希望のかなたの作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

あらすじ

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

0

0の感想・評価

3.4
独特〜。
真面目なの?ふざけてるの?って感じで面白かった。
母国の音楽を奏でられるって素敵だなと思った。
三味線とか初めてみようかな。笑
シリア人のカリードが内戦下のシリアから偶然辿り着いたヘルシンキで難民申請をするも拒否されるがレストランのオーナーに拾われなんとか生きながら妹との再会を願う話。

主人公をはじめお店のみんなの佇まいがシュールすぎてニヤけてた。
鮨のシーンはやばかった。ご注文はいかがですか?ってわざわざ言う意味…ワサビ山盛りの握り寿司を皿に置かれたときのお客さんの反応が見たかった笑

ヘルシンキの人々にとっては日常茶飯なのか、警察官をはじめ周囲の人々が難民に対して慌てることなく対応していてビックリした。
もえ

もえの感想・評価

4.2
花束みたいな恋をしたのカップルが劇中でこれ観ててイラッとしたけど、普通に好きな映画
Yucar

Yucarの感想・評価

3.7
普通に淡々としつつ暖かい人間味みたいなのが漂ってて良い。レストランに来たてでご飯食べてるシーンが暖かくて笑えて、カウリスマキって感じで良かった。現実の難民を取り巻く厳しさも窺えて社会派感ありつつ、いつもの作風も残ってる。これって稀有なことかも。
やっぱりカウリスマキ真面目で誠実な人。昔911後に、キアロスタミが映画祭か何かの際に米国入国出来ない問題があった時、めっちゃ怒ってすぐさまコメント出してたの思い出す。
mojojojo

mojojojoの感想・評価

4.0
お先真っ暗から光明が差し込む所までの展開がだいぶのんびり。

全体を通して音楽が素敵だし、独特な登場人物達が魅力的で、程よい距離感でとても温かく、真顔でユーモアな感じもちょっとツボ。

難民問題という重いテーマを掲げその問題提起もしっかりしているにも関わらず重くならない雰囲気が不思議。
例えばまさかの日本食レストランの件。
小手先で提供する料理内容のクオリティは笑えたし、恐らく当時はあれが日本食という間違った情報が広がってしまっていたのだなと感じた。
客は痩せ我慢して食べるのだろうか?
ワサビは罰ゲーム並で笑えた。

あとは、自分だけかもしれないが、主人公が山田孝之に見えてしまう現象があってより親近感を覚えた。
たぶん髭のせいなのかもしれない。。。
独特な間で好きか嫌いかって言われたら、好きです。けっこうクセになるかも笑
ジョウ

ジョウの感想・評価

4.3
固定カメラと独特なセリフ回しと間は病みつきになりそうです。
無駄なセリフがないのも良い。
難民問題というシビアな現実問題を軸としながらも、芸術性とユーモアも共存している良い作品だと思います。
ry

ryの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ダラっとした映画で、万人受けとかではなくミニシアターでみると良さそう。
映画好きのための映画って感じ。

薄い内容の前半が長すぎて青年とおじさんが出会った場面でもう後半になってた。突然見つかる妹で一気に話が進んで中途半端に全部丸め込んだ感凄い。
青年とおじいさんと関わることで何が変化したかわかんないし、おじいさんが親身に助ける意味も掴めなかった。色々な配分しっかりして欲しかったかな…

レストランの店員とか凄くいいキャラしてるし、寿司不味そうでわさびの量ぶっ飛んでるし笑える展開もあったけど何癖退屈でつまんない。合間に挟んでくるバンド演奏が凄く子守唄。

花束みたいな恋をしたきっかけでみた作品で
劇中のあのすれ違い期に絹ちゃんは笑えて麦くんが退屈そうになるのもよくわかった
面白かったねで片付けられちゃう映画
takahiro

takahiroの感想・評価

2.0
花束みたいな恋をしたを観て知った作品。
テンポがかなりスローな作品。
みんな助け合っていて、すごく優しい😊
歌のシーンはしつこかったかな。
ワサビ笑
かえで

かえでの感想・評価

3.4
妹探して、三千里??
難民申請の難しさ
亡命してきても他国で生きる難しさをたんたんと描かれていて
飽きなかった、
バラバラだった店員たちも難民の彼のためにがっちりまとまる
日本レストランは滑稽だった
わさびのイーメージが…
真実を曲げてはいけない😱