ月暮らし、現地の学校で、故郷に住める状況ではなく逃れてきた移民の方たちとも接する機会があったので特に感慨深かった。
(少なくとも滞在中に私自身も周囲でも差別を体験したことはなく、むしろアキ・カウリスマキの描くようなフィンランド流の無口な優しさを何度も体験した。)

そのような思い入れもあり、好きなアキ監督の作品上位に間違いなく入る作品だった。
日本で公開がはじまったらまた観に行こうと思う。
an

anの感想・評価

4.3
プラハの映画館にて。チェコ語字幕だったので台詞は全くわからないけど無声映画っぽさのあるカウリスマキなので何となくだけど楽しめた。突如訪れる日本描写に笑いが。。。

ユーロスペースにて再見。
字幕が付いて台詞の詳細がわかったけど、最初に見た時と印象は変わらない。いま見られるべきだしいつもと変わらないカウリスマキ節だし。山田洋次なんて軽々しく言っちゃったけどカウリスマキはカウリスマキでそれ以外の何者でもない!