希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.1

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

脱力系難民問題啓蒙映画と言ったらいいのだろうか。

カウリスマキ監督の、深刻なテーマをコミカル、ミュージカル仕立てで表現する手法には驚かされる。

幸せの国、フィンランドを舞台にしており、市井のほぼ90%の人々は難民に寛容で、親切に接している。
でも、10%ぐらいの極右の連中は凶暴だ。

わが国でも同じような状況であろう。
難民にやさしくというスローガンを唱えるのは誰でもできるが、本当は覚悟が必要だ、本気で考えてくれというメッセージが感じられる。

しかし、この監督ただものではない。
kamakurah

kamakurahの感想・評価

3.5
遅まきながらアキ・カウリスマキ監督の話題作をユーロスペースで。重く大切なテーマを緩やかに、ユーモアをまぶしながら描いた、なるほど佳品。タイトルも展開も深刻にならず、二度、三度と観たくなる1本。

#希望のかなた
あ

あの感想・評価

5.0
面白いしいい映画。古い機械が意図的に使われているように感じられた。支配人パートは昔の映画のよう。おじさんの美学みたいな感じ。
きよ

きよの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

教授のオススメ、カウリスマキさんの作品。はじめて鑑賞してきました。

地獄のような状況を抱えた人の横で、明るい調子の音楽が熱く掻き鳴らされている(でもその歌詞は生への失望やヤケクソな雰囲気ではちきれそう)。
難民指定するに足らぬ状況だと言われた故郷のアレッポは、爆撃で息も絶え絶えの様相である。

日常の流れの中に、見たくないものがそっと息づいている、それを、すごく絶妙なバランスで、1時間半にそっと込めたような雰囲気だったように思う。

妹さんの、死ぬのは簡単だから、生きたいわ、という言葉が重たい。
果たして死ぬのは簡単だろうか、と、自分の置かれている状況を見て思う。
外聞や、方法や、恐怖の克服やら、あれこれ考えてみるに、死ぬ方が難しいような気がする。生きているだけなら、漫然としてでも生きていけるのである。
一方で、妹さんのセリフは、難民の生活での真実なのだろうというのも頷ける。

この、生死のエネルギー、もとい価値観の逆転が恐ろしい。

けれども、映画は全く悲壮でない。タイトルにも違和感はない。

不思議なことです。
題材の重さとは裏腹に軽妙な脱力系の笑いで劇場内もいい雰囲気に。
2017トップ3には入りました!
あの雰囲気、最高。
佐藤

佐藤の感想・評価

-
最高。

黒から難民が現れる冒頭の強さ。
手のイメージが一貫して繋がっていくのも見事。
天才と金の使い方に笑う。
DKeita

DKeitaの感想・評価

4.5
黒が印象的。的確な照明が成せる技。何より唐突に難民が現れ、街を彷徨う演出が見事。一連の行動が主人公と連なる。

難民が一点を見つめるショットが印象的。

もしカウリスマキがこの作品で本当に引退してしまうなら、映画界は大切なピースを失うことになる。

このレビューはネタバレを含みます

前日に騒ぎ過ぎたのと、当日朝が早く、前半の方で寝てしまった。

ゆる〜いボケに劇場がワッと笑いが起きるが自分にはイマイチピンと来ない。

ワサビを入れまくるくだりにみんな笑ってたが、そんなに面白いかなぁ、と。

頭からちゃんと見てない人間が何言ってるんだって感じだが。

好評価ばかりだが、映画秘宝のベストに上げている人が思ったより少なかった事が意外。
HAL

HALの感想・評価

4.7
山田孝之を磨きあげたような主人公役、シャーワン・ハジ。私の理想の山田孝之がいると思わなかった。ありがとうカウリスマキ。

カウリスマキファンを公言するわりには、「過去のない男」と「街のあかり」しかまだ見てないのですが。
彼はいつも主人公をどん底に突き落としながら、すぐそばにある希望を描く。その優しさと、ユーモアと、温もりある映像に恋する。

幸福の国、フィンランド。国際的なその評価は、国内の人々もよく知っているし、実際に制度の恩恵を受けている国民も多いのでしょう。二年前に訪れたヘルシンキは豊かで治安が良く、まさにそのイメージ通りだった。しかしカウリスマキは今回、難民問題を通して、国に真っ向から疑問を投げかけている。まぁいつもそうだけど、今回はだいぶ直球だった。

フィンランドにも極右がいるのはちょっと意外。そりゃいて当たり前なんだろうけど、私の思いこみったら…。

カーリドが拾われて初めての食事のシーンはまるで、宗教画のような美しさ。

映画館を出て帰路に着く頃、まだ少し白んだ群青の空が広がっていた。カウリスマキが描くフィンランドの空とおんなじ。難民問題は、他人事ではないんだよなと、無力さに途方に暮れながら帰った。
荒野

荒野の感想・評価

4.2
いやあ。良い。「どう?面白いでしょう?」みたいな主張の強さは一切なくて、「あ、やっぱり気付きました?良かったら笑っていってくださいねハハ…」くらいのスタンスつーか、力の抜けてしまうような笑いの数々。心を掴まれてしまった。

優しい世界という光があれば、残念ながら世の中には闇の部分もあって、でもちゃんと光の側の人々が助け支え導いていってくれて、だから生きていくんですっていうね。いやーそうなんですよね。マズダックも言う通り、生きねばと思えるんです。
難民問題はやはり現状日本人からはリアリティをもって共感しにくい部分が当然大きい。何がどう変わっていくか分からないこの世界で、将来的にこういう作品を参考にしなければならない日が来るのかもしれません。

音楽、特に数多登場した弦楽器は準主役と言っても良い程の意味を持っているように映った。"音楽か?死か?"なんてフレーズも飛び出していたけど、酒場での弾き語りとか送還前夜のカリードとか、音楽から何かパワーをもらって、それが登場人物たちの行動や思考にダイレクトに伝播していくようなそんな画が見えて、うわぁー凄く良いなぁーと思いました。