希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 127ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

「セールスマン」に次ぐフィルマークス試写会にて。
唯一無二の作家、カウリスマキの新たなる傑作。
難民という21世紀の大きな問題をふんわりとユーモラスに温かく描く。
驚きの超然としたその演出覚悟。登場人物いちいちユニーク。
ハッピーエンド万歳。
max

maxの感想・評価

4.0
カウリスマキ引退作
音楽に無言のユーモアにリアル
この作品もまたカウリスマキである。
m

mの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

主演のシャーワン・ハジは、故郷シリアで内戦が始まる一年前に、通っていた映画学校での恋人(現在の妻)との出会いをきっかけに、たまたま彼女の故郷フィンランドへ移住し、この映画に出演することになった、という話を試写のアフタートークで聞いてヴォイ泣き。犬はアキ・カウリスマキの今の飼い犬で、劇中の妹はシャーワンの実妹らしく、Jerkcurb似の兄貴なのに妹美人だなと思いながら観てたので驚いた。あと、煙草を吸うシーンが多く、タバコミュニケーションって良いもんですねと、思った。
momoko

momokoの感想・評価

3.5
試写会@ユーロスペース
シリアスだけどコミカル。ちょこちょこ登場するおじさんバンドが良かった!
試写会で。

登場人物が、どんな悲しみや怒りや喜びを前にしても無表情で、見てると段々クセになる。次第に、現実ってそんなものかも、とも思う。

いろいろはらんだラストシーンがすばらしい。

石川三千花さんのトークショー、三千花さん、出てくるなり「ジミヘン」と言っていて、笑ってしまった(私も気になっていたので)

ジミヘン、ナナカマド、わさび。
(小ネタ満載)

音楽もすばらしい。入るタイミングが絶妙。エンディングの曲が泣けた。

純喫茶が好きな人は好きな世界かも。合い通じる何かが…
登場人物が横に(L字に)座るカウリスマキ特有の構図は弱者を助けるのではなく「寄り添う」視座。対面するのは警察、移民局、あとカジノの相手。@試写
むらた

むらたの感想・評価

3.9
イラクの友達いいやつすぎて好き。身分証偽装名人も好き。
セリフがあまりないだけあって、音楽とか無表情とかすごく際立つ。独特の雰囲気くせになってしまうな。この無表情キャストファミリーに加わりたい、ホームレス役とかでいいから。
政治的で暗くなりがちなテーマなのにクスッと笑える小ネタのおかげで軽い気持ちで見れるのが◎



スシ
出てないけど山田孝之出てる
試写会に行きました。

困っている人がいたら助けてあげようとおもいました。

いい映画でした。
ひぐち

ひぐちの感想・評価

4.0
試写会にて。小ネタも盛りだくさんで、重たいテーマなのにそれをゆっくりと溶かしてくれる。
ラストはちょっと意外だったけど、希望のかなた、だから。
ぺピノ

ぺピノの感想・評価

4.6
「世界一のお兄さん」

ーーーーーーーーーーーー
Filmarksの試写会で。ありがとうございます。

ル・アヴールの靴みがきが港町三部作、改め難民三部作の1作目で、これが2作目。
とはいえ続編ではなく。


アレッポからの難民の主人公はフィンランドに流れ着く。しかし難民申請は拒絶され、、、

ーーーーーーーーーーーー
とても良かった。

the北欧映画って感じ。本当に良質。
苛烈な人生でもそこかしこで優しさとユーモアが横溢する。
あまりに長回しで、展開がスローで、98分だろ?大丈夫かよ、、と忙しない日本人の自分はやきもき。

でも次第にこの映画のペースと歩調が合ってくる。そこまで行くともう完全にあちらのペースに飲まれていて、気づいたら胸が暖かくなるわ、顔に笑みが浮かぶわ。
良い映画ならではの幸せな時間に包まれた。

ちなみにジャケのみんな神妙な顔してるシーンで僕は爆笑しました。今見てもニヤけてしまう笑

ーーーーーーーーーーーー
遠く離れたノルウェーだけど、そこかしこに日本が出てくる。観たらわかるけど、本当にそこかしこ、、、笑

それもまた感情移入しやすくて良かったな。

ーーーーーーーーーーーー
難民三部作の二つめなので、難民がメインテーマなのに間違いない。

だから、観客としては全体に流れる優しさとかユーモアに思考を全て集中させることなく、難民の排除を志向する極右の排外主義にも目を向けなければいけないし、先進諸国に比べて圧倒的に難民の受け入れが進んでない日本人なら尚更だろう。

(劇中に出てきた黒服の排外集団、実際に問題になっているらしい。

移民急増のフィンランド、黒服自警団の台頭を懸念
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/01/post-4381_1.php )

ーーーーーーーーーーーー
北欧の無機質な温かさが大好きだ。
個人として尊重しつつ、適度な距離で互いを見守ってる優しさが大好きだ。
悲しいシーンでも生きていこうと思える。

去年のベスト、幸せなひとりぼっちに勝るとも劣らずで、出会えてよかった映画でした。