希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

ronji

ronjiの感想・評価

4.2
名古屋はシネマテーク。
アキ・カウリスマキ祭り。
難民二部作1本目。
35mmフィルム。

皆で救う。まさにその通り。
丁度、イザヤ・ベンダサンこと山本七平の「ユダヤ人と日本人」という本を読んでおり、自分の中でユダヤについて理解を深めようと試みているところ、個人的にタイムリーな作品だった。

苦しみを知る者は、人の苦しみを理解することができる。

自分の事は二の次に妹の無事を願う兄の気持ち。
また、その兄を救うために動く、血の繋がらない愉快なベテランな人々。

人と人の関係も捨てたもんじゃないと思わせてくれる作品。

竹田の子守唄とジミヘンのポスターがミスマッチで笑えた。
寿司屋のくだりは、チーン…って感じ。
はじめ

はじめの感想・評価

4.1
どうせいつものカウリスマキでしょ、とタカをくくっていたら全然違った。

カウリスマキにこんな映画を撮らせてしまう社会のほうが悪いのかもしれないが、カウリスマキですらこんな映画を撮ってるんだから、こっちも普通に頑張らないといけないと思う。

いまさら「希望」と言われてもピンとこないけど、カウリスマキがこんな映画を撮ってしまったことのこと、と考えると少しわかる気がした。

素晴らしく映画でした。
きっと意図した演出として。

総ての登場人物が全場面に於いて、いずれの感情も表に出さず常に仏頂面、加えて淡々とした口調で喋るもんだから妙味が凄い。

なんかもうとにかく妙味が凄い。
りす

りすの感想・評価

3.5
2018年43本目、4月1本目、劇場16本目の鑑賞

フィンランドのアキカウリスマキ監督作品


この監督の作品は上映時間が短く、内容が濃い作品が多い印象
今作においてもユーモラスでありつつ、一方で取り扱う題材は深い
音楽の使い方などが現在の映画らしくなく、どこか古風な印象を受けるのも巨匠としての雰囲気を持っている作品だからなのか

そして、日本人の私にとって笑いが堪えられなくなるようなシーンも用意されている

終わり方も見事

中々の良作
やす子

やす子の感想・評価

4.0
音楽、映像、表情。味があってすごく好き。淡々としてるのに、ユーモアとメッセージ性があって、いろいろ考えたくなる。

正しく訳すると、希望の向こう側 らしい。希望の向こう側には、何が待ってるのかなぁ。すこし泣いた。

このレビューはネタバレを含みます

表情の変化なくて、真顔だったのと、あったかいお話のギャップ
死なないんかーい!
kamijyo

kamijyoの感想・評価

3.5
重さと笑いの絶妙なバランス
無表情に淡々と
だけど最後に残るのは
ほんのりとした温かさ
性悪ゆえ
「いつ誰が裏切るんだ」
と考えながら見てたけど
個性的で憎めない
"イイヤツ"しか出てこない
寿司レストランのシーンは
間違ったイメージが詰め込まれすぎてて
さすがに吹いた
人の一生懸命さの中に、滑稽さや優しさが滲み出ていて、深刻な設定なのに重苦しい雰囲気はない。
日常の淡々とした映像が魅力的で飽きることがなかった。
ラストが私には理解できなくて残念。
げん

げんの感想・評価

-
乾きに満ちた現実を、優愛溢れる人々と色彩の濃淡が、あたたかく包んで離さない。

大好きだカウリスマキ。
映画男

映画男の感想・評価

3.5
とにかく音楽とユーモアのセンスがずば抜けてる。

筋書きもよかった。難民問題というシリアスなテーマを、冷たくも優しく包み込んだアキ・カウリスマキの新たな名作の誕生をみた。

ラストシーンの主人公の表情は、希望60パーセント、恐怖40パーセントみたいな感じで見ていてホッコリするねんけど、どこか切ない気持ちになる。こういう映画の終わらせ方、にくいね。


人種や宗教の問題は今も尽きないけど、みんな頑張って生きているんだな、この残酷で暖かい星の下で。そんなこと思ったよ。